'2017/02/10'に該当される記事1件

  1. 2017/02/10 孫石煕の腕時計を利用した庶民コスプレ

                                                        (風雨)

 盧武鉉政権のある日、テレビでコメディアン金美和のドキュメンタリーが放送されていた。金美和は庶民アパートに住みながらも熱心に勉強し努力するコメディアンとして描かれていた。しかし、その数日後、金美和がタワーパレスの68坪のマンションを持っていると報道された。ところが、金美和は勉強よりも夫とは離婚訴訟を、タワーパレスの明け渡し訴訟を、金美和はそう暮らしていた。

 数年前は朴元淳ソウル市長候補の古い靴を履いた写真が話題を呼んだ。かかとが磨り減った靴を履いた朴元淳候補は庶民的な候補とその写真は物語っていた。しかし、実際にはかかとは磨り減ったのではなく、ちぎれたのだった。朴元淳は正常な靴のかかとを物理的にもぎ取って庶民コスプレをしていた。

 2012年の大統領選挙で文在寅民主統合党候補は庶民候補を自任した。TVの大統領選挙広告でも文在寅は自宅の書斎で素足で椅子に腰かけている姿で庶民のイメージを演出しようとした。ところが、文在寅が腰かけていた椅子が700万ウォン以上の‘イムズラウンジチェア’という椅子だった。

添付画像
 2016年も暮れるごろ、JTBC放送の孫石熙の腕時計がインターネットで話題を撒いた。かなり高価だろうと予想された孫石煕の手首の腕時計はC社の製品で、2万4千ウォン(2千4百円相当)くらいの安いデジタル時計だった。そして‘民衆の声’など極左メディアは庶民的、質素などの言葉を動員して孫石煕宣伝に乗り出した。孫石煕は2014年にある雑誌に‘着た切り雀’として紹介されて質素な人と褒められた。

 ところが、2月8日のメディアウォッチに興味深い記事が掲載された。質素なイメージだった孫石煕が実際は韓国版ビバリーヒルズと知られている平倉洞に80坪の豪華住宅に住んでいるという。平倉洞は大韓民国上位1%内の金持ちだけが住む所で孫石煕の住宅価格は20〜30億ウォン(2-3億円)と言われる。

 孫石煕が駆使する手法は、左翼陣営で伝統的に引き継がれる方式だった。左翼メディアらによって加工され販売される虚像の人物たちは左翼だった。そういう人々が偽のコスプレをすれば、左翼媒体らは大々的に称え人気者として宣伝する、典型的な赤たちの手法に国民たちは騙されたのだ。

 大韓民国のメディアはミダスの手だった。タワーパレスに住む貴婦人を庶民に変え、従北の女子大生は統一の花にし、従北団体に後援金を出すいかれた女優は国民の妹にし、ホストバーの男妾も 勇気のある正義の使徒に変え、嘘と捏造を事とする言論人も良心的な言論人に変えるのが大韓民国の言論だった。

 左翼メディアらが捏造したイメージを持つ人々が人気を得れば大衆への影響力も獲得することになる。彼らはそのように獲得した影響力で放送に出演して大衆を洗脳し、国民たちの精神は腐り、国民たちがゾンビに変わっているのが大韓民国の現住所だ。

 孫石煕は偽りと嘘のメディアらが作り上げた代表的な虚像である同時に、虚像のイメージを創造する言論権力まで兼ね備えている。そのような影響力をもって孫石煕は存在もしていないタブレットPCのイメージを創造し、ホストバーのつばめの人妻に対する誘惑作業に国政壟断のイメージを上塗りした。

 金美和、朴元淳、文在寅、孫石煕、詐欺師たちが大手を振る状況は今も進行中で、甚だしくは偽りと嘘が真実と本物を追い出しているのが今の状況だ。 2万4千ウォンの安っぽい腕時計と30億ウォンの豪華住宅の差ほども、大韓民国で真実はあまりにも遠く離れている。

www.sustemclub.co.kr 2017-02-09 02:50

2017/02/10 05:53 2017/02/10 05:53