'2018/04/09'に該当される記事2件

  1. 2018/04/09 「世間」とは誰か
  2. 2018/04/09 経済の「理論」と現実

床屋道話40 「世間」とは誰か

二言居士

 

 太宰治の『人間失格』で、だめな主人公が知り合いから忠告され、「これ以上は、世間が、許さないから」と言われ、「世間というのは、君じゃないか」と考えるところがある(新潮文庫版82)。小生が不思議なのは、主人公がこれで相手を論破したように考えている点である。この「思想めいたものを持つように」なって彼が今までより「いくぶん図々しく」(86-87頁)なったということは了解できる。しかしそれは「世間とは個人じゃないか」という思想が正しいとか良いとかいうことを意味するものではない。

「世間というものの実体」はないという思想は、サッチャー元首相は賛成するであろうが、正しくない。世間が実在するのは、個人が実在するように目で見たり手で触ったりしてわかるものでなく、また厳密に「証明」できるようなものではない。しかしあらゆる常識がそうであるように、「ふつう」の人はそれをわかっている。本稿でもそれを「証明」することはしない。少し常識性の側に寄った反問として、「しかしお前が『世間』の代表なのか」があるかもしれない。これに対してこの知り合いは、「そうだ」と答えてよい。少なくとも比較的「世間知らず」の者に対してそうでない者が、「それは世間が許さない」と教えてやることはこれもふつうのことである。その教えが間違っていることもときにはあろう。しかし間違いがあり得るからといって、先輩や教員が後輩や生徒に教えるということ自体が間違いにはならない。

知り合いに忠告された主人公は、単に自分の生き方が世間に許されないということだけでなく、自分が世間知らずであること、世間を知る努力をすべきことに気付くべきであった。しかし彼は、「世間とは個人だ」という間違った「思想」を身につけてしまって、(「世間」が許す生き方でなく)その時々の個人的相手に対して、身をかわしたり身を守ったり利を得たりすればよいという生き方を固めてしまった。バアのマダムに対して「一本勝負」で転がり込んだ(87頁)のは実例である。中毒患者が、治療するのでなく、薬物を入手できればその場はしのげるが、破滅に向かうのと同じである。

作者と主人公とは別だとも言われよう。「悪いお手本」として書いているのではないとしても、小説の作者が主人公を肯定したり美化したりする必要はないと。一般論としてはそうだが、この場合にもあてはまるだろうか。作者の実人生を知らないとしても、「自分には、人間の生活というものが、見当つかない」(8頁)という特殊性を自虐とも見せておいて、いわば「俗悪な世間」への抗議、小説最後の一句にもみられるように、自己神格化にも似た挑戦的な開き直りなのではなかろうか。

「ふつう」がわからない、という人がいる。気の毒なことである。いばるようなことではない。

近頃、「空気を読むな」という声が聞こえるようになった。そういう人の意図はよくわかる。「同調圧力」と闘いたいというのは正当である。「KY」ということでいじめられるのもよくはない。しかしそうした目的のために、「空気を読むな」という言葉は適切でないと考える。空気を読んだうえで敢てそれに反対するということは、そもそも空気が読めないとか読まないとかいうことと同じではないからである。大事なのは前者である。多数意見に同調しないことも当然の権利とされることである。またそのような風習をつくっていくことである。個別の「感覚」でも、かといって「理屈」でもとらえられない「ふつう」や「世間」をよく「察する」ことができるのは、取り柄である。その場の「空気」を読めることは求められて悪くないことであり、「忖度」できることそれ自体は社会人としてむしろ望まれることである。

権利を主張できることは大切である。しかし他人の気持ちを思わずに自利のために権利を言い立て、義務でさえなければ、目の前の相手、その場の空気、そして世間をはばからないことは、強者の支配にしか導かないであろう。


添付画像



-----------------------------------------------------------------------------------------


◆仲島陽一の本◆ 本の購入が出来ます↓クリック


共感を考える
  • 和書

共感を考える

仲島 陽一【著】

  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 創風社(2015/10発売)
  • ポイント 20pt
  • 提携先に在庫あり【僅少】
    (通常、ご注文翌々日~4日後に出荷 ※複数冊ご注文の場合を除く)
  • 国内送料無料


ルソーの理論 - 悪の原因と克服
  • 和書

ルソーの理論 - 悪の原因と克服

仲島 陽一【著】

  • 価格 ¥3,132(本体¥2,900)
  • 北樹出版(2011/12発売)
  • ポイント 29pt
  • ウェブストア在庫あり(通常、当日~翌日に出荷)
    ※正確な在庫状況は書名をクリックしてご確認ください。
  • 国内送料無料


共感の思想史
  • 和書

共感の思想史

仲島 陽一【著】

  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 創風社(2006/12発売)
  • ポイント 20pt
  • ウェブストア在庫あり(通常、当日~翌日に出荷)
    ※正確な在庫状況は書名をクリックしてご確認ください。
  • 国内送料無料


入門政治学 - 政治の思想・理論・実態
  • 和書

入門政治学 - 政治の思想・理論・実態

仲島 陽一【著】

  • 価格 ¥2,484(本体¥2,300)
  • 東信堂(2010/04発売)
  • ポイント 23pt
  • ウェブストア在庫あり(通常、当日~翌日に出荷)
    ※正確な在庫状況は書名をクリックしてご確認ください。
  • 国内送料無料


2018/04/09 23:55 2018/04/09 23:55
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST


床屋道話39 経済の「理論」と現実

二言居士

 

添付画像
 菅原晃『高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学』(河出書房新社、2013)という本を古本屋で買った。帯の「最高・最新の教科書!」の文句にもつられて、お勉強するつもりで求めたのだが、中身は自由貿易やアベノミクスの礼讃など、「教科書」というには党派色が強すぎるものであった。がっかりしたが、ためになったこともある。

新自由主義ないし新古典派をへたに糊塗せずに原理主義的に打ち出していることで、問題点も浮き彫りになる。比較優位説による自由貿易論がその一つである。著者はこれを、「経済学史上最大の発見で、誰一人反証できない、古典理論」(104頁)と言う。ではなぜ反対する人がいるのか。彼が引く(136頁)日経新聞の記事はわかりやすい。TPPで「得する人」が1億人、得する額が計10兆円とする。他方損する人が200万人で損する額が計8兆円とする(総額で得が上回らなければ比較優位説は成り立たない)。この際一人あたりだと得は10万円だが、損は400万円になる。前者がコストをかけてTPP賛成の運動をするとは考えにくいが、後者がTPPにかなりのコストをかけても反対する誘因がある、と。菅原氏がこの「得する人」を「消費者」一般に当てているのは、論点隠しを含む雑な当てはめだが、それは言わないことにしよう。「損する人」を「農業従事者」にあて、「経済学的」にはそれを切り捨ててよいとするところに、この「経済学」の弊害が表れている。新古典派経済学は、倫理学的には功利主義と共犯関係にある。そこでは、「消費者」が10万円の「快」を得ることと「農家」が400万円の「苦」を受ける(つまりつぶれる)ことの違いが、量の問題としてしかとらえられない。そして総量として「快」が増えるならば、決定的な意味で「苦」を受ける(ここでは家業を失うということだが、他に人権を侵害されるとか、人間としての尊厳を奪われるとかの場合も考えられる)少数者がいてもかまわないという強者の論理である。いわゆる「外部経済」の話を持ち出さなくても、農家をつぶして「消費者」が少しずつ「得」することが「正解」と言えるのか。劣位産業にしがみつかないで比較優位の産業に転じれば国民全体が得するのだ、と言い返されよう(実際言っている人々もいる)。しかし土地を手放し長年携わってきた職業から他に転じるのは(ここでも外部経済のことは言わないにしても本人にとっても)容易ではない。比較優位なものにどんどん転じていけばよいというのは、雇ったりやめさせたりする側の者、株を買ったり売ったりする側の者にとって有利で、勤労者や生活者の側にとっては不利な論理である。新古典派経済学と功利主義倫理学の損得計算は、このような立場の違いを覆い隠し、総量が増えればよいという論理で不平等を拡大する思想である。

こうした理論の抽象性は、現実の人々の立場だけでなく、この理論自体の歴史性を捨象するところにも表れている。これについては朝日新聞1990814日付コラム「経済気象台」(筆名「六一弥」)の紹介で済ますことにしよう。“貿易自由化論はリカードが唱えたがその英国の工業が比較生産費で優位を占めたのは25年間に過ぎない。その間耕地は放棄・転用され、95%自給していた小麦は88%の輸入依存になった。世界の食糧事情のタイト化と二度の世界戦争で、英国は惨憺たる辛酸をなめたが、これはリカードの反対者マルサスが懸念していた通りであった。それから英国は必死になって耕地の復活、品種の改良、遺伝子の研究に取り組み、ようやく百年たって食糧自給の道を回復した。”

小生は一言だけ付け加えよう。これらの経済学・倫理学は分業を一面的に礼讃する。しかしアダム・スミスさえその弊害にも目を向けていた。確かに画一化する必要はない。得意分野を伸ばして、個性ある他者と協力するのは互いの益となる。しかし自らを「特化」して自立できなくなってしまうこと、歯車の一つになってしまうことは、個人においても国においても「協力」でなく、強者に従属してしまうことである。バランスを無視した「特化」は、けっして自らを強くすることでも得することでもない。


-----------------------------------------------------------------------------------------


◆仲島陽一の本◆ 本の購入が出来ます↓クリック


共感を考える
  • 和書

共感を考える

仲島 陽一【著】

  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 創風社(2015/10発売)
  • ポイント 20pt
  • 提携先に在庫あり【僅少】
    (通常、ご注文翌々日~4日後に出荷 ※複数冊ご注文の場合を除く)
  • 国内送料無料


ルソーの理論 - 悪の原因と克服
  • 和書

ルソーの理論 - 悪の原因と克服

仲島 陽一【著】

  • 価格 ¥3,132(本体¥2,900)
  • 北樹出版(2011/12発売)
  • ポイント 29pt
  • ウェブストア在庫あり(通常、当日~翌日に出荷)
    ※正確な在庫状況は書名をクリックしてご確認ください。
  • 国内送料無料


共感の思想史
  • 和書

共感の思想史

仲島 陽一【著】

  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 創風社(2006/12発売)
  • ポイント 20pt
  • ウェブストア在庫あり(通常、当日~翌日に出荷)
    ※正確な在庫状況は書名をクリックしてご確認ください。
  • 国内送料無料


入門政治学 - 政治の思想・理論・実態
  • 和書

入門政治学 - 政治の思想・理論・実態

仲島 陽一【著】

  • 価格 ¥2,484(本体¥2,300)
  • 東信堂(2010/04発売)
  • ポイント 23pt
  • ウェブストア在庫あり(通常、当日~翌日に出荷)
    ※正確な在庫状況は書名をクリックしてご確認ください。
  • 国内送料無料



2018/04/09 23:52 2018/04/09 23:52
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST