アラブと私 
イラク3千キロの旅(8)
 
              松 本 文 郎

 サマーラの茶屋でチャイを飲んだとき、少し運転を代わろうかと言ってみたが、これから暗くなるとこの道に慣れている私でも危ないくらいですから、とユーセフは真顔で応えた。
 暗くなりはじめた幹線道路をこれから250キロも運転する彼に、気をつけて走るように告げる。
 
 いま思うと、あの時のユーセフとのふたり旅では、助手席で居眠りしている間に見過ごした風景や通り過ぎた町村がかなりあった。
 バスラとサマーワの中間にあったナシリヤ、行く手にあるナジャフなどは、イラク情勢や陸上自衛隊の派遣の報道ではじめて知った地名だ。
 ところで、この連載はワープロで書きはじめたが、掲載紙の編集・印刷はパソコンのワードだと聞き、ソフト変換と送信の便利さから、これまで敬遠していたパソコンを手に入れることにした。

 息子の健、がインターネットでヒューレット・パッカードの安い機種を見つけてくれた。7万円台の値段は国内メーカーに比べて格段に安く、年金暮らしにはうれしかったが、ワードなどのソフトを内蔵していないためと分り、喜びも半減した。
 でも、必要なソフトは買ってインストールすればよく、アメリカ的で合理的な考えであろう。最近、3万円台の“空”のパソコンが、台湾製で出回っているという。重さの1キロはとても魅力だ。
 パソコンを敬遠していた理由は、eメールなどの応対に残日短くなった身の貴重な時間を、パソコンに強制されて費やしたくなかったからである。かのビル・ゲイツが多忙な一日の2,3時間をパソコンの前に拘束されていると知ったからである。

 ケイタイを持たないのも、自分のブログを開設しないのも、他者が寄こしたメッセージに応対せずにはいられない性格の私だからだ。
 デジタル時代に逆らってアナログ人間ぶりを強調するほど頑ではないが、会社人間のころは千2百枚の年賀状の宛名と添え書きを万年筆でやり、いまもまめに手紙を書いている私だ。
 その反面、インターネットの情報検索の便利さには、ただただ驚いている。
 この連載に必要な情報も、あっという間に出てくる。関連事項を次々と追っているうちに、原稿を書き進むのを忘れて夢中になることもしばしばだ。

 インターネットは、世界を変えるにちがいない。
 情報化社会の進展がベルリンの壁やソ連邦崩壊をもたらしたと想うとき、インターネットという道具が人類社会の未来に及ぼす影響には計り知れぬものがあると信じる。
 マイクロソフトの事業で世界一の資産を手にしたビル・ゲイツは、相当額を慈善事業に提供し、自らも世界規模の活動に参画するそうだ。
 彼らは、パソコンの基本ソフトを独占することで巨額の富を築いてきたが、リナックスには、世界の優秀なソフト開発者たちがネット上で協働し、ウインドウズに勝るとも劣らないレベルの基本ソフトを無報酬でつくりあげている。
 グーグルが掲げる理念「パブリック・オープン・フリー」は、商業主義で汚されない限り、人類社会へのすばらしい貢献を果たしてくれるにちがいない。

 ケイタイ人口は世界一、検閲があるものの、国内で生じた事件の非公式な映像がすぐインターネットに流れる中国では、一党独裁の政治権力による情報統制も思うにまかせないだろう。
 ふたりを運ぶトヨペット・クラウンは、暮れなずむ国道を120キロで快調にとばしている。
 長い道のりを運転しつづけているユーセフの横の私も、もう居眠りばかりしているわけにはゆかない。
無事にバグダドに着くために、前方監視の手伝いをしようと目を凝らしたときである。
 100メートルほど先を走っていた車のテール・ランプが点いて急な減速をした。

 それに合わせて徐行し窓から首を出して見ると、渋滞した数台の車列の先に、路肩からすべり落ちた車と人影がある。事故があったらしい。
 渋滞した車は、対向車線の車の合間を計りながら、事故現場を通り過ぎてゆく。
 私たちが現場に近づいてみると、路肩の下に傾いて止まっている2台の車と、路肩に寄せて停まっている数台がいた。落ちた車の屋根に白い帆布で包んだ細長い荷物が載っていた。
 どうやら怪我人はいないようで、人影は、事故の当事者同士と物見高い連中らしい。

 先を急ぐ私たちは、思いがけない安全走行を喚起してくれたハプニングの現場を徐行して通過した。
 運転の居住まいを正したユーセフが、事故の推察を話しはじめる。
 どうやらよくあるタイプの事故のようだ。
 サンドストーム中や暗くなってからの走行では、対向車線をやってくる車のスピードと距離を見定めないと、追い越しのタイミングを失した事故が起き易いという。

 路肩下に滑り落ちていた2台の車の1台がむりな追い越しで、先行車の左側面に接触しながら一緒に路肩をはずしたのだろうと言う。 
 対向車線の車が大型トラックだった可能性はある。
そちらと衝突していたらひとたまりもなかったろう。
バスラ・バグダッド間では、死傷者を伴った事故に
日に一度ならず遭遇したことがあったそうだ。
 ところで、ユーセフが屋根に積んであった荷物に言及したときの私の驚きはふつうではなかった。

 あれは、イランから運んできた死体なのだと言う。 
 イスラム教徒が一生に一度、メジナ・メッカへの巡礼を生き甲斐にしているのは、よく知られている。 それに似て、敬虔な信者が自分の死体を、希望するモスクへ運ぶよう遺言するのも少なくないのだ。
 イランを朝発ったタクシーや親族の車の何台かにこの先で追いつくかも知れませんよ、とユーセフは
さりげない語調で私の好奇心を刺激した。
 辺りはもうすっかり暗くなって、私たちの視野には、先行車のテールランプが遠ざかったり、対向車のヘッドライトが近づいてくるだけだ。
 あの死体は、カルバラのイマームの墓廟に運ばれるのでしょう、とユーセフがつぶやく。

 カルバラにあるイマーム(預言者ムハマンドの血筋のアリーとその子孫)の墓廟は、シーア派教徒にとっての聖地で信者のための巨大な墓地がある。聖地での埋葬を遺言された家族は、イランから千キロを超す道のりをものともせず死体を搬送するという。
 クリスチャンのユーセフが、イスラム教2大宗派シーア派・スンニ派の歴史と聖地カルバラの墓廟の由来を話してくれた。
 ちなみに、スンニ派出身のサッダム・フセインは、イラン・イラク戦争では米国の支援を受けたのに、ブッシュ大統領が前のめりで始めたイラク戦争ではあっけなく抹殺された。

 世界のイスラム教徒の人口の約90%はスンニ派だが、イラン、イラク、レバノンではシーア派が多数派。16世紀当初にシーア派を国教としたイランでは、国民の圧倒的多数がシーア派である。
 1979年のイラン・イスラム共和国の成立から、米国の「シーア派脅威論」が始まった。              


(続く)








2008/10/14 16:08 2008/10/14 16:08
この記事にはトラックバックの転送ができません。
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST