アラブと私 
イラク3千キロの旅(28)
 
                              松 本 文 郎 

 
 官庁発注工事をめぐる発注側への接待や贈物は、古今東西にみる慣行だが、国のレベルでも、逞しいアラビア商人の血脈に呼応した手練手管を駆使して、石油資源の確保やインフラの構築をねらう欧米諸国間の受注競争が熾烈に展開している。
 フランスが最新鋭戦闘機ミラージュを供与したとの報道を目にしたし、一九六九年に技術協力で滞在したイラン革命前の王政下の高級官僚たちが、欧米メーカーの受注をねらう供応の渦に巻き込まれている、と志あるイラン人技術者は嘆いていた。

  二○一○年の今でも、ベールに包まれたムスリム(イスラム教徒)女性には、むりやり黒い衣を被らされ、家の奥に閉じ込められて抑圧されているとのイメージがあるようだが、一九七一年の当時、同じことを訊いた私に、アハラムは、それは大きな誤解ですよと応えた。
「ムスリムにも、近代化をのぞむ人たちがいる一方、保守的な人らもいるわけで、国や地域、家庭でも、さまざまな社会と生活のかたちがあるのを理解してほしいです」
「西欧から見たアラブの女性観は、「千夜一夜物語」のイメージが先行し、「四人妻」や「ハーレム」などと男性の興味をそそることばかりですが、高校で学んだ「女性の生き方」の授業は、保守的なムスリムの女性観とは無縁なものだったのを分かってもらいたいです」
「世界のどの国でも、男尊女卑の亭主や従順なだけの妻はたくさんいます。アバイヤが覆っている下に、鮮やかな色とりどりの衣服をまとっているのをご存じでしょうか」
 運転しているユーセフの隣のシートから振り向いたアハラムの顔は耀いていた。。
 クウエートの街角で、風に煽られたアバイヤの下に、真紅のミニドレスを見てハッとしたことがある。
 一説では、彼女らは風がアバイヤを翻すのを期待しているという。さもありなん、と思う。

 アハラムはつづける。
「目にもあやな彩りのドレスを纏うように、女性の生き方は色とりどりなのです」(「人生いろいろ」の歌の文句のように、女もいろいろ、男もいろいろである)
 アハラムの周辺でも、男のいいなりになるどころか、男を牛耳る女性もいるし、スウェーデンやアメリカの女性のように自立し、社会進出した場で高い地位についている人も少なくないそうだ。
 大学に進学していないアハラムの将来を、父親がどんなふうに考えているのかを、ホームパーティの席で聞いてみたくなった。クウェートの国会議長を父にもつ郵電省・次官のアルガネイム氏の夫人は、バグダッドの豪商の息女だそうで、イギリスがイラクとクウェートの国境を勝手な線引きで決める以前は、両国は一つの地域だったのだろう。
アハラム一家の親戚一統もクウエートで仕事や商売をしているそうで、アハラム親子も国内旅行の感覚で出入りしているにちがいない。
イスラム発祥の地アラブでは、南のシバの女王、北のパルミラのゼノビア女王のような傑出した女性が歴史に名をとどめている。

 イスラムの発祥以前の一般女性が生きたようすは、「ムハンマド伝」などの信頼できる史料で知ることができるそうで、そこに書かれている女性たちは、驚くほど自由・闊達に生きて、その数も非常に多いという。
 ムハンマドが結婚した十五歳年上のハディージャは大実業家であり、シリアとの交易の雇い人の一人だった彼の能力と人柄をみて、彼女のほうから結婚を申し込んだと伝えられる。
 孤児として育ち、幼いころから働きはじめた彼は、この結婚で安定した暮らしをしている中、ヒラーの洞窟にこもって瞑想にひたり、アッラーからの天啓の声を聞いたとされる。
 天啓を世に広めようとしたムハンマドは、メッカの商人らの迫害を受けることになるが、姉さん女房のハディージャはムハンマドと共に敢然と戦って、「イスラム勃興に女性の力あり」といわれる。
 このほか、いまのキャリアウーマンの活躍に似た記録が数多くあり、古今のアラブで尊敬されている詩人であった女性や、名医として名の高い女性などが、自由奔放に生きていたようだ。
 彼女たちが、男性に自由に結婚を申し込み、悪びれずに離婚していたというのも、すごい。
 そのころの社会の全体像には分からないことが少なくないが、母系社会の傾向があり、妻問婚の形も多かったとようだ。
 結婚した男女は妻の実家のそばに住まいを作ったとあるのは、古代の日本にもあった母方居住に似ている。
 アハラムが結婚する相手が、もし、家業の建設請け負いを継ぎ、親と一緒に住むのも選択肢の一つだろうね、とユーセフをアタマにおいて言おうとしたが、余計なお世話です! と言われそうで止した。
 何はともあれ、「クルアーン」の男女関係の規定は、「男女平等」の理念で貫かれていると認識するのが一番のようだ。
「クルアーン」は、アッラーとの対話で豊かな人生を送る現世での成功、来世では天国で平穏な暮しを願う生き方を教え、男女はそれぞれの特性を生かして平等な権利を享受できる、と訓えている。
女性の特性には、子供を産み育てる母性に最大の価値がおかれ、その人類存続のための役割を男性が尊敬し大切にするように求めるのがモスリムである。
 男性の特性では、己の稼ぎで妻子を養うことと、女性を庇護することが求められているのである。
 イスラム法(「クルアーン」とムハンマドの言行を記した「ハディース」の集成・シャリーア)の中心「家族法」には、結婚は男女の間でなされる契約で、結婚結納金(マハル)も離婚のマハルも、男が支払うように定められている。
 このしきたりは、イスラム勃興以前からの女上位から出たとする説があるが、クウェートの事務所に勤めるインド女性から、結婚の結納金を貯めるために出稼ぎに来ていると聞いたのを重ねると、世界のあちこちにある慣習・制度と考えられる。
 離婚のマハルが、結婚のときよりはるかに高額なのが一般的とかで、子供をはぐくむ女性の離婚保険か社会保障制度の観がある。
 クリスチャンのユーセフでも、アハラムのようなムスリム女性と結婚するにはマハルが必要なのだろうか。しっかり稼げるよう応援してやりたいものだが、社会主義的なバアス党政権はイスラム法の履行を否定しているかもしれない。
 アハラムに訊ねるのは憚られるので、パーティでそれとなく父親に聞いてみることにしよう。
「クルアーン」の規定「四人妻」は、男性たちから羨望と好奇の目でみられているが、この啓示の背景には、ムハンマド時代にイスラム迫害のメッカ商人との戦いで急増した未亡人・孤児を救済する目的があったようだ。
それは、ムハンマド側が負けて多数の男らが戦死した、六二五年のウフドの戦いの直後に啓示を聞いたとされることからも推定できる。
 今では一夫一妻制のムスリム国家も多く、そうでなくても、一夫多妻の数は極めて少ないのである。
 クウエートの高級住宅地に、まったく同じ設計の住宅が四軒並び、それぞれのガレージに高級ベンツが納まっているのを見かけるが、独身貴族を謳歌しているクウェート人エリートのサビーハ(第2回を参照)に言わせると、一人の女でもたいへんなのに、四人もの妻と契約して、平等に満足を与えるなんて、狂気の沙汰ですよ! だ。
 それを聞いたユーセフが、クッ、クッと含み笑いをしながら言った。「ホントに、バカゲてます」
 私の英語を、アハラムは分かっただろうか……。
                                                   (続く)


添付画像







2010/04/15 14:52 2010/04/15 14:52

アラブと私 
イラク3千キロの旅(5)
              松 本 文 郎

 
 ナツメヤシの葉陰のテーブルで、ユーセフに聞いた話のあらましは、こうだ。
 バグダッド工科大学の授業で学んだ土木技術史の本に、旧約聖書より2千年も前に楔形文字で書かれた天地創造と大洪水の神話があった。
 二つの神話のあら筋からみて、これは、旧約聖書の「創世記」の元といえるのではないかと思ったという彼の話に引き込まれた。
 シュメル人は、5千年前に、ティグリス・ユーフラテスの河口地帯に住み、両川の水を利用した灌漑農耕と家畜の飼育で暮らした民だが、民族・言語学的な系統は不明で、ユーセフの祖先とはかぎらない。
 だが、彼らは人類始めての文字を創出し、湿地に生える葦の茎を尖らしたペンで粘土板に楔形文字を書き、天日で乾かして記録とした古代文明の草分けだから、ユーセフにとっての「シュメル神話」は、私にとっての『古事記』にあたるのではないか。

 古代オリエント学の泰斗、三笠宮崇仁著『文明のあけぼの』にも、旧約聖書の「ノアの洪水・箱舟」の記述が一貫した筋書きになっていないのは、千年にわたって書き継がれた「創世記」に、シュメルの洪水神話など複数の古い伝説を取り込まれたからだと書かれている。
 同著に、紀元前3千年にシュメル人が記した大洪水の物語が、その後メソポタミアに侵入した諸民族に受け継がれ、前2千年紀前半の古バビロニア時代の『ギルガメシュ叙事詩』にも書かれていることが記されている。
 それは、ユーフラテス川岸のシュルッパクという古い町に住んでいた神々が洪水を起こそうと考えつく
話で、旧約聖書の「ノアの箱舟」の物語に発展したらしい。 

 シュメル人の天地創造神話には、「原始の海」から天と地が分けられ、その中間に生じた大気から、月、日、星が生じたとあり、別の神話に、アン(天神)、エンリル(大気神)、エンキ(水神)、ニンフルサグ(豊饒の女神)が、人間を創造し、草木やけものをつくりだしたとある。
 余談ながらここで気づくのは、旧約聖書では唯一の神が、2千年前には複数の神々だったことである。ユダヤ教が成立する以前の各民族の宗教が多神教だったことは定説になっている。

 これらの大洪水神話が、人間ほかのさまざまな動植物をつくったものの、人間がふえるにつれて悪いことばかりするようになったのを神々が怒り、創造物の一切を地上からぬぐい去ろうとした点は共通している。
 ただ、旧約聖書では正義の人ノアだけは助けようと、彼と3人の子の3夫婦、あらゆる種類の生物のつがいを3階建ての箱舟にのせたが、シュメル神話の舟は7階建てになっているそうだ。

 この箱舟が漂着した「アララト山」の場所については論議があるようだが、洪水の跡がウルの考古学的な発掘調査で見つかり、前記シュルッパクやキシュという町が大洪水に襲われたことも判ったのは、画期的な発見だった。
 ユーフラテスが運んだ数米の粘土層の下に、石器や遂石や土器が多数まじる堆積物の層が見つかったのだ。
 バグダッド郊外で灌漑施設の掘削工事監督をしていたとき、深さ6米の水路の底から出た土器が実家にあるから、イラクの旅の記念として、私に進呈すると言うユーセフ。

 数日後、バグダッドの博物館で同種の壷を見ると、なんと、紀元前2千5百年前とあった。
 今、わが家の「廊下ギャラリー」に設けた旅の思い出を並べた陳列ケースに鎮座している。

 
 さて、ウル周辺の広大な湿原の環境悪化と「ノアの箱舟」との関係に戻ろう。
 『ギルガメッシュ叙事詩』の洪水神話にある大洪水の証拠は、考古学的発掘調査だけではなく、文献上でも発見されたのである。
 シュメル人の各時代の都市国家群で最も強力な王のことを書いた年代記である『シュメル王朝表』
に、「ノアの箱舟」のような大洪水の記録があったのである。
 バグダッドは、5千年前から1950年代までの毎年、ティグリスの洪水に悩まされてきたという。
 でも、1958年の共和政革命以降のダム、運河、人工湖などの治水工事の成果で、洪水はなくなったのです、とユーセフは自慢顔で告げた。

 ティグリス・ユーフラテスの洪水は、アルメニア地方の高山の雪解け水によるもので、メソポタミア北部では4月、南部では5月の麦の取り入れ時期だから、収穫の皆無、集落の全滅もたびたびだったという。
 シュメル人の洪水神話には、その不安が象徴されているそうだ。
 だが、上流の治水工事は他方、バスラ周辺に届く水量を減らし湿原の環境悪化をもたらした。

 また、湾岸戦争のときのサッダム・フセインが、湿原に隠れているシーア派ゲリラの掃討作戦で流水を止めたことが、湿原の縮小をいっそう促進させたという。
 2008年6月現在、バスラ西方にある国内難民キャンプでは、水不足と排泄物堆積による生活環境の悪化と疫病続発が報じられている。
 キャンプにいる2人の医師では日に百人の病人しか診られない惨状だ。2003年のフセイン政権崩壊までは、アラブで最も医療レベルが高かった国だったのだが、内戦で身の危険を感じた医師の大半が国外へ出たと報じられている。

 人類文明の歴史は、戦争と自然破壊の連鎖の一面もあるが、3千万種の一つである人間もふくむ生物種の生存を脅かし、「種」絶滅の危機さえもたらしつつある人類社会の今を、人智で乗り越えるしかない。

 
 イラクの旅から37年を経た今、つぎつぎに伝えられるバスラの状況に、ユーセフがどこでどうしているだろうかと想いながら、ついあれこれと書き連ねてしまった。
 もう、ユーセフとの語らいで始まった「シュメル神話」を閉じ、バグダッドに向わなくてはならぬ。
 シンドバッド島から街にもどり、早めの昼めしにしようとユーセフが車を停めたのは、地元の人たちが出入りする食堂の店先だった。
 クウェートでよく行く店よりかなり鄙びていて、カバーブを焼く長い鉄箱が歩道に面してあり、横に置いた扇風機で風を送っている。炭火に落ちた肉汁の焼ける匂いと煙が道に流れている。
 日本の焼き鳥や蒲焼の店先に似て、食欲をそそる。

 クウェートでは、薄く輪切りにした羊肉を何十枚も重ねて直立した金串にさして炙り、ナイフでそぎ落とした肉片を、ホブズ(丸く平らなパンで、私たちは「座布団」と呼んでいた)に乗せて食べることが多かったので、ふたりともカバーブをえらんだ。
 羊か牛のひき肉にパセリとタマネギのみじん切りを練りこんだものを、串に巻きつけて二度焼きして、 ホブズを敷いた皿に載せて出される。

 羊はアラブの人たちの大好物で、日本のマトンのような臭みはなく、柔らかくてうまい。
               
                    (続く) 






2008/10/14 14:54 2008/10/14 14:54

アラブと私
イラク3千キロの旅(4)

              松 本 文 郎

 ベリーダンスから娼婦、あげくに、「ウルヴィーのビーナス」のモデルの話にまで、道草してしまった。
 小田 実の流儀をなぞるにしても、あまりに度が過ぎてはと、「イラク三千キロの旅」に戻ろうとしていた矢先に、バスラのシーア派同士の内戦が報道され、つい書きくわえてしまった。
 その気持ちは、この紀行文が私の自分史の一環になるといっても、当時の自分を懐かしむだけにとどまっては、読者の関心を引かないと思うもの。
 アラブ滞在記の最初の章をイラクの旅から始めたのも、40余年前のイラクから想像もできなかった今を並列に書くことで、私にとってのイラクと友人たちへの想いを伝えたいからだ。
 モスルどころかバグダッドにいつたどり着くのかと思われても、こんな調子で旅をつづけてみたい。
 
 バスラの街の中心を流れるシャト・アル・アラブ
河は、70キロ北でチグリス・ユーフラテスが合流した下流の呼称で、合流点のクルナという小さな町は、旧約聖書のエデンの園があったとされる場所。
 ギリシャ語で食堂を「タベルナ」というが、まさか、エデンの園は今危ないところだから「クルナ」、ではなかろう。
 河堤に大きな林檎の木が立ち、その下に当時の木の化石といわれる幹が横たわっている。
 立札にアラビア語と英語で、「われわれの父アダムが「地上の楽園」を象徴して、チグリス・ユーフラテスの流れが出会うこの聖なる地に聖樹を植えた」とある。
 ユーセフに、「イスラム教徒の多いイラクなのに、アダムをわれわれの父というのかね」と冷やかすと、「キリスト教もイスラム教も根は一緒ですからね」と、クリスチャンはウインクした。
 立札の下方に、「紀元前2千年、ここでイスラエル民族の先祖アブラハムが祈った」とも書かれている。

