アラブと私
イラク3千キロの旅(44)

                               松 本 文 郎 

 それは、アラブ諸国の中でイラクほど、雑多な少数民族を抱える国はないからだとしている。先に述べた北部一帯のクルド人は人口の一割を占め、東部にはイラン人、その他の地区に、アルメニア人、アッシリア人、カルデア人、トルクメン人などが住んでいる。これらの他民族を強権で統治していたオスマン帝国が滅亡した前年(一九二一年)、イギリスは、第一次大戦後の中東政策のため、メッカ・ハシム家のフセインの三男ファイサルをつれてきて名目上の独立を与え、親英派の王様にすえた。

 この建国からカセムによる王制打倒までイラク王国を維持したのは、オリエントのビスマルクと呼ばれたヌリ・サイドだった。
 サイドは、バグダッドに生まれ、メッカの太守フセインが「アラビアのロレンス」とともに起こした「砂漠の反乱」に参加してロレンスの信頼をえ、アラブ独立軍によるダマスカス陥落後、同市の駐留司令官に任じられた。
 イギリスは、第一次大戦後のエネルギー源が、石炭から石油に切り替わることを見通し、イラクの油田を確保するために、ロレンスとの出会いで親英派となったサイドにイラクを託したのである。

 こうして書いていると、東京オリンピックの前年に見た、『アラビアのロレンス』の数々の名場面が、走馬灯のように駆けめぐる。
 印象的なシーンを、ウイキペディアの「アラビアのロレンス(映画)」の紹介記事をなぞって略記しておこう。(文責は筆者)

○イギリス陸軍のエジプト基地に勤務する情報部の少尉(筆者注・中尉ではないか)ロレンスは、アラビア語とアラビア文化に詳しく、オスマン帝国からの独立闘争を指揮するフイサルと会見し、イギリスへの協力を取り付ける工作任務を受ける。

○アラビアへ渡ったロレンスがラクダを乗りこなせるようになり、ヤンブーのアラブ人基地で苦戦していたファイサルに面会する前に砂漠で出会ったのが、オマール・シャリフが演じたハリト族のシャリーフ(太守)のアリだった。(部族と人物は架空)

○ロレンスは、フアィサルのアラブ独立闘争への協力を約束し、アラブの勇士を率いてネフド砂漠を渡り、オスマン帝国軍占拠の港湾都市アカバを内陸から攻撃する電撃作戦を立てる。

○延々とつづく夜間行軍の間の美談や悲劇を経て、アカバ湾に向けられていた砲台を背後から奇襲し、アカバは陥落した。

○ダマスカス攻略では、金目当ての山賊らも加えた攻撃的な部隊編成で進軍して、イギリス陸軍の正規部隊より一足先に、ダマスカスをオスマン帝国軍から開放した。

○陥落を陸軍司令部に報告するためスエズ運河に向かう途中、シナイ砂漠の蟻地獄で部下のアラブ人少年の一人ダウドを失う。

○満身創痍にアラブの衣装をまとったロレンスが司令部に辿り着いて、もう一人の少年ファラジと建物に入るのを見て、居合わせた軍人たちが驚愕する。

○司令部のカフェで、「アラブ人は外に出せ」との苦情を浴びたロレンスは、ファラジにレモネードをご馳走する。

○このシーンは、フセインがめざしたアラブ独立のための「砂漠の反乱」に同行したロレンスが、司令部が命じたイギリス軍のための後方撹乱作戦ではなく、アラブ人にアラブを取り戻す聖戦として戦ったことを暗示していて、感動的だった。

○オスマン帝国との凄惨な戦闘では、オスマンの大量虐殺への復讐を懇願するアラブ戦士と共に、ロレンスの部隊も大量虐殺の復讐で深みに嵌る。

○精神的に荒廃したアラブ戦士らは、アラブ国民会議でエゴを主張し始め、開放されたダマスカスの街に、電力不足、火災の続発、病院のなおざりなどが横行した。

○アラブ国民会議に失望したロレンスは、「砂漠など二度と見たくない。神かけて」と、アラビアを去る決意をする。

○ファイサルの「砂漠の反乱」を共にしたアリは、「敬愛しつつ恐れたロレンスだが、彼自身、己を恐れていた」と語る。

○オスマン帝国から解放されたアラビアに、もう、ロレンスは必要ではなかった。老練なファイサルは、フサイン・マクマホン協定を信じて、イラク・シリア・アラビア半島を包含する大アラブ王国を構想し、白人のロレンスが、」アラブ反乱を指揮した事実が邪魔だった。

○オスマン帝国をサイクス・ピコ秘密協定で分割(フランス・ロシアと共に)することを目論んだイギリス陸軍の将軍にとっても、大アラブ王国を支持して奔走するロレンスが政治的に邪魔な存在となっていた。

○ファイサルは、「もうここに勇士は必要でない。戦った若者の長所は勇気と未来への希望で、協定を進めてゆくのは老人の仕事。老人は平和をつくるが、その短所は平和の短所でもある。つまり、不信と警戒心なのだ」と語る。

○去ってゆくロレンスに、ファイサルの「あなたに対する私の感謝の気持ちは計り知れない」との言葉は虚しく響くばかりだった。

○ロレンスは、イギリス陸軍の英雄として大佐に昇進したが、大きな失意を抱いてアラビアから追放された。

 
 思えば、北アフリカ・中東の独裁政権の国々で起きつつある市民レベルでの覚醒と抗議行動は、かのトマス・エドワード・ロレンスが、アラビアで夢想した中に、含まれてはいなかっただろう。アラブの地をアラブ人の手に取り戻そうとしたメッカの太守フサインは、イギリスの駐エジプト高等弁務官ヘンリー・マクマホンと「フサイン・マクマホン協定」を結び、砂漠の反乱(対トルコ戦協力)の条件に、アラブ人居留地の独立支持の約束を得た。
 翌年に、アラブ地域の分割を決めたイギリス・フランス・ロシアによる密約「サイクス・ピコ」協定が結ばれ、翌々年、パレスチナへのユダヤ人の入植を認める「バルフォア宣言」が出された。
 イギリスが主導したこれら一連の協定や宣言は、アラブ人の領袖フサインに、オスマン帝国の配下にあったアラブの独立を承認する一方で、ユダヤ人国家のパレスチナの地での建設を支援する約束をするなどの矛盾する対応が、現在に至るまでのパレスチナ問題の遠因になったといわれている。
 一連のイギリス政府の行動が、当時から、三枚舌外交と呼ばれたのは、悪質な秘密外交が問題とされたのであり、協定と宣言相互の内容的矛盾が問題になったのではないとされる。
 フサイン・マクマホン協定に関る第二書簡での線引きには、レバノンやシリアの地中海側などのフランス委任統治領やパレスチナ・エルサレムは含まれていないので、この協定とバルフォア宣言の間には矛盾はないとされ、一九一九年のファイサル・ワイツマン会談で、パレスチナへのユダヤ人の入植促進に合意している。
 二十世紀以降のイスラム史やパレスチナの歴史に関するウイキペディアの記載には、立場の違いによる諸説への加筆・訂正の協力者が求められている。
 突如、当該地域に起きた「民主化・政変ドミノ」の刻々変化する事態の推移に従い、協力者の数は急増するのではなかろうか。
 今回の中東革命は、つまびらかな論議・検証は専門家にまかせるとしても、良くも悪くも、第一次大戦後の列強によるアラブの委任統治と近代化に端を発していると想われる。
 それにしても、クーデターでファイサル二世を殺害したイラク革命のカセム准将とアレフ大佐、その翌年、カセム首相に対抗した内紛でモースルに立てこもって殺されたシャワフ大佐は、なぜか、みんな大佐だった。
 イラク革命から五十八年のいま、北アフリカのエジプト・リビアで巻き起こっているのは、革命戦士だったムバラク大佐とカダフィ大佐の退陣を求める若者たちのシュプレヒコールだ。
 なにの因果か、ロレンスも本人の意思に反した昇進で、大佐になった。
 調べる気もないが、五・一五事件や二・二六事件のリーダー格の将校にも大佐クラスがいたのではなかろうか。
 かってのムバラク大佐もカダフィ大佐も共に、権力を手中にしてから次第に変節し、富と名誉を独占する欲望の虜に成り果てたようだ。
 百姓から天下人に登りつめた、庶民の英雄秀吉といい、田中角栄も、また然り。
彼らを苦労して育てあげた母親たちは、息子の迷妄をなげいたが、アラブの大佐らの母親たちは、ムハンマドが受けた啓示のクルアーンに拠って、その愚行を諭さなかったのであろうか。
 北アフリカ・中東の緊迫の事態がどう展開するか、次回も道草をつづけて、見守りたい。
                            
                                 (続く)


添付画像



 

2011/02/21 11:08 2011/02/21 11:08

アラブと私 
イラク3千キロの旅(19)
 
                    松 本 文 郎 
 
「バビロン」はメソポタミアの古代都市。アッカド語の「バビリム(神の門)」に由来するとされ、その記録は紀元前三千年代の末に登場する。
 この地にアムル人がバビロン第一王朝を建設し、前十八世紀、六代王のハンムラビがメソポタミアを統一した。
後に、アッシリア帝国などの支配を経ながらも、メソポタミアの中心都市でありつづけ、貿易・商工業が栄える物資の集積・交換の拠点だった。
 紀元前六百年代、新バビロニア王国の首都となり、イシュタル門や空中庭園などの建造物が造られて、古代エジプト文化に匹敵するオリエント最高の文化と繁栄を謳歌したという。
 だが、栄枯盛衰は世の常。 
 新バビロニアが、アケメネス朝のペルシャ王国に滅ぼされてからはペルシャの一都市にすぎず、度重なる洪水などの破壊もあって、大都市の面影を失い、さびれた土地になってしまった。
 前に書いた、「バベル」に「混乱させる」という意味があるのは、天に届く巨大な塔を造ろうとした人間の驕りに怒った神が、それまで一つだった言語を多くの言語に分け、石工たちの意思疎通を混乱させて塔の建設を中止に追いやったと、旧約聖書にあるからだ。
「バベルの塔」は、尊大で可能性のない架空の計画を揶揄する比喩として、今日でも使われている。
 
 トヨペットクラウンを快調に走らせ、アハラムとアラビア語で会話していたユーセフが、「もう少しでサマーラです」と告げた。
 ジャミーラは踊りつかれたのか、私にもたれかかって眠りこんでいた。おませぶってもやはり子供だと思いながら、スリムな体から伝わってくる車の振動を感じながら、夢現を漂っていた。
 しばらく走って、サマーラの街はずれにある遺跡に着いた。
瓦礫まじりの砂の広がりに、不思議な塔が立っているだけで、辺りに人影はなかった。
 ともかく、五十米もある塔に登ることにした。
 上にいくほど螺旋状に細くなる塔は、外周に付けられた幅二米に満たない斜路を歩くしかない。
 駅のプラットフォームのように手すりがないから、塔体側へ身を寄せて登らないと、足を踏み外したらたいへんだ。
 ユーセフとアハラムが先を行き、私はジャミーラと手をつなぎ、滑らないように注意しながら塔頂へと向かった。
勾配は息切れするほどではないが、ときどき立ち止まり、前より高くなった視点から周辺を眺めた。 見渡すかぎり、起伏した荒地が広がってるだけだ。
 ようやくたどり着いた塔頂部は、直径二、三米の円筒状で、ここにも手すりや柵はない。
 強い嵐が吹けば小さな子供には危険だし、サンドストームなら、大人でも吹き飛ばされるだろう。ジャミーラと繋いだ掌が汗ばんできた。
 塔の天辺から三百六十度の茫漠とした風景を眺めながら、村田教授から学んだメソポタミア文明での都市建設と王土隆盛のさまをイメージする。
「空中庭園」が建設されたと伝えられるバビロンは、バグダッドの南九十キロの地点だから、サマーラとはかなり離れている。
村田教授の講義で、一八九九年のバビロンの地で発掘された聖塔が、八層の階段状で頂上に神祠があり、基礎の巾と高さが九十米だったのを思い出した。
ルネッサンスの画家ブリューゲルが「バベルの塔」を描いた当時は、考古学的発掘調査などなかったから、旧約聖書に触発された彼の想像力のすごさに、ただただ脱帽だ。
「空中庭園」の彼方には「バベルの塔」らしい螺旋状の壮大な塔が描かれている。
それに比べ、サマーラの塔は小ぶりで単純な形体なのだが、イスラム帝国が、千三百余年も遡る古代伝説の「バベルの塔」に似た塔を建設したのには、おおいに興味をそそられる。
天をめざす塔は、ユダヤ・キリスト教とイスラム教が同根であることを象徴しているのではないか。
 
 いま、サマーラの塔に登ってから四十年近く経て思うのは、天をめざして林立したゴシックの教会建築や、人工都市ドバイの超高層ビルの建設ラッシュを、「神」はどのように見ておられるのだろうか、である。
 人類史のさまざまな塔が象徴するのは、神への信仰の証か、懲りない人間の驕りなのか……。 
日米が経験したような不動産投資のバブル崩壊は、相変わらずの人間の欲深さへの「神」の怒りの現れではないか。
 クウエート在勤時のドバイでは夢想もしなかった超々高層ビル群の映像をみるたびに、「バベルの塔」や「砂上の楼閣」の文字がアタマをよぎる。
 
どうやら、「バベルの塔」の故事など、アハラムとジャミーラには興味がないようなので、長居無用と、塔を降りることにした。
下りは姉妹を先にして、私たちは古代バビロンの都市の話をしながら、ゆっくりスロープを歩いた。
アハラムは妹の手をしっかり握り、滑らないように気をつけて足をはこんでいる。
時に弾けるような笑い声をまじえて話しているのは、私たちのことなのか、女同士の他愛ないやりとりか。ユーセフが聞き耳を立てている様子はない。
古代バビロンの伝説でユーセフに聞きたかったのは、幻の建造物とされる「空中庭園」である。
バグダッド工大で土木技術を学んだとき、なにか教えられたのではないか知りたかったのだ。
 
ユーセフが話したのは、概略以下のことである。
 クリスチャンの土木技術者としては、旧約聖書にある「バベルの塔」や七十年前にドイツ人によって発掘されたバビロンの都市遺跡に、強い関心をもっていた。
 古代建築史の講義で発掘調査の概要を聞いたとき、この地に壮大な都市があった史実をイラク人技術者として誇らしく感じたそうだ。
 ドイツ人の考古学者が掘り当てた古代都市の遺跡発掘調査は十年間休みなく行われ、その驚異の規模と壮麗さが明らかにされた。
 その遺跡こそ、紀元前六百年頃の新バビロニア・ネブカドネザル二世大王時代の最盛期の繁栄のなかで建設された、古代オリエント最大の都市バビロンだったのである。
 権力と富の集中で空前の繁栄をとげたバビロンは人口数百万の巨大都市で、市中には数々の大神殿を建立し、首都を取り囲む城壁は巾二十四・高さ九十米で、延長六十五キロに及んだ。
 この大城壁には、一定間隔で二百五十もの防御櫓と青銅造りの巨大な門が百あって、頂の巾は四頭立ての戦車が走れるほどだったという。
 首都バビロンの表玄関のイシュタル門には見事なライオンのレリーフがほどこされ、両脇に塔を配し、前後二段構えの立派な門だった。

                      (続く)




添付画像
バビロンの遺跡



2009/09/27 00:39 2009/09/27 00:39

アラブと私
イラク3千キロの旅(1) 
          
                       松 本 文 郎
 
 3月19日の朝日新聞「天声人語」に、ブッシュ大統領が記者団との夕食会でお披露目した替え歌のことが書かれていた。
「思い出のグリーングラス」の節で、
♪古いホワイトハウスを出て、気ままな暮らしに戻る、平壌の心配もしなくていい、もうすぐ、わが家の芝に帰る……
♪古い仲間のコンディー(ライス国務長官)と、チェイニー(副大統領)は、僕にサウジの話をするが……
♪あなたがた(記者)も私をいじめた日々を懐かしむ……

 その歌唱はやや調子はずれだったようだ、とも。 冒頭に、「能天気だとあきれるか、無責任だと怒るかは、人によりけりだろう」とあるが、その両方と思われる。
 イラク戦争開始から5年になろうとしている今、ブッシュ大統領は「大規模なテロは減った。イラクにはまだ多くの課題があるが、和解が始まっている。イラク人の未来は彼らの手中にある」と一般教書で述べている。
 WHOの推計では、米軍兵士の死者は約4千人、イラク市民の死者は昨年6月までに15万人に達したとされる。

 大量破壊兵器を理由にフセイン政権撲滅の戦争を勝手に始めたブッシュ政権の替え歌には、コメントをするのもアホらしいが、国土を目茶苦茶にされ、国内外に400万人もの難民が生じているイラクの人びとにとって、この戦争はいったい何だったのか。 アメリカ型の自由と民主主義を押しつけながら、イラクの石油利権を狙い、戦争継続による軍事産業の繁栄を、政・官・産の連合で押し進める米国は、次期大統領によって変えられるのだろうか。

 1971年、私は仕事で滞在していたクウェートからイラクを訪ねるチャンスを手にした。
 バスラ、バグダッド、さらに北上してモスルまでの往復3千キロの旅は、とても貴重な体験だった。 春休みの旅の目的は特になかったが、小田 実の『何でも見てやろう』に触発された気分でいたことだけは確かだ。
 同行者のユーセフはコンサルタント事務所で働く現地採用の工事監督で、仲間のアルベアティと同じイラク人だ。他にインド人のシンとクマールがいた。
 背が高く細身のユーセフは、アラブ的ないい顔立ちをしており、わが事務所で働く直前はバグダッドで灌漑土木工事の監督をしていた。
 背が低く小太りのアルベアティは、英国の軍隊で働き、英国人妻を連れてバグダッドへ帰ってすぐにクウェートに来て、我々に雇われた。
 イラクへ帰国したとき軍用機を使ったと自慢していたが、無邪気な風貌と言動からみて、M5のような諜報機関にいたなどと疑うまでもない好人物。

 当時のイラクは、1958年のクーデターで王政を倒して共和国になって13年、二度のクーデターを経て、ハッサン・バクル大統領が率いるバース党政権が登場して3年目だった。
 この大学出のイラク人エンジニアらは、共和国になった自国の仕事より、一人当たり国民所得が世界一のクウェートのテレコムセンター建設工事現場に魅力を感じてやってきたのだ。
 ところで、目的のない旅ながら、敢えて言えば、バグダッドに住むジプシーのアハラム嬢との再会を楽しみにしていた私だった。
 アハラムに出会ったのは、私がクウェートに着き、独身宿舎に住む以前、10日ばかり滞在したホテルだった。    
 褐色ですらりとした肢体の彼女はツタンカーメンの王妃のネフェルティティのように大きな黒い眼をしていた。食堂で初めて眼を交わしたときのトキメキは40年近くたったいまも鮮明だ。
 「アハラム」は、アラビア語の「夢」でエジプト国営新聞の紙名でもあった。

 湾岸小国「石油に浮かぶクウェート」は、国益上、アラブの宗主国エジプトに対して特別の配慮を余儀なくされる関係にあり、クウェートテレコムセンターの工事受注者は、クウェートの国策で随意契約になったエジプシャン・カンパニーというエジプトの国営建設会社だった。
 クウェート国全体の電気通信施設コンサルタントのわれわれとしては、通信設備だけでなく建築工事も国際入札で受注者を選ぶようにアドバイスして、日本の大手業者も推薦したが受け入れられなかった。

 私が着任したのは着工後2年ほどしてからだが、イラクの旅の後、大変な苦労が始まったのである。 不思議な微笑をまとうアハラムは英語を話さず、私はまだ、アラビア語の片言も知らなかったので、毎朝ホテルへ迎えに来るユーセフの通訳で、いくらかの言葉を彼女と交わすだけだった。

 ホテル滞在の終りころ、アハラムがバグダッドへ帰ると言ったとき、イラクを訪ねる機会があったらまた会えるといいね、とユーセフに伝えさせた。
 満面に笑みを浮かべた彼は、とても親しそうな声で彼女に話していたが、アラビア語では何を話したのか、私にはまったく分からなかった。
 ホテルからハワリ・フラットという宿舎に移ってしばらくしてから、アラブの星ナセルが急死した。 テレコムセンターの工事現場は、一日の喪に服すことになった。
 英字新聞には、カイロで走行する市内バスの下に身を投げて殉死を図る労働者らの写真付き記事が大きく掲載された。
 アラブへの私の関心には、アラビアのロレンスの活躍と苦悩、アラブ連合の創設とその大統領兼首相ナセルへの親近感があったので、工事現場で行われるナセル追悼の式典に参加したくなった。

 エジプシャン・カンパニーの責任者ムカデム氏は、コンサルタント事務所の建築班責任者の私の意図を測りかねながらも、発注者であるPTT(郵電省)次官顧問のエジプト人建築家ボーラス氏と並びの席を会場に設けてくれた。日本人エンジニア数人は、唐突な私の行動を、あきれ顔で傍観していた。

 大学生時代にはまったくのノンポリだった私も、60年安保改定の強行採決の雨の夜の国会周辺デモや小田 実らの「ベ平連」デモには自発的な気持で参加したが、東西冷戦のキナくさい国際情勢下で、欧米先進国の利権争いが交錯するアラブの連帯した自立と発展を願っていたのである。
 
 ハワリ・フラットを出発したトヨペットクラウンは、きらきらと緑青色に輝くアラビア湾にしばしの別れを告げ、クウェート旧市内を後にして、バスラに通じる砂漠の一本道をひた走った。
 砂漠右手の数キロ毎に、我々が設計・監理をしている工事中の無線送信所や無線受信所、衛星通信用アンテナ施設などが姿を見せた。

 クウェート・バスラ間の国道は、クウェートへの物資運搬の動脈である。
 時速100キロで走る大型トラックと擦れ違うと、140キロで走っている我々の乗用車は、吸い込まれるように対向車線側に移動する。
 衛星通信用アンテナ施設から30分ほどで、国境のバスラ検問所が見えてきた。    
 怪しまれることはなくても、かなり緊張する。
                                   
                                                     (続く)





2008/06/20 18:05 2008/06/20 18:05