今日(10月30日)午後、東京高裁へ取材に行った。朝総連側が要求する「高校(朝総連学校)無償化」裁判の判決の現場の雰囲気を見るためだった。
 
 宣告は16時頃の予定だったが15時頃はすでに数百人以上が傍聴券を得るため待っていた。ほぼ全員が朝総連組織が動員した人々だ。裁判所関係者の話では全90席の傍聴券を得るため番号札を渡した人が889人という。
 

添付画像
 他にも秩序維持などのための動員された人々を合わせると、朝総連が組織的に動員した人員は、朝鮮大学と東京朝鮮高級学校の生徒を入れて1,000人ほどだった。
 
 上告審の判決は開廷後すぐ下された。朝総連側の敗訴だ。朝総連側は判決を激しく非難、糾弾した。最高裁まで行くと泣き叫んだ。
 
 ところで、本当に困ったものだ。叔父や兄まで虐殺した金正恩を、偉大な指導者と教え称える「学校」に、日本政府がお金を支援しないということであんなに騒ぎ怒る。「板門店宣言」のように図々しくも「有無相通す」の精神で日本当局がお金を出せということだ。
 
 朝鮮労働党日本支部が運営してきた朝総連学校は、1980年ごろは学校数150個以上、学生数が3万数千人を超えた。しかし、今は生徒数が当時の10分の1以下、朝総連(朝鮮国籍)全体の数も3万人を下回る。
 
添付画像
 要するに、朝総連所属だった同胞たちの90%以上が「脱北」したのだ。朝鮮労働党の日本支部の党員だった者らさえ絶望して捨てた、首領の奴隷を養成する「朝総連学校」に日本政府がお金を支援しないと集団で裁判所の前で騒ぐ朝総連を見たら、洗脳がどれほど恐ろしいものかが改めて分かった。
 
 東京高裁の向かい側では、北送後、脱北して再び日本に戻ってきた川崎栄子氏と朝鮮総連本部をさら地にする会など日本人数人が朝総連側の狂乱の騒ぎを糾弾していた。朝鮮労働党日本支部と戦うこの闘争に在日韓国民団の関係者などは一人も姿を見せなかった。

添付画像
添付画像


この記事にはトラックバックの転送ができません。
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST
  1. 金 国鎮 2018/11/04 15:53  コメント固定リンク  編集/削除  コメント作成

    私は日本生まれの朝鮮人だ。
    韓国や北朝鮮の話をする時には東アジア全体の構図の中でしか話はしない。

    朝鮮学校の問題が浮上してきた。
    日本の朝鮮人が登場してきたようだ。

    戦後の日本の教育を朝鮮学校の関係者は果たして理解しているだろうか?
    戦前の日本の高等教育の旧制高校・旧師範・旧士官学校は戦後の日本高等教育とは較べものにならないほど質が高い。
    多くのアジア諸国からそれに憧れて多くの留学生が日本に来た。
    中国・朝鮮からもだ。
    それが今の東アジア繁栄の基礎を作っているといっても過言ではない。
    例外は北朝鮮であるそして朝鮮総連・朝鮮学校である。

    朝鮮学校の問題は同時に日本の朝鮮人の教育の問題をどう見るかである。
    日本の学校に朝鮮語のカリキュラムがないのは不自然である。
    そこが一番の問題である。

    日本政府が財源を作り朝鮮語の教育のカリキュラムを日本の学校に、選択科目で十分、早急に作らせなければならない。
    それは同時にその時点で朝鮮学校の解散を求めるということでもある。

    この十年で多くの留学生が国費で日本の国立大学大学院に在籍するようになった。
    東京大学には約五千人の留学生が国費で在籍している。
    これは京都大学・大阪大学等も同様である。
    日本政府が留学生に向けて財源を作っていることは重要である。
    この具体的内容を知っている関係者は少数である。

    日本の朝鮮人が日本の留学生に対する努力とその価値観を共有しようとするのであれば動くと思っていい時期である。
    日本の文部科学省にはそれに対応できる人材は育ってきている。

    この問題の具体的な解決に必要なのは先ずは日本の朝鮮人の努力不足にあると言っていい。
    南や北の政治を日本の朝鮮人に持ち込んでいるのは朝鮮総連だけではない。

    日本の朝鮮人に適切な教育の情報を提供する時に来ている。
    それが日本の文部科学省であれ又は在野の教育関係者であってもよい。
    企業でもいいNPO法人でもいい個人でもいい。