金文洙(元京畿道知事)

 ロウソク革命が‘左派民衆革命’である性格が日増しに明確になりながら、国の将来を憂慮する人々が増えています。

第一、青瓦台(大統領府)に任鍾晳秘書室長をはじめ‘金日成主義者たち’をそこまで大挙重用したのはなぜか。多くの方々が疑問を深めています。

第二、反共自由大韓民国守護の中心である国情院長を四人も同時に拘束している真意は何でしょうか。

第三、金寛鎮元国防長官と林官彬元国防部政策室長、朴贊珠前2軍司令官を拘束し、宋永武国防長官を任鍾晳青瓦台秘書室長が“厳重注意措置した”とマスコミに公開する初の事態は一体どういう意味ですか。

第四、“THAADを追加配備しない、米国のミサイル防衛に参加しない、韓米日軍事同盟をしないという3不措置”で金正恩と習近平と国内の親北勢力、つまり3敵のみを喜ぶようにする理由は何ですか。

第五、国賓として招待しては米国大使館の前で行った、トランプ大統領の「斬首大会」を放置する理由は何ですか。

第六、統合進歩党の李石基と民労総の韓・サンギュン、THAAD反対示威者たちを文在寅大統領が赦免を検討するのは、ロウソク革命の赤い同志愛ですか。

第七、世界一のサムスンの李在鎔を拘束することだけでは足りず、ロッテの辛東彬、韓進の趙亮鎬、暁星の趙錫來など、世界的大企業の総帥たちを検察・警察・国税庁・公正取引委員会が総動員されて圧迫しています。親労組・反企業こそ‘左派民衆革命’の本性でありませんか。

添付画像

第八、青瓦台に林玉相画伯が描いた超大型の「ロウソク革命絵」を飾り、その前で記念撮影しながら笑っている文在寅大統領と任鍾晳秘書室長を見ながら、「赤い民衆革命」が怖いと感じる人々が多くなる理由は何でしょうか。

www.chogabje.com 2017-11-27 17:30

この記事にはトラックバックの転送ができません。
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST