アラブと私

イラク3千キロの旅(62)

 

                                松 本 文 郎 

 

 パーキンスが、自分のやっていることに最初に不安を抱きはじめたのは、私たちが「イラク3千キロの旅」をしていた1971年頃のようである。

 パナマ・ホテルでグレアム・グリーンに出会う6年前のことだ。

メイン社とインドネシア政府、アジア開発銀行、USAID(米国国際開発庁)の契約書にあった基本計画でカバーされる地域調査の任務をパーキンスが命じられ、各地を訪ね歩いたときである。

 地元企業の重役や政治家に会って、経済成長について意見に耳を傾けたが、まるで、彼の訪問を恐れているかのようで、積極的に情報を語ろうとせず、なにかすると上司や役所・ジャカルタの本社に確認しなければ回答できないと言われた。

彼に対して、裏で共同戦線をはっているようで、どことなく、ちぐはぐさを感じていた。

 地方への調査出張は二、三日の短いものだった。

その合間にバンドンのウイスマに戻ったが、そのオフィスを管理する女性の息子ラシーを知る。地元の大学で経済を専攻していた彼は、すぐに、パーキンスの仕事に興味をもち、インドネシア語を彼に教えはじめた。

 数多くの島々からなるインドネシアでは、350以上もの言語と各地域の方言が話されており、異なる文化をもつ人びとを統一するため、公用語は、マレー語をもとにしたインドネシア語が使われるようになっていた。

 ユーモア感覚を持つすばらしい教師ラシーは、「あなたが知らないインドネシアを見せてあげるよ」と、彼のスクーターで町に連れ出して、いろいろな人に会わせてくれた。

 ある夜のこと、小さな喫茶店に集まっている若者のグループに紹介される。

 ラシーと友人たちはパーキンスを仲間のように扱ってくれ、一緒に食事し、音楽を聴き、クローヴシガレットなど彼らの生活に染み込んだ香りのなかで、冗談をかわして笑いあい、そのころ味わったことのない幸せを感じた。

それは、彼の履歴書に書かれていないエクアドルの平和部隊の生活を再現しているようだった。

 パーキンスは自分がどうしてこんな人たちから離れて、世界中をわが物顔のファーストクラスで旅する人生を選んだのか、訝しく思えてきた。

 夜が更けるにつれてますます打ち解けた彼らに、インドネシアをどう思っているか、アメリカがベトナムで戦っているのをどう思うかと訊ねた。

 彼らは口々に「非合法な侵略」に恐怖を感じると訴え、パーキンスも同じ意見と知って、ホッとしたようだった。

 このラシーとの体験がメイン社のチームとは別行動をしたいという気持ちにさせた後日の晩、「ダラン(人形遣い)を見に行こうよ。インドネシア名物の人形芝居なんだ。今晩、町で盛大なのがあるから」

 ラシーは、いかにもインドネシア人らしい笑顔で誘った。

 スクーターの後部座席に乗り、オランダ植民地時代の堂々たる建物やオフィスビルは姿を消し、庶民が暮らす昔ながらの粗末な小屋が密集する「カンポン」とよばれる地区を抜けて進んだ。

 住民たちは貧しく見えたが、身に纏うろうけつ染めのサロン、色鮮やかなブラウス、ツバの広い麦わら帽子は着古されているが清潔で、行く先々で笑顔の歓迎を受けた。

スクーターを停めると子供たちが走り寄ってきて、パーキンスのジーンズの生地に触った。

 近くの街頭劇場へ行くと、数百人の人たちが集まっていた。立って居る者やポータブルの椅子に座っている者がいた。

 バンドンで最も古い地区中心部だが、街灯がないので澄みきった夜空に無数の星が輝いていた。

 少しの間いなくなったラシーが、すぐに、先日喫茶店で会った若者たちを連れて戻ってきて、 温かい紅茶とケーキや、一口大の肉の串焼きにピーナツオイルで味付けしたサティが差し出した。

 音楽がはじまると、さまざまな伝統的な打楽器で合奏するガムランの魅惑的な音色が寺院の鐘を連想させるのだった。

「ダランは、音楽も全部ひとりでやるんだ。何体もの人形を操って、セリフはいくつもの言葉を使い分けるから、ボクらが通訳するよ」と、ラシーが小声で説明した。

人形芝居は、古典的な物語と現代の出来事とを組み合わせたもので、実にすばらしい。

「ラーマーヤナ」から題材をとった古典の物語が終わると、リチャード・ニクソンの人形が登場。ひどく長い鼻とたるんだ頬のニクソンは、星条旗模様の山高帽にエンビ服というアンクル・サムの恰好だ。

 背後に中東と極東の地図が現れ、国名が、それぞれの位置に留め金でぶら下げられている。

 つかつかと地図に近づいたニクソンは、ベトナムを外して自分の口に押しこもうとした。

「おお苦い! ばかばかしい! こんなものは、もういらん」といったようなことを叫び、それを三つ揃いのスーツを着た従者人形がもつバケツに投げこみ、つぎつぎの国をつかんでは、同じ動作をくりかえした。

 だが、つぎに彼が選んだのは、ドミノ効果が懸念される東南アジア諸国ではなく、パレスチナ、クウエート、サアウジアラビア、イラク、シリア、そしてイランだった。

 それらの国名をバケツに放りこむ度、ニクソン人形は「イスラム教徒の犬」「ムハンマドの怪物」「イスラムの悪魔」と、罵りの言葉を叫んだ。

 バケツに投げこまれる国が増えるにつれ、群衆は激しく興奮し、辺りには、笑いと衝撃と怒りとが混然としているようだった。

 パーキンスは、怒りの矛先が自分に向けられはしないかと恐ろしくなり、ラシーが通訳してくれたニクソンのセリフに、いたたまれない気持ちになる。

「これも世界銀行にくれてやろう。さあて、インドネシアからは、どれくらいの金が搾り取れるだろう」 

 ニクソン人形が、インドネシアを地図から外してバケツに投げこもうとした瞬間、物陰から別の人形が飛び出した。その人形は、カーキ色のスラックス姿のインドネシア男性で、シャツには名前がはっきり書かれていた。

 バンドンの人気政治家だとラシーが教えた男は、ニクソンとバケツをもつ男の間に立ちはだかって、「やめろ! インドネシアは独立国家だ!」と、握り拳を高くかざして叫んだ。

 バケツ男が別の手にもっていた星条旗を槍のように使ってその政治家を刺した。

バンドンの政治家は大きくよろめき、倒れこんで死んでしまった。

 観客はてんでに不満や非難の声をはっしながら、拳を振りまわした。

「ぼくはここにいられない」とラシーに云うと、「大丈夫さ。誰もあなた個人を憎んでいるわけじゃないから」といいながら、パーキンスの肩を抱いた。

 それから行った喫茶店で、ラシーと友人たちは、今晩の芝居でニクソンと世界銀行を風刺する寸劇をやるとは知らなかったといった。

「インドネシア人は政治にすごく関心を持っているんだ。アメリカ人はああいう劇を見に行かないの?」隣に座っていた若者がきいた。

テーブルの向かい側にいた大学で英語を専攻しているという美人の学生が、

「あなたが関わっているアジア開発銀行や米国国際開発庁でも同じなんじゃないの?」

「今晩の劇と似たりよったりでしょ? アメリカ政府はインドネシアもどこもかしこも、みんな搾取しようとしているんだわ」

 別の女学生が付け加えた。

「石油を全部手に入れてから、放り出すんだわ」

 そこまで言われたパーキンスは、抗議したいと思ったものの、言葉にならなかった。

 欧米人が足を踏みこないこんな場所まできて、反米劇を最後まで見た事実は評価されてしかるべきとも思った。インドネシア語を習い、彼らの文化を知りたがっているのは、調査チームでは彼だけだと知ってほしかった。

 だが、それを口にするのは憚れたので、あの劇でベトナムのほかはイスラム教の国ばかり選んだのはなぜだろうか、と訊ねてみた。

 英語専攻の女学生が笑い声を立てた。「だって、そういう計画だもの」

「ベトナムは足がかりにすぎない。ナチスにとってのオランダみたいなもの、ただの踏み台だと男子学生が口を挟み、女子学生がつづけた。 

「ほんとうのターゲットは、イスラム世界なのよ」

                                   (続く)



 

添付画像






2012/05/14 18:45 2012/05/14 18:45

アラブと私 
イラク3千キロの旅(12)
 
              松 本 文 郎 

 
 9・11テロの直後に、「われわれと共にあるか、それとも、テロリストと一緒になるか」と、議会の演説で叫んだブッシュ大統領は、イスラム教徒らのテロに報復する十字軍の総大将に見えた。
前のめりで開戦に踏み切ったイラク戦争は、開戦の大義だった大量破壊兵器も9・11と旧フセイン政権を結びつける確証も見つからず、米兵の犠牲とイラク国民の困窮は増すばかりだった。  
 振りかざした侵攻の大義(?)を自由と民主主義の伝道(?)に切り替えたブッシュ大統領の舞台の幕は、間もなく引かれようとしている。

 ユーセフが話したカルバラのシーア派聖廟の由来を記している途中だが、イスラム史初期のスンニ派とシーア派の発祥が、ムハンマドの教義伝承の争いの衣装を纏った共同体統治の権力闘争だったのではと思われ、イラク戦争と宗教の関わりの視点からも道草をつづけ、イラク情勢の重要な変化を書きとめておきたい。
 そうした経過への不満を募らせたアメリカ国民が突きつけたのが、二期目の大統領支持率の史上最低という世論調査結果である。
 戦争に際して米国民が重視するのは、任務の明確さとその成功だとされ、ブッシュ大統領はその双方で大きな過ちを犯し失敗したと見られている。

 今回のブッシュの訪問は、米軍撤退時期についてマリキ首相と取り決めることだったようだが、二○○六年五月の正式なイラク政府の首相に就任してから指導力不足を指摘され続けてきたマリキ首相が、米軍撤退後、イラク国民が求める治安回復と和平を実現できるのかどうか……。 
 求心力のないマリキ政権下で、過激派テロの横行と内戦状態がつづき、治安、行政サービス、インフラ整備などは旧フセイン政権時代よりも悪化したといわれ、人々の生活は一向に改善されず困窮を深めている。
 マリキ首相の政権運営に対するイラク国民の抗議が高まり、彼の出身母体であるシーア派の閣僚辞任が相次ぎ、スンニ派有力会派「イラク調和戦線」も政権から離脱、クルド人参謀長と九人の軍司令官が辞任して、政権はいっそう弱体化した。
 強権で国家を統一していたフセイン政権が消滅してパンドラの箱が開いた結果、シーア派、スンニ派、クルド人らの宗教的・民族的対立が顕在化し、石油の利権をめぐる覇権争いも激化するだろう。
 連載の(3)で書いたように、バスラの油田地帯の利権を巡り、首相直系の治安部隊とサドル師傘下の民兵組織マフディ軍(シーア派同士)との戦闘で多数の死者が出た結果、戦闘はバグダッドにも拡大し、米軍も戦闘正面に出ざるをえなくなった。

 反米宗教指導者のサドル師の背後にいるとされるシーア派大国イランへの非難を強める米軍に押されるように、国民会議のシーア派議員団をイランに派遣したが、「タラバニ大統領とマシュハダニ国民議会議長ら、旧フセイン政権時代からイランとの太いパイプをもつ有力者が主導する問題解決しかない」といわれ、マフディ軍解体の目途どころか、首相の力量不足を露呈するにとどまって今日に至る。
 当時のブッシュ大統領は「イラクの指導部に不満はあるが、更迭を決めるのはイラク国民だ」と言い、次期大統領候補の一人だったヒラリー・クリントン上院議員も「イラク議会がマリキ首相を交代させ、もっと各宗教・民族をまとめられる人物を選ぶよう望む」との声明を出している。

 冷戦下のベトナム戦争で、南の傀儡政権を担いで不当介入した挙句に敗退した教訓を生かせない米国の復元力はどうなったのかと訝っているところへ、なんと初の黒人大統領バラク・オバマの登場である。
 小田 実なら、この待望の歴史的瞬間を書く横道をさらに歩きつづけただろうが、私は後にしよう。    
 イラクでは、拘束された記者の早期釈放を求めるデモ行進が報じられ、「靴で敵(米国)を打ちのめした」「ブッシュ(大統領)に最高の贈り物をした」のメールが活発に飛び交っているという。
 イラク戦争をミスリードした不名誉の挽回を画策したブッシュ大統領は、この著述の冒頭で引用した自作の替え歌どおりにホワイトハウスを出て、芝生のある自宅での気ままな暮らしに戻るだろう。
 しかし、アメリカ発の世界同時経済不況が民衆の暮らしに深刻な事態をまねき、世界各地域で米国に対する見方が悪化している状況では、ブッシュ政権の今後の評価はきわめて否定的なものになるにちがいない。

 マーチン・ルーサー・キング牧師の「夢」を叶えたオバマが、はたして、期待される「チェンジ」を米国と世界に巻き起こせるか。世界中の人たちが米国民と共に見守るだろう。
 リンカーンの「奴隷解放百年」を期した人種差別反対のワシントン大行進で二十五万人の先頭に立ったキング牧師が、あの「アイ・ハブ・ア・ドリーム」の歴史的演説をしたのは一九六三年。
 ケネディが大統領に就任した六一年にオバマが生まれたというのも、奇しき縁ではないか。

 公民権法案を議会に提出して差別撤廃をめざしていたケネディ大統領は、キング牧師をホワイトハウスに招いたが、テロの凶弾に倒れた。翌六四年に法案は可決されたが、六十八年、理不尽にもキング牧師は暗殺されてしまった。
 奴隷解放から一世紀半近く経ってようやく実現した黒人大統領。その道筋で、リンカーン大統領の暗殺をはじめ、邪悪なテロによっておびただしい血が流されてきた。

 ブッシュ大統領は、9・11テロへの自衛攻撃として強引にイラクへ攻め込んだが、米国の歴史は、自国民の手によるテロで血塗られているのだ。
 憎悪が憎悪を増幅して、果てしない殺戮の応酬が繰り広げられる現実が私たちの目前にある。
 キング牧師は、戦争と暴力の二十世紀に非暴力の抵抗を唱え祖国インドの独立を勝ちとったガンジーを尊敬し、彼から多くを学んだ人だった。
 だが、植民地主義のイギリスからの独立を導いた宗教的聖人で政治的指導者だったガンジーもまた、凶弾に倒されてしまったのである。
 ガンジーは、「真理が神」と唱え、世界の宗教はすべて一本の大樹の枝や葉でその根は一つなのだ、と壮大な宗教観を説いていた。スンニ派とシーア派は、大樹の一枝である「イスラム」の葉っぱ同士ではないか。

 ムハンマド後継の正統性をめぐるスンニ・シーア両派の抗争が、共同体統治の権力闘争の大義を主張しあう争いだったように、イラク侵攻の決断をしたブッシュ大統領が、「これは十字軍の戦いだ」と叫んだのは、宗教戦争とみなされていた十字軍の目的が実は版図拡大にあったとする最近の歴史学の定説に符合している。

 人類史のおびただしい戦争の動機は、政治・宗教権力の版図拡大であったが、異教徒や異端を滅ぼすことを大義としても、“衣の下に鎧が隠されていた”のは、古今東西に変わりはないようだ。
 そもそも、国や民族の「歴史」は、権力者の側に立って書かれたものが多く、国民国家でさえそうだから、“歴史認識”の論争が生じるのだ。
                  (続く)




添付画像




2009/01/30 10:12 2009/01/30 10:12