月も雲に隠れ、道の分別も出来ない夜るだった。
騒がしい気配を感じ取ったのか蛙の合唱が一層大きい。
何故か今も耳に残るのは泥濘に足を捕らえ転んだとき
一斉に飛びはねる蛙の群れの合唱と後ろから聞こえる多発の銃声。

収容所にいる間、俺は二十歳になった。
誕生日など忘れていたが気が付いたら二十歳になっていた。
収容所に収容されてる人は必ずしもこの戦争に立ち入った軍人とは限らない。
民間人も多数収容されていた。
身分がはっきり確認できてない男はすべて連れてこられたからだ。
そこで知り合った40代後半の男に俺は息子のように可愛がられた。
収容所を脱出する前日、彼は俺に言った。

「ここから出たら何処に行くんだ?
行くあてはあるのか?」

俺は首を横に振った。

「俺はP市に行くつもりだよ。そこに昔、俺が世話したある人が住んでるんだ。
その人を宛てに北から南へ向かう途中捕まえたからな・・・
もしここから出て、行く宛が見つからなかったらP市に来いよ。
そこは大きな港だし、二人なら何とか出来るかもしれん。」

彼とは闇の中ではぐれてしまった。

周辺が明るくなってくると遠く桟橋が見えて、
小さい漁船がエンジンをかけて桟橋で出向の準備をしているように見えた。
近づくと髭の来い男が大きい声で叫んでいる。
「後、一人乗れるから早よう来いよ!!」
船は20人乗りの漁船で島の人は3人乗っていて後は皆、収容所脱出者だった。
「これで5回往復だよ。急がないともう一回往復できない・・・」
島の人が言った。
夜中からすべての島の船は脱出捕虜を運んだ。
こういう方法で政府は連合軍からこの地に残りたいと願う捕虜達を解放したのだ。
危険過ぎる、無謀だとの批判の声が高まる緊迫の状況で
数千人の戦争の渦巻きに巻き込まれてしまった人々が
再び自由を向かって突進する。

俺は書いてもらったP市の住所を胸に
漁船に乗って始めての自由のみになっていた。





そして、7年の年月が流れた。
今日俺に子供が生まれた。
外は寒くてあらゆる物を凍らせてる。
ここで俺は根をおろす。
俺はもう独りぼっちではないのだ。

いつかこの子に言ってあげられるのだろうか
この地で独りポツンと浮き草のように生きてきて
今、こうやって根を下ろし始めている俺の話を
この子は聞いてくれるのだろうか。

明日はクリスマス。
街は今晩、華やかに照らされるだろう。
雪の積もった野原でいつの間にか過ぎていたクリスマス、
捕虜収容所で米軍から与えられたクリスマスケーキ、
皮肉にも始めてのクリスマスケーキだった。
国のクリスマスは敬謙なものだった。
隠れキリスタンであった先祖の代から
神父様に祖立てられた父の代まで
クリスマスは敬謙なミサで捧げられた喜びの儀式だった。
これから俺はこの子のサンタになるだ。
産声を上げる赤ん坊を向かって口ずさむ。


「さようなら悲しいクリスマス」



<おわり>

2008/10/15 12:34 2008/10/15 12:34

<その③>

軍服を脱いた。俺はもう軍人ではない。
俺は高等学校3年の学生なんだ。
夢が大きい青年なんだ。
理由も分からないまま誰かを殺し、そして殺される。
そんなの、俺は望んでない。

小屋を出るとき俺は既に軍人ではなかった。
老婆が持たしてくれた蒸したじゃが芋を胸に
いつか必ず恩返しをすると誓った。
老夫婦の息子さんが無事に両親の元に返って来るよう祈った。
 


冬の日は短く、俺はくれる日を向かって歩いた。
ここからしばらく西に向かってそれから北の方へと。

歩いても歩いても山道は続いていたが
山は低くなっていて時々村や畑も見えたりした。

思考の転回というのはこんなことを言うんだろうか、
瞬間頭に浮かんできたものは
この辺は今どちらの勢力の支配におかれてるのかと言うことであった。
俺的には何の意味もないことであるのにも関わらず、
俺の人生に大きく関わることになってしまったことが
しみじみとわかってきた。

とにかく畑が見えてきたという意味は人にも会える事である。
人に会うことがこんなにも慎重に考えなければならないとは
今までは一度も思った思ったことがない。
もうしばらく隠れて様子を見なければならない。
母の元に返ることすら許されない状況がわかってきたような気がしてきた。

「俺て一体何をやったんだ」

頭が混乱してきた。
ひと目につく夜道を歩くのは怪しく思われるのに違いない。
だからて昼間に等々と歩ける立場でもないのだ。
老人と女と子供以外に誰が昼間歩けると言うのか
こんな時勢に・・・・

取りあえず回りが闇に包まれるまで待つことにして
日が当たって雪が解け、そして乾いた岩に身よ寄せると
嫌な予感と同時に後ろから人影を感じた。

俺は振り向く勇気もないまま、心の揺れと襲い掛かる恐怖、
それは一瞬でありながら果てなく長い瞬間でもあった。

2008/05/30 10:01 2008/05/30 10:01

<その②>

気が付くと俺は山道を走っていた。
息が切れそうで止まると自分が何処にいるか分からなくなっていた。
微かに見える白い雪道は

自分の足跡と野生動物の足跡が混じって散乱していた。
頬が痛かった。
どこかですれ傷を付けたようだ。

家に帰らないと、母さんが待つ家に帰らないと・・・
俺はまた走った。

母さんは俺を秘密の部屋に隠していた。
村に若者の召集令が出されたとき、お袋は隠し部屋を作った。
母屋の脇に小さい物置を装って俺の居場所を作ってくれた。

何日も何日もその中で過ごすには俺は若すぎたのかもしれない。
外の様子が気になって隠し部屋を抜け出したその時
俺の家を見張り続けていた村の役場の人間に見つかってしまったのだ。
村の責任者に酷く批判されるお袋を後にして
俺は人民解放軍になって戦う身分となった。

夜が明けようとしていた。
このままでは家にたどり着く前、捕まえてしまう。
だって俺は軍服を着たまま。
このままじゃ軍隊から逃げ出したのがすぐばれてしまうだろう。
現実の自分に戻ると怖くなった。
これからどうすれば良いのか・・・
朝になればみんなは俺がいなくなったことに気が付くだろう。

とにかくその日は山の岩の影に隠れていた。
寒さと怖さと極度の緊張で空腹感すら感じなかった一日だった。

夜になってまた歩いた。
今度は激しい空腹感で吐き気がした。
離れた群から俺を追っかけてくる気配はなかった。
何処かで食べ物を調達しなければならない。
ふらふら一晩歩くと回りがやや明るくなってきた。
もう歩けない。疲れた。おなかが空いてどうにもならない。
残雪を手に取って食べてみた。
これからどうするのか俺にも分からない。


その時、ふと煙の匂いがした。
もしかしたら他の軍隊の群ではないかと思い、怖くなった。
山の高い所に登り、隠れて様子を見ると

火田民の部落が闇の中で微かに見える。
朝ご飯の準備に掛かってるらしかった。
俺はその煙が昇る小屋に向かった。

俺に選択の余地なんかが有る訳がない。

小屋には老夫婦がいた。
早朝の尋ね人に大変驚いた様子、当然の事だ。
だって俺、山ですべて転んで傷だらけの人民軍服の姿であったから。
しばらく俺の顔を見ていた老夫婦は
幼い少年兵の疲れ果てた姿に同情をしたらしく、
色々と聞いて来た。

老婆は黍(きび)のお粥を持ってきてくれて
兵隊に連れて行かれた息子の服を出してくれた。
老人は布団を敷いてくれた。

「疲れた様子だね。食べてひと眠りして、
それからお家に帰りなさい。ご両親が待ってるんだろう?」

眠った、久しぶりに。
満腹で暖かい部屋で眠った。
軍服ではなく民服。
心が和んで深い深い眠りに襲われた。

2008/05/28 17:11 2008/05/28 17:11

悲しいクリスマス

                                  

<その①>

今日、俺に子供が生まれた。女の子だ。
外は寒くてあらゆる物を凍らせてる。
ここで俺は根をおろす。
俺はもう独りぼっちではないのだ。
こんな寒い夜、故郷の町は
灯した明かりまで凍りつく寒さだ。


今、戦争は終わって世の中は平和が訪れようとしてる。
この平和は何時まで続くのだろうか。

俺は17歳で故郷を離れた。
俺は戦争を望んではない。
だけど、世の中は俺の意思とは関係なく、
全ての人を巻き込んでいた。狂ったように・・・・
その時俺は自分の納得の出来ないその状況から逃げたかった。

たった一週間の訓練で
俺には恐ろしくも人を殺せる許可が与えられた。
本当に俺は人が殺せるのか。

戦場に向かう群れの列は百メーターを超えるくらいで
何人か同じ学級の友人もその群れにいて
その中の何人かは俺に手を振った。
寒い冬の日差しは有り難い物だ。

山道は険しく、太陽はもう隠れようとしている。
今晩は多分この辺で野営だろう。
寒い冬の日没は悲しいものであった。


どのくらい寝ていたのか寒さと膀胱の圧迫感に目が覚めた。
この行軍はもう一週間も続いてる。
みんな疲れ果てて、寒さにもめげず死んだように眠ってる。
このように寝られるのも後、幾晩だろうか
後2,3日で戦線に着くのは誰もかが予測していた。


用を出すため野営地から離れた。
圧迫されていた膀胱が元に戻る快感を感じながら
体を振るって一瞬空を見上げると、
山々に隠れて狭くなった空に月もなく星が見えた。

雪が止んだ空は綺麗。とても綺麗。
人間は戦って死んでいくのに、星は変わらなく今夜も出ていたのだ。
瞬間、星は涙を流していた。


母さん・・・ それは母さんの涙の様だ。



 

2008/05/28 16:57 2008/05/28 16:57