2020年3月1日、われわれは塔谷公園に立っている。101年前のまさに今日、この場で民族の指導者たちは、わが民族の生存権を奪い差別し、民族文化を封鎖していた日帝に奮然として抗拒して、自主独立と「朝鮮人の自主民」であることを堂々と宣布した。  ところで、今日のこの場は、あの崇高な独立精神を称えるより、101年前の先代がそこまで心から念願し、血と汗をもって建て譲り渡したくれた自由の国、文明の共同体、道義支配する社会が、絶体絶命の危機に直面していることを絶叫する場である。  また、一方では、その真っ暗だった時代、一筋の光を自任して目前の苦痛と挫折を超え、あの遠くの光明の国、そして「世界の改造の大きな機運に順応」し、人類に貢献する高潔な民族としての理想まで抱いていた先代のビジョンと覚悟を、われわれのものとして奮発し新しい決意を確かめる場でもある。また、己未独立宣言を通じて、わが民族が独立と自主の現代文明への合流を宣言した100年を経て、今日の闇を振り切り、大韓民国を守護し、さらに世界に貢献する新しい100年を宣言した瞬間である。  日帝からの解放は「正当な生と繁栄」の機会を取り戻したことで、「鋭い気迫と独創性を持って、世界の文化の大きな波に貢献する」われわれの力量を回復することであった。解放後、われわれはその機会を生かし、あらゆる力量を注ぎ世界10位圏の経済規模に達する飛躍的な発展を成し遂げた。同族どうしで争い殺し合いの悲劇を経験しながらも、産業化と民主化を果たしたわれわれを、全世界は驚異の目で見た。  ところが、何ぞ図らん。われわれの大韓民国が、最近、わずか2〜3年の間に「自ら存在する当然の権利」を改めて主張せねばならない境遇に追い込まれることを夢にも予想していただろうか。21世紀に「民族の尊厳が損傷」されることを不憫に思い、「精神の発展に支障を来す」状況に達したことを嘆くことになるとどう予想できただろうか。  憲法秩序は執権者たちによって露骨に蹂躙されており、自由守護の最後の砦である法院と憲法裁判所まで、特定の勢力によって壟断されている。志士の偉器を持つ知性も、歴史の召命意識を持っている官僚たちも見られない。正論は消えて久しく、羞恥を知らない者らが握った権力は、新しい利権収奪層を生み出すことで、閉ざされた階級社会へと退行している。あらゆる関係網を通じていろんな所にストローを刺しこんだ寄生虫勢力が、いたる所で社会的資源を私有化し、その収奪に権力が濫用されている。このため、真実と正義の基準まで転倒され、繁栄の土台まで毀損されている。  自律と責任、正直と配慮の市民的気風は、政権の維持と再創出のための福祉によって、日々衰退し、大衆はますます依存的でかつ受動的になりつつある。時流に迎合する各種規制は、人間固有の創意と挑戦意識を抹殺し、市場経済を萎縮させている。  国民、特に若い世代が意欲と希望を失い、無力感に陥るようにするこの情緒は、きわめて意図されたものである。その背後には、社会全盤を解体し、無力な市民の上に君臨して抑圧し、彼らの理念と利益のためこの国を壟断しようとする勢力が暗躍している。この闇の勢力は、偽りと偽善で国民を扇動し分裂させ、盲目的な支持層に頼って政界はもちろん法曹、経済、教育、メディア、文化、芸術、体育など社会全盤に浸透して、101年前わが民族が直面した時代へ導いて行こうとする。  青瓦台と与党の国会内での不法な各種の立法の強行処理、社会の至る所のコード人事、陣営利益の確保の破廉恥は、わが民族に対して「もっぱら征服地の快感を貪った」帝国主義の非道を表わしている。今、文在寅政権の扇動と統計の歪曲は、100年前、わが民族を向けられた「差別からの不公平とウソの統計数字」と違いがない。