最も早く、安価で容易な平和と統一、そして繁栄への道は、脱北者の強制送還中止のような、普遍的人権の実践と自由の拡散にある。これは歴史が教えてくれた真理であり、今後も限りなく証明される筈の真理だ。

                                                     金成昱

1.朴大統領と習近平主席の会談、は自由統一への長い道のりの一つの‘点’だ。会談の結果に絶望する理由もないが、歓呼する根拠も弱い。外交は外交であるだけだ。

 韓国とは体制が異なり北韓と同じ体制の、地理的に隣接した中国は、韓国の理念的同盟になり得ない。北韓が滅び、自由•法治•人権の普遍的な価値が中国へもっと大規模で流入するとき、韓国と中国のソウル・タイ(soul tie)は、堅固になる。その時まで中国に接する原則は、われわれの実力と遠くにいる自由民主主義の米国との同盟であるしかない。遠交近攻という、外交の本性の定義がそうだ。

2.韓・中未来ビジョン共同声明の成果はある。“中国側は、南・北の双方が対話と信頼に基づいて関係を改善し、究極的に韓民族の念願である韓半島の平和統一の実現を支持すると表明した”という表現がそれだ。中国が伝統的に使ってきた在韓米軍撤収後の、北韓主導の赤化統一である“朝鮮半島の自主的平和統一”という表現から前向きに変わった。

添付画像
 中国の変化は朴槿恵大統領の功労だ。メディアの報道によると、朴大統領は、習近平との会談で、韓半島の統一がもたらす利点についてかなりの時間を割いたと伝えられる(東亜日報)。朴大統領は、統一と関連して、“北東アジアの平和と繁栄に寄与する。また、中国の東北3省の発展にも寄与する。韓・中両国の繁栄にも寄与する”と話したという。

 韓・中共同声明は、韓半島に対しても‘北韓半島’と表現した。伝統的に使用されてきた‘朝鮮半島’と書いたら、北韓のほうに見られて困惑し、‘韓半島’と書いたら韓国の優位を認めて困難になり得るため、新しい用語を作ったのだ。これも中国の微妙な変化だ。

3.ところが、共同声明には三つの克服すべき問題がある。北韓の核問題について、“双方は、有関核兵器開発が韓半島を含む北東アジアおよび世界の平和と安定に対する深刻な脅威になるという点で認識を共にした”とした。

 しかし、“双方は、韓半島の非核化の実現および韓半島の平和と安定の維持が、共同の利益に合致することを確認し、このために一緒に努力していくことにした”とし、‘北韓の非核化'ではなく‘韓半島の非核化’と表現した。‘韓半島の非核化'は、核を持っている駐韓米軍の撤収を意味する北韓式表現だ。

4.すでに失敗した‘6者協議’を再開するという表現も出た。“双方は、6者協議の枠組みの中で様々な形の二国間および多国間の対話を強化し、これを通じて韓半島の非核化実現などのための6者協議の再開のために肯定的な環境ができるよう積極的に努力することにした”という声明がそれだ。

 6者協議は、2003年〜2007年まで行われた間に、北韓の核兵器開発のための時間と資金だけを与えた一種の外交的詐欺だ。6者協議が始まる前は、北韓の核兵器保有が曖昧な状態だったが、北韓は6者協議が進行中の2006年10月9日に最初の核実験をおこない、終了後の2009年5月25日、2回目の核実験を行った。

 2013年2月12日、3回目の核実験まで行った北韓に、また6者協議を通じて時間と資金を与えれば、北韓の核はさらに改良される筈だ。朴政権の任期末には、小型化•軽量化•多量化された核兵器の前に韓国は北韓の人質になるかも知れない。中国はこういう状況が来ても、それほど悪いこともなく、損をすることもない。共同声明にはこのような中国の思惑が盛り込まれ韓国はそれを承認してしまった。

5.共同声明は、道徳的な弱点もある。中国の脱北者強制送還に対する言及がないことだ。北韓住民は、大韓民国の憲法上の国民であり、彼らの‘人間としての尊厳と価値'を回復させることは、統一の理由だ。未収復地域である北韓から離脱した住民、つまり脱北者を保護し救出することも国の義務だ。韓国は、中国の脱北者強制送還に対して問題を提起し、改善を約束させるべきだった。

 尹炳世外交部長官は、頂上会談の後、記者たちに“われわれの関心事である脱北者(北送)問題について、大統領が述べた”と明らかにした。ただ、朴大統領のこの言及が、共同声明で言及されなかったのは残念だ。自国民2400万人の生命と安全を無視した、経済と通商や協力はマンモン的(mammon)平和に過ぎない。普遍的価値から離れた外交は、韓半島の平和どころか統一も引き出せない。

 最も早く、安価で容易な平和と統一、そして繁栄への道は、脱北者の強制送還中止のような、普遍的人権の実践と自由の拡散にある。これは歴史が教えてくれた真理であり、今後も限りなく証明される筈の真理だ。この単純な真実を悟って実践する人物が、7000万民族を救う。

http://libertyherald.co.kr  2013-06-30 21:15

この記事にはトラックバックの転送ができません。
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST