金文洙(元京畿道知事)のツイッター

 平壤の朝鮮労働党統一戦線部長の金英徹をオリンピック閉会式の北側代表団長として受け入れてはなりません。金英徹は2010年3月26日、天安艦を爆沈させて韓国海軍46人の命を奪った北の偵察総局長だったからです。

添付画像
 偵察総局は北側の対南工作および海外での工作活動を総括する機関で、工作員の養成、侵透、情報収集、破壊工作、要人暗殺、拉致、テロなど多様な任務を遂行し、天安艦爆沈当時の総局長が金英徹上将でした。(*写真は引き揚げられた天安艦を見るマイク・ペンス米副大統領、2018年2月9日)

 いくら平昌オリンピックでなく「平壌オリンピック」と言われても、魚雷攻撃で天安艦の海軍46人を無惨に殺した総責任者の金英徹を平昌五輪の代表として受け入れるのは、太極旗を降ろし「人共旗」(*北側の「国旗」)を掲揚するよりも深刻な「主権冒涜」であるためです。

www.chogabje.com 2018-02-24 09:07

2018/02/25 04:14 2018/02/25 04:14
この記事にはトラックバックの転送ができません。
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST