平壌の「朝鮮労働党統一戦線部」の偽装外郭組織である民和協(民族和解協議会、1998.6.8 組織)と、金大中政権が平壤のこの措置に呼応して3ヶ月後作った「民和協」(民族和解協力汎国民協議会、1998.9.3結成)が共同で対日攻勢に出た。
 

添付画像
 南の「民和協」の代表常任議長の金弘傑(金大中の3男)は8月6日の午後、東京都内のホテルで「太平洋戦争徴用工の遺骨返還」運動を南-北-日が共同で推進すると発表した。金弘傑の記者会見には、平壌の民和協を代理して朝総連本部の趙善吾(「6.15共同宣言実践日本地域委員会事務局長」)副局長が出席した。

  金弘傑は7月16日から19日まで平壌を訪問し、統戦部と本件の推進を協議したと報じられた。金弘傑の行為について内外の専門家たちは、平壤側が彼らの米軍遺骨送還を宣伝しながら日本に対して韓国人(特に、北韓住民の縁故者)の遺骨発掘と送還を要求することで、日本側の拉致日本人送還要求を牽制し封鎖する策略だと指摘している。

  父に継いで平壌に尽している金弘傑は、在日民団を訪問してこの遺骨発掘・送還運動への参加を要請したが、民団中央本部は、現行法上の反国家団体で、今も民団破壊活動を展開している朝総連と行動を共にするわけにはいかないと断ったといわれる。

  平壌側を代理して記者会見に出席した趙善吾は、1980年代に朝鮮労働党に召喚(?)されて北韓へ行き1年間特別訓練を受けた人物として知られている。

  この記者会見を主管した朝総連側は、普段から労働党の日本支部である朝総連を批判・攻撃してきた産経新聞と統一日報記者の取材を拒否したという。

2018/08/09 14:17 2018/08/09 14:17
この記事にはトラックバックの転送ができません。
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST