RFA(自由アジア放送)

ワシントン – 李ギョンハ
rheek@rfa.org 2018-03-30

添付画像
          国連安全保障理事会の制裁対象である北韓船舶‘オリオンスター’号

 国連の安全保障理事会は30日、対北制裁決議に違反した疑いの船舶と貿易会社らを安保理の制裁リストに追加しました。

 安保理はこの日、船舶27隻と海運および貿易会社21ヶ所、個人1人を制裁リストに載せたとロイターとAFP通信などが報じた。国連外交筋は、今回の制裁追加措置が米国の要請を安保理が承認によって行われたと言いました。

 報道によれば、北韓のタンカー13隻と貨物船12隻は、禁止された商品を密輸し、石油と燃料を供給されました。この25隻の船は今回の制裁措置によって全世界の港への入港が禁止されます。残りの2隻は資産は凍結されたが港への入港が禁止されていません。

 制裁対象になった北韓企業の21社は海運および貿易会社で、資産が凍結されます。このうち3社は香港を根拠としており、ファシン運送(Huaxin Shipping)は昨年の10月、北韓産石炭をベトナムへ運んだのが知られています。

 また、北韓会社12社が石油と燃料輸送に連累して制裁リストに含まれました。中国にある会社2社は、船舶で北韓産石炭を輸送しました。残りの会社4社はシンガポールとサモア、マーシャル諸島、パナマにあり、北韓の制裁回避行動を助けた疑いを受けています。

 今回、制裁対象に追加された企業であるチャンユンウイアン(Tsang Yung Yuan)は、ロシアにいる北韓国籍のブローカーと一緒に北韓産の石炭不法輸送を主導しました。今回の措置によって彼の海外資産は凍結され、旅行が禁止されました。

 米国は先月、財務省傘下の海外資産統制局が指定した‘対北独自制裁’の対象である船舶33隻の船舶会社27社、台湾人の男性1人を国連の制裁対象リストに追加指定するように安保理に要請しました。

2018/03/31 10:37 2018/03/31 10:37

                                           金鎮台(国会議員)ツイッター

添付画像
 青瓦台警護処が法的根拠なしに李姫鎬夫人を‘皇后警護’しているのがばれました。

 前職大統領の配偶者は最大15年間、警護処の警護を受けることができます。ならば、警護処の警護は金大中が退任して15年が経った今年の2月までなのに、今日も警護処が警護しています。

 そして問題になりそうだから、期間を5年延長してほしいと法案を持ってきました。国会法制司法委員会に私がいるのに、こんな法律が通過しますか。当然、法制司法委員会で阻止しました。

 退任後15年間も警護処の警護を受け、今からは警察が警護することになっているのに、警察を拒み続けて警護処の警護のみを要求するのです。李明博・朴槿恵大統領は刑務所に送り、全斗煥・盧泰愚大統領は警察の警護を受けているのに、李姫鎬女史だけが警護処の警護を受けるべきですか。このような‘1人のための法’が許されて良いですか。

 大統領警護処長は李姫鎬夫人の警護を直ちに警察に引き継ぎ、違法警護に対する職権乱用の責任を取らねばなりません。

2018-03-30

2018/03/31 00:34 2018/03/31 00:34

                                            金国憲(予備役陸軍少将)

 文在寅大統領が終戦宣言を検討しているという。南北が共に生きようが別途に生きようが、互いに干渉せず生きれば良いと言った。当然の話だ。これは1992年2月19日発効された南北基本合意書に詳細に規定している。徐薫国情院長や趙明均統一部長官などが対北実務者として勤務してきたからこういう話が出たはずだ。

添付画像
 南北基本合意書の第1条は“南と北は互いに相手の体制を認め尊重する。第2条、南と北は相手の内部問題に干渉しない。第3条、南と北は相手に対する誹謗中傷をしない。第4条、南と北は相手を破壊転覆する一切の行為をしない。第5条、南と北は現在の停戦状態を南北間の強固な平和状態に転換させるため共同で努力し、平和状態が実現するまで現在の軍事停戦協定を遵守する”と規定している。このすべては盧泰愚政府の『南北間の和解と不可侵および交流協力に関する合意書』と『韓半島の非核化に関する共同宣言』に詳しく書かれている。

 問題は、北側が今まで基本合意書を無視し挑発を続けてきたことだ。天安艦爆沈と延坪島砲撃は挑発を超えた攻撃だ。北側は2013年、偵察総局長の金英哲が停戦協定は白紙化されたと宣言した。協定は双方が結ぶもので、一方が白紙化すると言って白紙化されない。停戦協定の修正は双方の司令官の合意が必要で、他の協定に代替されるまで効力を有するとなっている。南北の終戦宣言が国際協定である停戦協定を代替できるかは深層検討を要する。

 国際法上の戦争状態は、事実上の敵対行為、あるいは宣戦布告で始まり、平和条約の締結をもって終了するのが一般的だ。したがって1953年7月27日、停戦協定が締結されたが、平和に関する合意がなされていないため、南北はまだ戦争状態と言える。平和条約が結ばれるには一定の時間と条件が必要だ。1991年に発効された韓半島非核化宣言が履行されねばならない。それまで停戦宣言は過渡的な措置と言える。

 ちなみに、日本とロシアは第二次世界大戦が終わって73年が経つ今日まで平和条約を結んでいない。北方領土問題が解決していないためだ。

 南北は、世界で類を見ない長期間の停戦協定状態よりは、平和条約の以前に終戦宣言をするのが良いかも知れない。だが、その前に、北側に南北基本合意書の実現を強いねばならない。南北首脳会談では核問題の解決なしには南北問題の解決はないということを明確にせねばならない。

 南北間ではすでに合意されている協定を実践するのが先決だ。新しいものが要らない。

2018年3月26日

2018/03/30 22:17 2018/03/30 22:17

 文在寅大統領が2018年2月10日、青瓦台本館を訪問した金永南(平壤の最高人民会議常任委員長)と金与正(労働党宣伝扇動部第1副部長)一行と一緒に記念写真を撮った背景の書画が韓国民を驚愕させた。

添付画像
 ‘金日成の大物スパイ’だった申栄福(2016年死亡)が書いた書(左)といわゆる‘民衆版画家’の李喆守の版画作品を合わせて作った書画。青瓦台提供

 この書画は、文在寅の青瓦台が労働党代表団の訪問に合わせて特別に製作したものだ。左の書は金日成を仰いだ韓国の地下党・統一革命党の首謀者だった申榮福が残した‘通’の書で、右は体制転覆を目指してきた、骨の髄までの左翼の民衆版画家の李喆守(環境運動連合共同代表)氏が韓半島を形象化しその下に文を書いたものを合成した。

添付画像
 文在寅大統領が2月10日の午前、青瓦台の本館ロビーで北側の金永南最高人民会議常任委員長、金与正労働党宣伝扇動部第副部長などの代表団に書画を説明している。青瓦台写真記者団

 申栄福が書いた‘通’の文字は、文大統領が昨年12月、中国を訪問したとき習近平国家主席に額縁に入れて贈呈したものだ。この書は文在寅のお気に入りの書で“窮すれば変わり、変われば通じ、通じれば長く行く”という意味が込められているそうだ。

添付画像

 版画家の李喆守が2016年に製作したは韓半島図の下には“統(統一)が完成なら、通は過程です。行き止まりにぶつかって道を切り開く決心が、分断の克服と統一への道ではもっと切実です。疎通と対話、粘り強い交流と理解が通の内容であり方法です。通は統です。通をもって統を成すように”という説明がついている。

2018/03/15 12:40 2018/03/15 12:40

                                      金文洙(元京畿道知事)のツイッター

添付画像
 習近平の終身主席への道を開いた中国の改憲が、全国人民代表大会で99.8%の賛成で確定した。投票記載台もありません。投票用紙を折り畳まず投票箱に入れろ、と言ったから事実上公開投票です。

 中国共産党が何をしているかを世界中に見せました。しかし、自由大韓民国のメディアらは、金正恩と習近平共産党の一党独裁は批判せず、李承晩と朴正煕を独裁者と罵倒しています。

2018-03-13

2018/03/14 14:50 2018/03/14 14:50

米国の声(VOA) 2018.03.10
 

添付画像
 ホワイトハウスのサラ・ハッカビー・サンダース報道官が9日の定例ブリーフィングで、ドナルド・トランプ大統領と北韓の金正恩国務委員長のサミットの計画などについて説明した。

 ホワイトハウスは、北韓が約束を具体的な行動に移さない場合、米・北首脳会談が開催されないと表明しました。何も譲歩していない米国と違って、北韓は明白に非核化の約束をしたということです。金ヨンナムが報道します。

 北韓が自らした約束と一致する具体的な行動がなければ、トランプ大統領と金正恩の会談は実現しないと、ホワイトハウスが言いました。

 [録音:サンダース報道官] "This meeting will not take place until concrete actions that match the promises that have been made by the North Korea。 "

 サンダース・ホワイトハウス報道官は9日の定例ブリーフィングで、北韓が非核化と核・ミサイル実験の中断を約束したと言いこう話しました。米国はいかなる譲歩もしなかったが、北韓は何かを約束したことを忘れてはならないということです。

 引き続き、米国は最大の圧力を続け、いかなる譲歩もしないとし、北韓の具体的かつ検証可能な行動を見るまでは前に進めないと重ねて強調しました。

 [録音:サンダース報道官] "The United States is going to continue that maximum pressure campaign we are making no concessions、and we are not going to move forward until we see concrete and verifiable actions taking place by North Korea」

 ただ、北韓との対話が始まる前に踏むべき検証手続きと関連しては、国家安保と情報事案であると言及しませんでした。

 また、金正恩を信頼できる協商の相手として見るのかという質問には、今は協商に段階でないという点を明確にしました。

 [録音:サンダース報道官] "We are not in the negotiation right now。 We have accepted the invitation to talk based on them following through concrete actions on promises that they made」

 米国は対話を求める北韓の招請を受諾した状況で、これは北韓が自らの約束を具体的な行動へと移行するのにかかっているでしょう。

 また、米国は久しぶりに初めて有利な立場で対話するようになったと言い、最大の圧迫によって不利な立場に置かれたのは北韓であると指摘しました。北韓が今回の対話を通じて約束したのを見れば、そういう事実が明白に分かるという説明です。

 サンダース報道官は、北韓の約束が非核化なのか、それとも非核化の対話に臨むということなのかを問う質問に対して、北韓が非核化するというのが韓国代表団のメッセージだったと答えました。

 [録音:サンダース報道官] "The understanding the message from the South Korean delegation is that they would denuclearize and that is what our ultimate goal always has been and that will have to be part of the actions that we see them take。 We have to see concrete and verifiable actions take place」

 そして、これはいつも米国の究極的目標だったし、米国が注視する北韓の行動の一部でなければならないと説明しました。

 サンダース報道官は、自国民を飢えさせ殺し、米国人大学生のオートワムビアの死に責任がある金正恩と、米国の大統領がどうして同じ場に立れつのかという指摘に、大統領は韓半島を非核化しもっと安全な世界を作りたいと思っていると答えました。

 [録音:サンダース報道官] "The president wants to make sure we denuclearize Korean Peninsula and that we are securing and helping a safer world。 I am glad that you guys are acknowledging a lot of the problems of North Korea because just couple of weeks ago a lot of members in the press were actually elevating North Korean some of the members of the regime and comparing them with the people in the United States and this administration」

 そして、わずか数週前まで、冬季オリンピックに参加した北韓政権の人士たちを持ち上げて、米国と米国行政府の人士たちと比較したのはメディアらだった指摘しました。

VOAニュースの金ヨンナムです。

2018/03/11 03:09 2018/03/11 03:09