現職の大統領を高校の教科書に登場させて美化する教育は、日帝の軍国主義教育を連想させる。  安保と外交はまたどういう状況か。彼らは力を持った相手がいない国内ではあらゆるペテンと変法、厚顔無恥な行為を恣行し憲政秩序を翻弄し、力のある相手がいる国際社会では、方向も戦略も行動もビジョンもなく、愚か者で、大韓帝国の没落のとき、私欲にこだわり民族を売り渡したあの卑しい売国奴らと同じように行動している。  大統領は、中国に行って「運命共同体」と宣言して中華朝貢体制への編入を恥知らず示唆した。「北韓の非核化」は「韓半島の非核化」にこっそり変わり、屈辱的な北韓への片思いにもかかわらず、北側はこの政権を「茹で牛頭」と揶揄っているだけである。日帝の獰猛さに旧韓末の売国奴らの無能と貪欲を加えた奴らが、大韓民国号の操舵手となっているのだ。  だが、いつまでも彼らが引っ張る通り無力につられて行くわけにはいかない。厳酷な時代にも義憤を発し、血がさわぐ檄文を発することで、近くには、国内外の各地に民族の自主独立の喊声を引き出し、遠くは民主共和制の基礎をおいた、私たちの先覚者たちのようにやって行こう。101年前のその激情を、今日ここでまた覚えながら、大韓民国の建国以来類例のない悪の類似全体主義者たちに対する剔抉を誓おう。  国民の神聖な主権を行使するにあたり、われわれ皆は抑圧からの解放を念願し、不義に抗拒する気持ちで投票しょう。そして「もともと生まれつきの自由権を護り抜き、豊かな生の楽しさを存分に味わい、われわれが十分に持っている独創力を発揮して」、「 世界の平和と人類の福祉に必ずあるべき段階」を作ろう。  それで、われわれ皆は、次のように固く決意しよう。  第一、自由市民こそがこのすべての土台になることを自覚し、それぞれ「人類の共通の気性と時代の良心」が私たちの人格になるようにし、私たちの中それぞれ「心の中の刃を抱き」、「類似全体主義へ進む暴政を牽制して」、「息子や娘たちに恥ずかしい遺産を譲り上げないため」渾身の力を尽そう。  第二、日帝の圧制以上に人間的権利を奪うあの北韓の変種世襲全体主義を倒して朝鮮民主主義人民共和国をわが同胞の「人民」に帰し、自由体制へと一緒に抱いて統一を成し遂げよう。  第三、経済の発展と民主化を一段と高いレベルに引き上げ、実質的かつ自由な民主主義の文化を花咲かせることで自由大韓民国をもって地政学的な敗北主義から脱して東アジアの中心地として、さらに世界の模範になるようにしよう。  今の試練は、約束の地に入るための荒野での試験である。この荒野を渡る日、われわれの自由大韓民国、統一韓国は詩聖・タゴールがかつて歌ったように「その灯りがもう一度灯す日」に東方の明るい光になる。  この胸いっぱいの歴史の使命を果たす隊列に皆が参加しよう。保守と進歩、左・右、男女、世代、階層を問わず集まろう。嘘と偽善から解放された者は誰でも集まろう。興亡と盛衰の岐路でためらう卑劣な反逆と売国の隊列から離脱せよ。この政権の偽善に憤り、危機を見て後世に対する責任を感じる国民よ、立ち上がれ。真実の靴を履き、自由憲政の帽子をかぶり、勇気のリュックサックを背負って、自由と責任を両手でしっかりと握り、われわれの前の民族共栄、人類共栄の新しい百年に向けて、われわれ皆一緒に進もう。  2020年3月1日  自由大韓民国第2独立宣言推進万民共同会
この記事にはトラックバックの転送ができません。
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST
  1. 金 国鎮 2020/05/30 11:30  コメント固定リンク  編集/削除  コメント作成

    日本の朝鮮人に
    日本の朝鮮人には長い歴史がある。
    戦前・戦中・戦後の日本の歴史の生き証人でもある。

    日本政府は戦後日本朝鮮人と向き合って対話したことはない。
    彼らは戦後北朝鮮を背景とした朝鮮総連が日本各地で騒乱行為を繰り返した時に
    初めて日本の朝鮮人と話をしたがそれは日本の朝鮮人と話をしたわけではない。
    彼らが北の政治支援を受けていると判断したからだ。
    今もそれは全く変わってはいない。

    韓日条約の時も同様である。
    日本政府は日本の韓国人と直接対話したこては一度もない。
    韓国政府が日本の韓国人の法的擁護に動いて初めて韓国政府とこの問題について話を始めた。
    今もそれは全く変わってはいない。

    日本政府と地方自冶体の関係が今回のコロナウイルスによって誰の目にも明らかになってきた。
    地方自冶体の長が日本の朝鮮人と話をしたとしてもそこには限界があるのは明らかになってきた。

    日本の朝鮮人には彼らの協力を推し進めるメディアが存在していない。
    現在存在しているのは北の政治権力に媚びへつらうメディアと南の政治権力と癒着するメディアのみである。
    南のムンジェインをどうのこういうこと自体彼らが日本の朝鮮人に対して何の具体的感覚を持っていないことを
    明らかにしている。

    戦後70年間に多くの朝鮮人が日本のメディアに登場してきたがどれもこれもが南北の政治に彼らが発言する限り
    彼らは日本のメディアに登場することが許された。
    日本の台湾人は中国の政治に対する発言を差し控える傾向があるようだ。
    彼らは日本のメディアに登場することは稀だ。
    日本の朝鮮人が日本の権力に便乗する限り彼らは日本のメディアに登場する。
    今も昔も何も変わっていない。

    日本の朝鮮人に必要な情報を提供できるのは誰だろうか?

  2. 金 国鎮 2020/06/11 11:31  コメント固定リンク  編集/削除  コメント作成

    韓国の技術開発の努力が2000年代に入って飛躍的に増加してきた。
    これは政治とは独立した韓国の努力の結果である。
    中国・台湾も同様である。

    その一方それを指導する韓国の政治はきわめて貧弱だ。
    パククネ、ムンジェインがその代表だが金大中から始まっているようだ。
    多くの韓国人に西洋列強・日本が今や具体的に見えてきているようだが
    依然として政治の権力争いに固執する韓国人は多い。
    核ミサイルを叫ぶ北の権力者は何も理解していないと断言できる。

    韓国は独自の兵器生産ラインを持っている数少ない国だ。
    日本は軍事兵器を簡単に海外に輸出できない。
    台湾はこの方面にあまり熱心ではないようだ。
    韓国と競合するのはアメリカ・EU・ロシア・中国のみだ。
    東南アジア諸国は韓国製の軍事兵器の購入に熱心だ。
    価格と性能が彼らのニーズに合うのだろう。
    韓国企業と軍の技術開発が正念場を迎えているようだ。
    企業と軍の技術開発は相互補完的な性質を持っている。

    ベトナムは韓国製の軍事兵器の購入に関心を持っている。
    それは中国との軍事緊張が高まればそうなるの必至である。

    韓国は金大中以後ベトナム戦争で起こった韓国軍の非人道的行為を謝罪しようとしてきた。
    韓国軍は南ベトナムで米軍と共にベトナム解放戦線と戦った。
    北の共産軍ではない。
    南ベトナムは北から入ってきた共産軍に最終的に軍事解放された。
    韓国軍がこの問題について話をしなければならない民族解放戦線はどこに行ったのだろうか?
    金大中以降の韓国の大統領はベトナムに行って何故ベトナム共産党の指導者に謝ろうとするのだろうか?
    ベトナム統一後に起こったカンボジアのポルポトはベトナム共産党の支援を受けていた。
    そして中国がベトナムに対する軍事進攻を始めた。
    多くの民間人が犠牲になった。

    民族解放戦線がベトナムから再び登場する時こそ韓国軍は彼らと話をしなければならない時である。
    彼らは共産主義者ではない。

    韓国に必要なのは韓国の現実と他国の現実を正当に評価できる政治だろうが
    それは企業と軍の技術開発に関係してきた集団から必ずや出てくるだろう。

  3. 金 国鎮 2020/06/18 12:40  コメント固定リンク  編集/削除  コメント作成

    北の指導者がケソンで何やら破壊工作をしたようだ。
    これで事態は一気に正常化していくだろう。

    これは彼らが本当に何を考えているかを理解するいい手掛かりになるだろう。
    金正恩はアメリカのドルに何より関心を持っている。
    この数年は偽のドル札よりトランプとの政治的な和解に乗り出した。
    日本を無視し、中国とロシアも無視した。
    つまらん政治の掛け声に惑わされてはいけない。

    知りうる範囲ではロシアが北に対して小麦の無償援助を行った、しかし中国の支援の具体的内容は未だに良く分からない。
    今回の事件で韓国軍がムンジェインより前に出てきた。
    私は数年前に北とアメリカの話し合いが始まるだろうと予想した。

    次は韓国軍と沿海州のロシア軍の間に新しい関係が始まるかもしれない。
    ムンジェインの集団にその能力はないのが韓国の壁だろう。
    韓国軍と中国東北の軍の間に何か新しい関係ができるためには中国東北が政治的に独立することが必要だ。
    韓国軍が強化されれば在韓米軍は自然と韓国から撤退する。
    韓国もアメリカも無駄金をこれ以上は使いたくない。

    北の情報は北に住む朝鮮人でなければ分からない。
    北のヤクザ組織が食糧の情報をよく知っているようだ。
    彼らは日本のヤクザとは根本的に異なる集団だ。
    中国東北にすむ朝鮮人もその情報を持っているだろう。

    北に住む朝鮮人は我々の同胞である。

  4. 金 国鎮 2020/09/09 19:02  コメント固定リンク  編集/削除  コメント作成

    韓国の軍事技術の革新の速度がきわめて速い。
    ここに多くの韓国の企業とそれを支える韓国人技術者がいる。
    彼らは保守でも革新でもない。
    彼らが遅かれ早かれ。韓国の政治に大きな影響力を行使するだろう。
    それは軍事クーデーターでないがそれに近いものかもしれない。
    というのは韓国軍は大きな産軍共同体だ。

    最近アメリカと韓国の間でアメリカが韓国の中距離弾道ミサルを認めるようになった。
    これは韓国の軍事技術の革新がもたらした努力の結果であるがアメリカの真意は分からない。
    この射程距離の中に北京とウラジオストックが入る。
    韓国軍とロシア軍の間で安全保障の話し合いが始まるだろう。
    向こう五年ないし10年もすれば韓国軍はさらに装備の近代化を進めるだろう。
    そして産軍共同体の韓国軍は軍事兵器の輸出でその名を世界に知らしめるだろう。
    既にその兆候は韓国製の自走砲でヨーロッパで知られるようになってきた。

    その結果在韓米軍は韓国に不必要になるだろうが
    それは韓国が米軍を必要としないというより軍事兵器の輸出のライバルになりつつある韓国に
    アメリカが米軍を駐留させることはしないという判断であろう。
    これはトランプとムンジェインには何の関係もない。

    その時には韓国軍は東アジアで戦前の旧日本軍と同じ立場に立てるだろう。
    そして韓国は独自の立場で日本・ロシア・中国に対して安全保障の話し合いに入れるだろう。
    今しばらく臥薪嘗胆の時期は続くだろう。

    ムンジェインが言う韓国軍は政治のプロパガンダである。
    韓国製の空母とか原潜とか。
    こんな兵器は韓国の防衛に役立つどころか韓国の財政を一気に悪化させるだけである。
    というのは空母も原潜も輸出できる兵器ではない。

    沿海州のロシア軍との安全保障の話し合いは同時に朝鮮の統一に向けての話し合いである。
    戦後韓国は独自の立場で朝鮮統一の話し合いを持つ機会さえ与えられなかったことを忘れてはいけない。

    ロシアは韓国企業の沿海州の経済開発の協力を必ず求める。
    韓国軍に対しては軍事兵器の共同開発も求めるだろう。
    ロシアの求める利益に対応する力を韓国は長い努力の末ようやく持つようになってきた。

    朴正煕の軍事クーデーターからすべては始まった。