添付画像
 毎朝、私は新木場から地下鉄有楽町線に乗り、永田町で降りる。赤坂プリンスホテルを右に、会社がある元赤坂まで、この赤坂見附の坂を下る道が私は好きである。

 私は通勤道の風景を携帯電話で撮り、時々このブログにも載せたりもするが、永田町駅から地上に上がる際は殆どの場合、都道府県会館に通じる地下道から登るエスカレーターを使うことが多い。

グランドプリンスホテル赤坂(グランドプリンスホテルあかさか、Grand Prince Hotel Akasaka)は東京都千代田区紀尾井町にあるホテルである。2007年4月1日、赤坂プリンスホテルから改称したこのホテルは来年3月で閉館になることが決まっている。

   

添付画像
 すっかり、クリスマス模様になっている赤坂プリンスホテル、この風景もこれで最後になると思うとかなり寂しい。→

 初めて、このクリスマスキャンドルが点灯された大きな屏風形の高層ビルを見たとき、私はその奇抜で面白い発想と、その美しい風景に感動を覚え、毎晩カメラを持ってあの周囲をウロウロしていた。

 何年も見るうちにこの風景にすっかり慣れてしまい、今は「もうその季節か・・・今年もそろそろ終わりに近づいているな」と思う程度でカメラを向ける事はあんまりなくなった。

 この写真で見る高層ビルの赤プリは本館で、その裏側に韓国と縁深い別館がある。
 地下鉄銀座線、丸ノ内線の赤坂見附駅を降りて平河町方面に坂道を登っていき最初の左の曲がり角を曲がると100mで赤坂プリンスポテル別館の入り口にある。普通は赤坂プリンスホテルの正面玄関のある紀尾井町方面からも廻っていくが、平河町から来た方が近い。結婚式等で人気のある建物ですので来られた方も多くいるはず。

 この建物は旧大韓帝国の旧李王家邸で、昭和3年宮内省内匠寮の設計、今は赤坂プリンスホテルの別館としてレストラン(フランス料理Le Trianon)、結婚式場等に使用されている。

 
添付画像
 朝鮮最後の王家であった李王家の李垠(イ・ウン)殿下は、大正15年(1926年)、29歳で王位を継承し、日本の皇族の梨本宮の長女万子様を妻として迎え、ここで生活した。当時の李家は皇族に準じたため、この建物の設計は宮内省で行われた。様式はチュ-ダ-・ゴシック調であるが、細部にはスパニッシュスタイルが見られる。様々な箇所に装飾が見られ、豪華絢爛と言う名に恥じない美しい意匠を持った建物である。

この建物がどうして今赤坂プリンスホテルの別館になっているのか、そこに関わっているのはプリンスホテルチェーンを作り上げた堤康次郎前西武グループの会長が関わる。その話はまた今後にすることにして、今日はプリンスホテルと李王系の不可解な運命を感じる死について書きたいと思っている。

    



添付画像
 2005年7月16日、李玖(イ・ク)氏が、このプリンスホテルの一室で変死した。享年七十三であった。その死因は急性心不全とされたようだが、看取った者はなかった。日本の国法上は変死にあたるので、日本の警察が手続き上司法解剖した。

 李玖は日本で暮らし、母の実家の梨本家の世話を受けていたようである。梨本家の人が十八日に李玖を訪問し、その遺体を発見したとのことだ。

 李玖は、李氏朝鮮最後の皇太子、英親(ヨンチン)王(1897-1970)李垠(イ・ウン)と日本の皇族、李方子(りまさこ/イ・バンジャ)(1901-1989)の次男であるが、長男が幼くしてなくなっている為、事実上朝鮮王家の後継者とされていた。

 明治四十三(1910)年、通称日韓併合後、李垠は朝鮮の王世子(皇太子)となった。李王家は王公族として日本の皇族に準じる待遇を受けた。敬称は殿下であり、実際は皇族と見なされたし、それを日本人に知らしめる必要もあった。


添付画像
 方子妃は、明治三十四(1901)年、梨本宮守正王と伊都子妃の長女として生まれ、当時の皇太子裕仁親王(昭和天皇)のお妃候補として世間を騒がせたこともある。香淳皇后はいとこになる。

 李垠殿下と婚約したのは大正五年のこと。当時の読売新聞(1916.8.3)は、「李王世子の御慶事。梨本宮方子女王殿下との御婚約 李王家と竹の園生の御連絡の御栄えめでたく」と記した。年代を見ればわかるように彼女が十四歳のときである。彼女自身、自らの婚約を新聞報道で知って驚いたとも伝えられている。言うまでもなく、政略結婚である。「内鮮一体」が当時の日本国の国是であった。王家もそれに従わなくてはならなかった。貞明皇后は「お国のためですから」と慰めたという。

 大正十年(1921)、李玖の兄、つまり第一王子、晋が生まれた。翌年、李垠夫妻は嬰児を連れ母国朝鮮に帰るが、再度日本に向かうおり、急逝した。一歳に満たなかった。死因は急性消化不良と診断されているが、毒殺説がある。誰が毒殺したかについてはここでは考察しないが、様々な憶測が乱舞しているのも事実である。


添付画像
 李玖が生まれたのは、昭和六(1931)年の東京である。晋亡きあと、王家の世嫡は玖のみとなった。日本国は李玖を朝鮮王家の皇太子と認めた。教育は母と同じく学習院で受けた。

 昭和二十年日本の敗戦により日本の朝鮮統治は終止符を打った。当時、李方子は日本の敗戦を夫君のために喜んだと伝えられている。読売新聞”日朝融和の政略結婚の李方子さん逝く”(1989.5.2)より。

 日本敗戦の日、東京で昭和天皇の言わば玉音放送を聞く。李垠(イ・ウン)殿下との結婚から二十六年目だった。「殿下、おめでとうございます。こう申し上げましたが、殿下は沈痛な面持ちで」。後に記者のインタビューに答えている。



李垠殿下家族

大阪師団長(中将)時代の李垠殿下(左はし)中央の子どもは玖(10才)右の女性が方子妃殿下



 李垠は朝鮮の王たるべく自らの国に帰ることはできなかった。当時の大統領李承晩によってその帰国を妨げられた。李垠が故国に戻り、歴史ある国として朝鮮が王政復古すれば、歴史のない新生独立国扱いはされなくてすんだのではないかとか、李承晩は王政復古になれば自らの地位が危うくなるから李垠殿下の帰国を望まなかったとか、人はいろいろ言うが、国を滅ぼした事実に対する李王朝の責任と、それから国内外で起きた様々な反日独立運動に、必ずしも李王家が積極的でなかった事をおもうと、果たして王権復帰ができたのか、国民はそれを容認出来たのかについて、私は疑問を持つ。

ともあれ、李玖の死を伝える朝鮮日報「朝鮮最後の皇太子が寂しい死・東京のホテルで心臓麻痺」では、その後の李玖についてこう記す。

 日本で近代教育を受けた李玖氏は14歳で光復(韓国の独立)を迎えたが、帰国することはできなかった。執権者たちは、皇世孫の帰国を喜ばなかったからだ。


添付画像
 李玖氏に手を差し伸べたのは、日本占領軍司令部のマッカーサー司令部だった。 1950年、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)建築科に留学し、卒業後ニューヨークの建築設計事務所に勤務した李氏は、5年年上のジュリア女史と出会い、1958年10月、ニューヨークの教会で結婚した。

 李玖の父、李垠は昭和三十五(1960)年梗塞に倒れるものの一命を取り留めた。意識は十分には戻らなかった。李承晩退陣後の昭和三十八(1963)年、朴正熙大統領の計らいで李垠夫妻は帰国を果し、李方子は完全に韓国に帰化した。夫、李垠はその後昭和四十五(1970)年に日本で亡くなっている。

 その後の李玖だが、先の朝鮮日報に次のように報じられている。

 李承晩(イ・スンマン)政権が崩壊した後、1963年に朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の助けで帰国した李玖氏は、母の李方子女史と一緒に昌徳宮(チャンドククン)・楽善斎(ナクソンジェ)に住んだ。ソウル大や延世大などで建築工学を講義をし、会社を経営したりもした。
 1979年に経営する会社が倒産し、李玖氏は「金を工面しに行く」と故国を離れ、日本に留まった。その渦中でジュリア女史との離婚(1982年)や、母の李方子女史の死(1989年)を経験し、その後は日本の女占い師と暮らした。


時のソウル大学の弟子で建築家の李勇宰さんが書いた李玖氏に対する思いを綴ったブログを見れば李玖氏が建築家としての一面を推測できます。→ http://lee-yongjae.com/120115405346


添付画像
  日本の女占い師は宗教団体「大和之宮」の「有田絹子」という人物であったようだが、詳細は不明。ただ離婚の理由については、中央日報「大韓帝国最後の皇世孫・李玖氏が死去」ではこう説明している。

 故人は1963年に、病床の両親、夫人とともに帰国し、昌徳宮(チャンドックン)内の楽善斉(ナクソンジェ)で起居した。しかし、1970年に英親王が死去し、1977年に夫人と別居した後、事業の失敗などで再び日本に戻った故人は、宗親から、子どもを産めなかった夫人との離婚を勧められ、1982年に離婚した。故人は、1989年に母親・李方子まで亡くなった後、宗親会などの勧誘を受け入れ、1996年に永久帰国し事業を展開したりもしたが、失敗し、再び渡日、東京渋谷の小さなマンションで暮らしていた


 別居後の離婚ということなので、「宗親から、子どもを産めなかった夫人との離婚を勧められ」ということが離婚の第一の理由というのでもないだろう。この説明に「宗親」とあるが、韓国では門中と言い、宗親の核たる正嫡がなければ親族は崩壊するといってもいいくらいなので、宗親はこの問題に強固になるのは仕方なく現在の韓国の状態についてもこれは変わらない。

 朝鮮日報は李玖と宗親の関係についてこう説明する。

 そして李玖氏は1996年11月、「永久帰国」した。宗親会(一族の会)の総裁として実務も行い、宗廟(朝鮮王朝時代の歴代の王や、王妃の位牌を祭るところ)で開かれる大祭も主管した。当時、李玖氏は「私はもはや、王家と関係がない、個人、李玖に過ぎない」と常に語っていた。 だが、李玖氏の「永久帰国」は長く続かなかった。神経衰弱も患っていた李玖氏は、故国の地に完全に適応することができず、日本と韓国を行き来して、日本の地で最期を迎えた。


添付画像
 李玖の母、李方子は、一九八九年四月三十日、韓国・ソウル特別市鍾路区昌徳宮・楽善斎の居宅で亡くなった。死因は静脈瘤出血だった。享年八十七。李玖が喪主となった。日本では旧令に従い韓国皇太子妃として執行された。遺体は夫の墓所、京畿道ビ金市金谷里・英園に合葬された。

 李方子は、韓国帰化後は、知的障害児、肢体不自由児の援護活動に取り組み、知的障害児施設「明暉園」と知的障害養護学校「慈恵学校」を設立し、その運営に尽力した。

 方子は死の前年、社会福祉事業の資金作りのための来日中に倒れ、宮内庁病院に二か月ほど入院した。あのとき、私は彼女に、日本で死ぬわけにはいかないと思っていたのに違いない。方子妃殿下は気力を取り戻し韓国に戻ったのである。


 母と自分の故郷である日本、そして赤坂。生まれた地で亡くなった波乱の人生を送った朝鮮王家最後の皇太孫「李玖殿下」の冥福を祈る。



添付画像


追記:

「赤プリ」の愛称で親しまれてきた西武グループの「グランドプリンスホテル赤坂は
老朽化などを理由に来年3月末で閉館することになったが、最も古い旧館は残す事にしているらしい。建築家の丹下健三氏(故人)が設計した40階建ての新館などは取り壊す方向でいて跡地の利用は未定だが、都心を象徴する建物の一つが 姿を消すことになる。

1955年に「赤坂プリンスホテル」として開業し、2007年に改名した。広さ約3万4千平方メートル の敷地に、新館、別館、コンベンションセンター「五色」などがある。人気の高級ホテルだったが、近年は外資系高級ホテルの東京進出などで競争が激しくなった。01年に改装するなどてこ入れを図ったが、宿泊客はなかなか増えず、価格も下げたため利益が出にくくなり、営業終了を決めたとみられる。

昭和初期に建てられ、旧朝鮮王室の邸宅として使われていた旧館は、歴史的建造物として保存する方向だと聞いてほっとした。赤プリの土地は売却せず、周辺の地権者らとも協議しながら、新たな高級ホテルやオフィスビル、商業施設などの 再開発を目指すとみられる。


 

2010/11/09 14:03 2010/11/09 14:03

添付画像

毎朝、とおるこの道、目を上げれば青い空に白い雲が掛かっていた。 何時もの空模様にいまさら感動するのも笑う話だが、そうなのである。 子供の頃、白い雲の変わる姿に様々な絵を描いた経験は誰にもあるんだよね。  青・青・青    白・白・白

添付画像

永田町から赤坂見附に向かって坂道を下る。

緑の街路樹、都会のオアシスだ。都会のど真ん中に降り注ぐ真夏の強い陽射しは燃えるように熱い。木漏れ日の中を通り、キラキラと光を反射する木の葉の艶が眩しい・・・・

添付画像

夏の空を駆け巡る一筋の風が地上に舞い降りて小さな葉っぱを沢山置いて行った。まるで風を乗って空を飛ぶ龍の鱗(うろこ)の様だ。

添付画像

この建物、㈳都道府県会館の建物である。  ↑

説明によると、「都道府県会館は、昭和23年、全国地方自治協議会連合会 (現全国知事会の前身)が各都道府県からの臨時分担金により、現在の千代田区九段にビルを取得したのが始まりで、同年9月1日には財団法人の設立許可を得ております。昭和35年以降、現在の千代田区平河町に居を構え、 以後、永きにわたって東京における地方自治の拠点としての役割を担ってきております」だそうだ。

添付画像


添付画像
東京都のシンボルマークは銀杏の葉、この路の街路樹は銀杏の木なのである。私は銀杏
木が好き。秋になると真黄々に染まるんだよね。気温が下がって行くにつれ段々と濃く染まっていく秋のこの道も好き!

添付画像

衆議院議長公館。赤坂見附から永田町に上る坂道の脇にひっそりと佇んでいるこの建物が衆議院議長公館である。守衛さんの姿も見た事がないけど・・・・ この建物に衆議院議長さんが公務に励んでいる場所なんだよね。ちなみに今の衆議院議長て誰だ?? <^!^>横路 孝弘(よこみち たかひろ)さんでした。

添付画像


添付画像


添付画像


添付画像


添付画像


添付画像


添付画像


添付画像


添付画像


添付画像



添付画像


毎日通るこの風景が私は結構気に入ってる。駅の中には沢山の通勤者で混んでいるけど、外に出れば意外とゆったり空間が広がるこの路が好きなのである。(*^_^*)



2010/08/04 14:25 2010/08/04 14:25