文大統領は確かに共産主義者だ。実は、文大統領が共産主義者か否かの裁判が行われている。事件は以前、検察内の代表的な公安検事で、盧武鉉政権のとき政治的圧力で辞めざるを得なかった高永宙弁護士(69歳)が2013年の1月に右派の人たちとの新年会で、過去の経験に言及ながら文在寅は共産主義者であると発言したことなどが問題となって告発された事件だ。文在寅が補欠大統領となってからこの事件は再び裁判が進行中だ。

 高永宙弁護士は、「文大統領は過去、国家保安法の廃止や連邦制統一を主張してきたし、在韓米軍の撤収を誘導する活動もしてきた」、「憲法裁判所の統合進歩党解散判決(2014年12月19日)根拠である進歩的民主主義も目指す」と言動したことを指摘した。

添付画像
 また、「文在寅は共産主義者で、この人が大統領になれば、韓国が赤化されるのは時間の問題だと確信している」と発言、文大統領が共産主義者と確信できる数多くの状況や文在寅が北側の主義主張に追従した具体的な事例を提示した。

 (1)北韓の対南赤化戦略的である民族解放人民民主主義革命路線に符合する言動

  国家保安法廃止を主張/戦時作戦統制権の返還、韓米連合司令部の解体、米朝平和協定の締結など事実上、在韓米軍の撤退を誘導した活動/連邦制統一を主張

 (2)北韓式の社会主義思想であり、憲法裁判所が統合進歩党を違憲政党として解散する決定的な根拠となった理念である「進歩的民主主義」を目指す

 (3)北韓の非合理的な主張に同調し、北韓に有利な言動をした具体的な事例ら。

  国家情報院の解体を主張/従北勢力を庇護/国連の北韓国人権決議案にどう対処すべきか、平壌側に事前にお問い合わせ/北韓を主敵と表記することに反対/執権したら北韓を優先訪問すると公言/北韓の核脅威を受ける状況でも対北圧迫に反対しむしろ、開城工団、金剛山観光再開など主張/駐韓米軍のTHADD配置に反対しサボタジュ/済州海軍基地建設に反対/北側の仕業である天安艦爆沈を「天安艦沈没」と表現し、北側の責任を主張する李明博政府を誹謗/日韓軍事情報交流協定の締結に反対

 (4)その他、文在寅が共産主義者であることを認めた梁東安教授の意見書(共産党が許可されていない国で、共産主義者らが見せる言動上の共通の特徴11の種類のすべてに該当)

  「弾劾が棄却されれば民衆革命しかない」と発言/共産主義運動だった釜林事件(1981年)の関係者たちと生涯の同志となった事実/共産主義者でなければ感じにくい感情を表現(ベトナム戦で)米国の敗北とベトナムの共産化に喜悦を感じた。国家保安法を廃止できなかったことが痛かった。また、NLLを放棄し、連邦制を支持する「10.4宣言」について「私たちが推進しようとした議題がほとんど合意文に含まれていた。どこかへ行って一人で万歳三唱でもしたかった。感激だった」などを自叙伝に記述/内乱扇動犯の李石基を2回も仮釈放か赦免するなど、共産主義に好感を抱いていた。

添付画像
 しかし、決定的なのは今年2月、文在寅が自分が共産主義であることを公開宣言した出来事だ。文在寅は平昌五輪開幕式に参加した世界各国のVIPののためのレセプションで、平壤の指令で地下党を作ってスパイ活動をして逮捕(1968年)され、無期懲役が宣告された統一革命党の指導部だった申栄福(2016年1月に死亡)を自分が最も尊敬すると世界に向けて宣言した。また、平昌五輪参観を名分に来た金与正など労働党代表団を青瓦台で会見したとき、申栄福が書いた書体の壁画の前で記念写真を撮った。文在寅夫婦はまた、やはり金日成が最も可愛がった工作員の一人の尹伊桑(ドイツ国籍、音楽家)を称える事業にも熱心だ。

 文在寅と任鍾晳などのこのような金日成への忠誠を誓いの後、金正恩は文在寅が派遣した特使団を労働党本部で迎え入れた。つまり、文在寅政権と金正恩政権を友党関係であると確認したのだ。文政権で、憲法にもない副大統領のように振舞うのは従北主義者として有名な任鍾晳秘書室長だ。彼は、政府次元の「板門店宣言履行委員会」委員長も務めている。

この記事にはトラックバックの転送ができません。
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST