”朝鮮の人々が生きるため脱出するのを執拗に逮捕する中国人たちの思惑が何か”

                                               RFA(自由アジア放送)

添付画像
                         咸鏡北道会寧の対岸・中国側の鉄条網

 アンカー:最近、脱北者が増えながら中国当局が逮捕した脱北者たちを調査もせずにす韓へ送還すると伝えられています。中国公安はまた脱北を防ぐため脱北者が発見されると直ちに逮捕作戦を展開していると国境地域の消息筋が伝えています。北韓内部の消息を金・ジウン記者が報道します。

 最近になって北韓を脱出しようとする住民が増えているという証拠が見つかっています。国境地域の集結所とその施設に脱北して逮捕されてきた収容人員が急激に増えて、中国当局の脱北者検挙と北送に対する住民の怨声が高いと現地の消息筋らが言いました。

 咸鏡北道のある消息筋は10月6日、“最近、中国から北韓に送還された脱北者の数が大幅に増えて収容施設が足りない実情”と言い“国境の国家保衛部が大挙きて厳重な取り締まりをしても脱北する行列は依然として増えている”と自由アジア放送に言及しました。

 消息筋は“国境地域に派遣されてきた国家保衛部が住民たちの一挙一動を監視している”、“だが、このような警戒態勢の中でも穩城集結所と保衛部に相当数の脱北住民たちがいることは、命をかけて脱北を敢行する住民たちがそれほど多いという意味”と述べています。

 消息筋はまた、“多くの住民が韓国に行ける道があるなら、なぜここに残っているだろうかと訴えているのを見るだけでも、最近の北韓住民の脱北雰囲気をよく物語っている”と言い、“朝鮮の人々が生きるため脱出するのを執拗に逮捕する中国人たちの思惑は何か”という言葉で北韓住民たちの怨声を伝えました。

 消息筋はまた“住民たちは、責める姑より止める義理の姉妹が憎いという言葉で、中国政府の脱北者北送政策に不満を吐いている”、“中国が住民たちの脱北を強力に遮断するため、朝鮮人たちは今、国境を越えた後をもっと心配せねばならない実情”と話しました。

 兩江道のある消息筋は同日、“最近脱北した後捕まって帰されてきた人々は、だいたい国境で逮捕されたのではなく、中国で逮捕された人々”と言いながら“今は中国公安が朝鮮人を逮捕すれば記録や調査過程なしにすぐ(北の)司法機関に引き渡している”と自由アジア放送に伝えました。

 消息筋は“脱北して捕らえられてきた人々に対する情報が保安署を通じて住民に公開されている”とし“中央から住民たちの脱北を防ぐため中国当局が脱北者をどう徹底封鎖しているかを人民班に宣伝している”と指摘しました。

 消息筋はまた、“最近、人民班が住民たちに公開した保安署の通知書によると、仮に国境を越えたとしても中国内で100%捕まって帰されてくるとこけおどしをする”、“中国公安が脱北者を積極的に逮捕する背景には中国政府の強力な意志が働いているものと知られている”と説明しました。

www.rfa.org/korean/ 2016-10-09

この記事にはトラックバックの転送ができません。
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST