'2019/04/11'に該当される記事1件

  1. 2019/04/11 自由朝鮮のための宣言文


添付画像

                                                  2019年3月1日

 百年前の今日、先人たちは無慈悲な迫害と耐えられない恥辱の構造を転覆するため、独立と自由を叫んだ。命を脅かされながらも、啓蒙時代の予兆を発した。(この啓蒙時代は)女性と男性がいくつかの譲渡できない権利を有する時代であり、公正かつ正しい国が隣国と調和を成し、みんなに安全と幸福を保証する時代であった。

 だが、立ち上がりは成功しなかった。今日まで、数千万の同志たちは、堕落した体制の無力な奴隷として残っている。同志たちの苦役は、(堕落した体制の)少数のみの腹を肥やし、彼らは腐敗することで君臨し、想像できないほどの破壊力だけを伸ばした。そのように根を下ろした全体主義が降伏でもするかのように、口先だけの言葉や貢ぎ物を捧げ、その事実を知らないふりをする者たちには微笑みながら手を差し出した。

 今、朝鮮人民は不道徳で不法な体制を次のように告発する。

 食べさせる能力がありながら数百万人を飢餓に喘ぐようにした罪、

 政府主導の殺人と拷問、監禁の罪、

 息もできなくする監視と思想統制の罪、

 階級によるレイプや奴隷化、強制堕胎の罪、

 全世界を舞台に恣行する政治的暗殺やテロ行為の罪、

 われわれ子供たちに対する強制労働と潜在力を抑圧する罪、

 殺傷の目的で作った巨大な破壊力を持つ現代兵器の開発および流通と、残虐行為に使用しようとする勢力と取引した罪、

 他にも混在した不法行為などを犯した罪。

 半世紀を越える年月、家族たちが人質となっている間、われわれはひたすら、救援だけを渇望してきた。強力で裕福な国々がわれわれの懇請を無視し、逆に(われわれを)苦しめる者らの私利を満たし、彼らをもっと大胆にしてあげること目睹した。南朝鮮の繁栄と発展の驚くべき業績を見ながら、彼ら(南朝鮮)が富国強盛の歴史を起こす間に、後ろに取り残された兄弟姉妹を記憶してくれることを願った。

 ところが、解放は来なかった。

 先人と子孫皆の要望に応じよう。われわれの魂はこれ以上待ってはならないと断言する。われわれも喜びと人間の尊厳、教育と健康、そして安全を享受して当然ではないか。自由を要求する。それで、われわれが堪えるべき運命と義務を、自ら勤まろう。

 “われわれは、ここで立ち上がる。良心がわれわれと共におり、真理がわれわれと共に前進する。老若男女を問わず、暗く重苦しい古巣から活発に発ち、森羅万象と共に嬉しく愉快な復活を遂げよう。遠い祖先の神霊が見えなくてもわれわれを助け、世界中の新しい形勢がわれわれを外から保護しているため、立ち上がりがまさに成功である。ひたすら、前途の光明に向かって力強くまっすぐ進むだけだ。”

 自由朝鮮の建立を宣言する。この臨時政府は、人権と人道を尊重する国家を建設するための根幹を立て、すべての女性と男性、児童の尊いかつ明白な尊厳を尊重する。

 この政府が北朝鮮の人民を代表する単一の、正当な組織であることを宣言する。

 去る数十年間、人道主義に反する莫大な犯罪を犯した北の権力に立ち向かうため立ち上がる。人類の精神の巨大な汚点である暴悪な権力を撤廃するため身を捧げる。

 反対する。そして対抗する。光復という明るい光が平壌に届く日まで、人民を抑圧した者らに立ち向かって戦う。

 肉体的にも精神的にも縛られている同胞たちがいるため、われわれは進む。われわれはあらゆるくびきを打破する。

 (北の)体制の中でこの宣言文を聞く者たちよ、圧制者に抵抗せよ。公然と挑戦し、また静かに抗拒せよ。大勢の人々が加害者でありかち被害者である。共に身を投げて、われわれを蝕み、今はわれわれの子供たちまで脅かす、野蛮な体制を崩壊させねばならない。この体制の中での共謀は、おそらく抵抗できないことだったはずだ。ただ、今だけがこの国と名(名誉)を挽回できる唯一の機会である。(そうすることで)今まで犯した、腐敗した権力に対する、愚かな首領神格化集団に対する、人間の独創性と人性を縛り付けた広範かつ奇妙な足枷に対する、このすべての忠誠に対して免罪符を受ける。われわれはこれ以上、被害者でなく勝利者である。

 志を共にするディアスポラの同志たちよ、革命に参加せよ。数千年の歴史、先人たちの犠牲と数千万同胞の共有された遺産は、名誉と権利を回復せよ、と泣き叫んでいる。偶然でなかったら、(北でない所で)自由に生まれた同胞たちも奴隷に帰属されたはず。業績と勇気、うまれつきか犠牲と換えた才能が、この時のためのものではないか。

 この(暴圧の)体制を正当化し、維持しようとする者たちよ、歴史は選択権が与えられたとき、あなたがどこに立っていたのかを記憶する。

 過去、独裁と抑圧の傷を持った国々よ、われわれと連帯することを要請する。われわれとあなたの自由のために。

 理想を共有する全世界の同志たちよ、過去にはわれわれの苦痛を知らなかったとしても、今日でも分かれば良いのだ。どう助ければ良いのかを知らなかったとしても、今日、その方法が分かったら良いのである。共に戦うことを要請されたことなかったら、今、人類のため共に戦うことを要請する。

 愛するわれわれの子供たちが、暗黒の中でもう一世代も生まれることを許さない。朝鮮は自由でなければならず、自由になるはずだ。立ち上がれ!立ち上がれ!奴隷になりたくない人たちよ!

 恨めしい無念の歴史の輪を切り、これから新しい時代を宣言し、新しい朝鮮のための道を準備する。そのため、わが民族の真の情誼で調和のとれた、もっと公正で平等な社会を建設する目的と革命の誕生を宣布する。

 自由朝鮮のために!

YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST