添付画像
https://youtu.be/JARnpDc-T30 徐鈞烈ソウル大学教授(鄭美鴻TNJ-TV代表との対談。2017年8月7日)
2017/08/15 10:56 2017/08/15 10:56

添付画像
 ジョセフ・ダンフォード米合同参謀会議議長が2017年8月14日、文在寅大統領を表敬した。韓半島の緊張した現在の状況で同盟国の軍の最先任の指揮官が訪韓したのに、青瓦台はこの写真をホームページにも掲載していない。
2017/08/15 01:34 2017/08/15 01:34

                                                       柳根一

添付画像
 韓半島は今どこに向いているのか。大韓民国の明日はあるのだろうか。韓半島をめぐる大国たちの形勢はどう帰結するだろうか。われわれは今、こういう結論的な質問を自問せねばならない時になった。この地域の現代史がほぼ決着段階に入ったと思われるからだ。

 北韓は核保有国になった。遠からず小型化された核弾頭を装着した北韓の大陸間弾道弾が実戦配備される。そうなれば北韓は米国に要求するはずだ。平和協定を締結しようと。米国は答えるだろう。核を廃棄すればそうしてあげる、と。しかし、北側は核を絶対廃棄しない。そうなれば、米国の国内から“北韓の核を一定レベルで凍結し外部へ拡散さえしないなら、北韓と平和交渉をしよう”という聲が一部から起こるはずだ。

 こうなるとき、トランプ大統領と米国の指導層がどんな選択をするだろうか。トランプ大統領の発言らは今のところ激怒しているように聞こえる。だが、それが彼の唯一のカードであり信念だろうか。一部の人々はそうだと信じているようだ。トランプがB-1Bを飛ばして北韓を灰にすると確信しているようだ。しかし、筆者はその可能性については懐疑的だ。

 筆者はむしろトランプ大統領が米・北直接協商を待っているように、そのための読み筋として、中国や北韓に最大限の恫喝をしているように見える。ところが、彼は老練な駆け引き屋であって武士でもなく志士でもない。彼は利益至上主義者だ。利益至上主義者が戦争をする?

 こうしているうちに、ある日起きて見たらトランプ大統領の言葉が変わり、米・北の平和協商が劇的に始まり進むなら、最悪の場合、われわれの前にはどういう可能性が待っているだろうか。韓国のフィンランド化であろう。力を失った‘仲間はずれの韓国’の可能性だ。違うと?米国の大統領-政権-議会-メディア-シンクタンク-国民世論が韓国をあくまでも庇うと?THAADの配備すら断る韓国-韓国人たちがなぜ好きで米国がそうせねばならず、そうしてくれるだろうか。米国人が骨無しなのか。韓米関係がここまで疎くなるように策動してきた勢力は今、嬉しい表情を隠すため必死に堪えている。

 このような安保無重力状態で、南北連邦制が取り上げられ、権力は街頭に移動する。外国資本の撤退、株価の暴落、不安な民心、怪談の乱舞、大衆の興奮、険悪な広場、収拾がつかない事態が続く。こういう雰囲気こそ‘新しい世の中’を煽動する終末論者たちに9回裏の決定的なホームランを飛ばす契機を与える。

 もちろん、そうにはならない。ならないようにせねばいけない。しかし、今のように‘大衆になびく’現象が慢性化する場合、そうならないという保証もない。このときの大衆は‘付和雷同する知識人たち’までを含む広義の大衆だ。この大衆はすでに今日の暴力-腕章-マッチョ(macho)として振舞っている。全国の至る所で、あらゆる葛藤の現場で。サイケデリック(幻覚的)な群衆のパワー – 彼らやって来ている。この状況は専業オルグ(組織屋)とアジプロ(宣伝扇動)たちが数十年間、企画して演出し推進してきたシナリオの完結だ。

 ここまでに至ったのには護らねばならない人々が護らずやれなかった責任が大きい。その歴史的な過誤に対する責任から‘護らねばならなかった人々’は免れられない。口がいくつもあっても言い訳ができない。やられて当然と言われても弁明してはならない。まったくぼうっとなって“まさか何かが起きるだろうか”と油断して船が沈むことに気づかなかったということだ。だからもう黙ってやられねば。

柳根一の耽美主義クラブhttp://cafe.daum.net/aestheticismclub 2017.08.12 21:46

2017/08/14 21:35 2017/08/14 21:35

添付画像
https://youtu.be/onzK4oeosAg
2017/08/02 01:09 2017/08/02 01:09

添付画像
https://youtu.be/Yvhn--pbAPk
2017/08/01 03:56 2017/08/01 03:56

                                                   国民行動本部

 67年前、金日成の奇襲南侵で6.25戦争が勃発したとき、大韓民国の自由民主主義を護るため、米国、英国、カナダ、トルコ、そしてアフリカからエチオピアまで国連21カ国の194万1000人の勇士が全く知らない国、一度も会ったことのない人々のため参戦した。

 大韓民国の首都ソウルの龍山に所在する‘戦争記念館’の廊下の壁には、6.25参戦16カ国の戦死者たちの名前が銅板に刻まれている。そこに下のような内容が書かれている。

添付画像
 «“わが国は全く知らない国、一度も会ったことのない人々を護れという召集に応じた、われわれの息子と娘たちに敬意を表する”(Our nation honors her sons and daughters who answered the call to defend a country they never knew and a people they never met.)»

 上記銘文は、ワシントンにある韓国戦争記念碑に刻まれている文である。米国の若者たちにその命令を下したのはトルーマン大統領だった。トルーマン大統領は、6.25戦争が勃発したとき、偉大な決断を下して韓国と韓国人を救った。南侵報告を受けたとき直ちに“あの畜生たちを阻止せねばならない”と言い参戦を決断し、中共軍が38度線以南まで侵略して回りが韓半島からの撤退を建議した時も、“米国は苦境に立たされた友達を捨てる国はない”と宣言した。

 スターリンの支援で金日成が奇襲南侵し、中共軍の参戦で洛東江防衛線まで押されて韓半島が共産化直前の状況で、大韓民国が起死回生できたのは米国が迅速に参戦したためだった。6・25戦争で戦死した国軍将兵は13万7899人で、米軍は3万7000人が戦死した。この途方もない人命被害が金日成の南侵によって発生したことを決して忘れてはならない。

 金日成の奇襲南侵による6.25戦争で大韓民国を護るため亡くなった国軍と米軍、そして国連軍将兵たちに深く哀悼と敬意を表する。この方々の犠牲が今日世界10位圏の経済大国である自由大韓民国の繁栄の土台であることを決して忘れてはならない。

 国民行動本部は来る統一大韓民国のためこれからも屈せずに前進する。太極旗が平壌の空になびくその日まで韓米両国の国民と共に前進する。神の加護が自由世界を守護してきた韓米同盟にあるよう祈願する。韓米同盟万歳!

  2017年6月24日、国民行動本部

 

添付画像

www.chogabje.com 2017-06-24 00:05

2017/06/25 15:58 2017/06/25 15:58

添付画像
https://youtu.be/SeQKRtrclQY 朴槿恵大統領の退陣を要求した「ロウソクデモ」の隠された恐ろしい素顔、野蛮と反逆と破壊の「ロウソク・民衆革命」の実態。
2017/06/07 10:55 2017/06/07 10:55

大韓民国に対する‘呪詛’か。大統領府に入った大韓民国体制転覆活動前歴者たちが轉向したのかを公開せよ!

                                                   国民行動本部

 文在寅大統領は今回の大統領選挙期間中、自分の安保観に関する愛国勢力の問題提起に対して“国民たちもこれ以上思想論争に騙されない。この野郎”と暴言し、共に民主党の李海瓉共同選対委員長は4月30日、“極右保守勢力を壊滅させねばならない”と妄言を放った。

 今まで文大統領と関連して“彼は国家指導者になれば、国体が変更されるかも知れない”と気を揉んできた愛国勢力の懸念は杞憂でなかったのが立証された。

添付画像
 文大統領は青瓦台の秘書室長に国家保安法の廃止、駐韓米軍撤収、連邦制統一を主張した‘全大協(全国大学生総連合会、1987年結成)’議長出身の任鍾晳前ソウル市政務副市長を任命した。任氏は全大協議長のとき‘林琇卿訪朝事件’を指揮して国家保安法に違反した嫌疑で懲役5年刑を宣告され、3年6ヶ月間服役した人物だ。

添付画像
 文大統領はまた、民情首席秘書官に‘南韓社会主義労働者同盟’傘下の南韓社会主義科学院事件に連累した曺国教授を任命した。ロシアの革命家・レーニンの‘党組織建設原則’を模倣した‘社労盟’は労組闘争の現場で労働者を裏で扇動して賃金闘争を政治革命闘争へと激化させてゼネストに誘導し、決定的な時期に蜂起して社会主義革命の達成を目標とした組織だ。

 このように左翼革命闘争出身者が起用された大統領府は、利敵団体である韓総連の合法化を主張してきた文大統領を背景に盧武鉉政権時代のように国家運営システムと法治主義を破壊するつもりか。

 誠に憂慮せざるを得ない。国民はこのように大韓民国の心臓に入った左翼勢力の正体を‘知る権利’と‘義務’がある。政府は彼らの前歴、犯罪事実、轉向したかを公開せよ!反省や転向しない左翼勢力を公職から追放せよ!極左革命運動勢力出身が消えてこそ大韓民国が生存する!

 大韓民国万歳!国軍万歳!自由統一万歳!

 2017年5月12日

 

添付画像

www.chogabje.com 2017-05-12 10:15

2017/05/15 12:47 2017/05/15 12:47

平壤の独裁者・金正恩より大韓民国の‘産業化勢力’がもっと憎いか!?

                                                   国民行動本部

 李海瓚・共に民主党議員が4月30日、忠南公州での遊説で“極右保守勢力を完全に潰滅させねばならない”と発言した。具体的な対象は“朴正煕大統領と関連した人たち”と言って、彼が念頭に置いている‘極右保守’勢力が‘産業化’勢力であることが分かる。

添付画像
 李議員は平民党議員(1988年)だったとき、国軍の間諜掃討写真(1969年の大黒山島武装共匪射殺写真)を光州市民虐殺写真だと主張し、ソウル市の副市長のときは私的なことで部下の頬を打ち、国務総理のときは光復60周年に際して人共旗(北韓旗)を保護し太極旗を禁止する指示を出した前歴がある。

 ‘一人之下萬人之上’と言われる総理まで務めた人が‘保守壊滅’云々しながら大韓民国の主流勢力を敵に回すのが果たして得票に有利だと思うか。李議員の妄言は国民を無視する言動であるだけでなく、偏狭と傲慢の極致を見せている。

 李議員の‘極右保守勢力壊滅’の発言は、今回の大統領選挙で共に民主党が政権を取ればどういう事態が発生するか分かる尺度(barometer)と言える。それは、つまり彼らと思想と理念が異なるすべての勢力を敵に回す‘極端な政治’の始まりになるということだ。

 大韓民国守護勢力を罵倒したその口で果たして、金日成-金正日-金正恩を‘悪い奴’と言えるのか。国民が狂気の沙汰でない限り‘憎悪’と‘分裂’の化身に政権を任せると思うのか。

 政治的信念と路線の異なる相手を攻撃する場合も、その言葉には節制と品格が必要だ。感情を自制しない毒舌はしないのが良いというのが永遠不変の真理だ。

 “投票に行こう!大韓民国を護ろう!”

 大韓民国万歳!国軍万歳!自由統一万歳!

2017年5月2日

添付画像
www.chogabje.com 2017-05-02 19:30

2017/05/04 01:36 2017/05/04 01:36

ウルシ元CIA局長“金正恩が核兵器を超える秘蔵の武器を持っているかも”

                                                                金泌材

 北韓側が4月29日の明け方、弾道ミサイル1発を発射したが空中で爆発した。韓国のメディアらはこれを‘ミサイル発射失敗’と報じているが、実状はそうでないためもどかしい。

 もし、この空中爆発が意図したものなら北側がEMP弾頭の実験をしていると思わねばならない。北韓側が中国とロシア、キューバの科学者たちと共同開発した‘スーパーEMP弾頭’が有事の際、韓日の間の上空で爆発したら電子装備をたくさん使う国軍と日本の自衛隊は戦争の遂行が不可能になる。

添付画像
 ジェームズ・ウルシ元CIA局長は最近、CNNとのインタビューで、“金正恩が米国に核ミサイルを撃つことを超えて秘蔵の武器をもっと持っているかも知れない”と言及した。

 彼は具体的に“この(秘蔵の武器)は核ミサイルよりもっと悪い”と言い“彼ら(北)は衛星を軌道に上げることができるが、これは地球の反対側の目標を攻撃するより実際にもっと容易だ”と述べた。

 また、“その衛星の中に核兵器があって、それがある場所、例えば、米国上空で爆発すれば米国の電気配電網を完全に破壊する”と言い“そうならば問題はもっと大きくなる”と語った。

 ウルシ元局長は“軌道に進入した衛星の中で何かが爆発すれば極めて憂慮すべき状況だ”と付け加えた。

 ちなみに、北韓側の武器はほとんどが在来式であるためEMPの爆発が大きな脅威にならない。戦争は頭脳の戦いだ。北側が対南・対日先制攻撃をすれば、容易でない戦いになる。

www.chogabje.com 2017-04-30 03:39

2017/04/30 11:21 2017/04/30 11:21