 人類が最初に言葉をもったのは7万5千年前というが、考古学の発達で、神話の世界も次第に色褪せてくるのは、少々さみしい気もする。
 シャト・アル・アラブは、バスラからアラビア湾のファオ港までの百キロをゆったりと流れ下る。
 川幅は2、3百米で、水深は中央で13米という。
1万トン級の外洋船がバスラの港まで遡上できるように浚渫したとユーセフが教えてくれた。さすが、
土木技術者だけのことはある。ただ、アラビア湾の影響で最大で2米の干満の差が生じるという。
 両岸に林立するナツメヤシが落とす緑の影が川面にゆれる風景は、印象派の絵そのものだ。
 堤防の下を走る車から、ナツメヤシの並木の間をすべるように行く大型船を見ると、まるで陸の上を動いているようだ。

 バスラ港の歴史は、イギリスが中東への影響力を保ち、イラク支配を強め、アングロ・ペルシャ石油会社を支えるために機能的な埠頭と荷揚施設を建設したことに始まる。 
 第二次世界大戦が終るまでに、近代的なドックやクレーン設備が整備され、シャト・アル・アラブの浚渫とともに、港湾の規模・機能が拡充されてきた。
 かって、大英帝国が中東に注いだ軍事的、政治的戦略エネルギーのものすごさを思い知る。
 ロレンスが夢想した、アラブ民族の列強支配からの脱却と自立は、生易しいものではなかった。
 川岸のあちこちに釣竿を手にした人たちがいて、
そののんびりかげんは、なぜか、敗戦後の少年の頃に疎開先の田舎で経験したものだ。

 ユーセフが釣り人に聞くと、ナマズ、フナ、コイ、ハヤ、チヌが釣れるようだ。アラビア湾の遠浅の海でキスやチヌを釣るのが、クウェートの休日の楽しみになっていた私だが、先の長い旅ではそれもできない。
 もうひとつ、シャト・アル・アラブで触れておきたいのは、シンドバッド島と呼ばれる中洲のこと。
 なんとここは、アラビアンナイトのシンドバッドが航海に出発したところだそうだ。

 シンドバッドの大冒険と比べるのはおこがましいが、これから未知の国イラク三千キロの旅が始まるバスラに、思いもしなかった神話や物語の場所があることを知り、この国への好奇心が倍加した。
 この中洲全体が公園になっていて、レストランもあり、ナツメヤシの葉陰のテーブルに陣取って、ビールでのどを潤した。
ユーセフは、車の運転があるのとアルベヤティの
ように酒好きでないので、生オレンジ・ジュースをジョッキで飲んでいる。

 今3月のクウェートなどこの地域の気候は、灼熱前のしのぎやすい季節で、日本では5月中旬のような風が、かるく汗ばんだ肌に心地よい。
 辺りを見回すと、公園のあちこちで庭師や掃除夫らが働いており、水が撒かれた花壇や芝生の鮮やかな色が目にしみる。ナツメヤシの林が囲む園内に、ブーゲンビリアやバラなどの花々がよく手入れされている。
 イラクの旅のあとに待つクウェートの過酷な仕事と厳しい気候を想うと、旅の最初の地バスラの街に「エデンの園」があったという故事が面白かった。

「エデン」はヘブライ語で歓喜の意だが、旧約聖書の「創世記」に、神がつくった人間のアダムとイヴが禁断の木の実を食べて追放された園とある。
 この木の実は人間が手にした「知恵」とされるが、人類社会の歴史が、他の生き物には見られない愛憎や善悪、戦争と平和などの光と影で織なされていることをみると、人間の知恵とはなにかを考えるのに、なかなか含蓄のある説話だと思う。
 ただ、旧約聖書を神話の一つとみる私は、人類が知恵に秀でた頭脳をもったのは、神の掟を破ったからではなく、進化の過程での突然変異の結果だとする方をとる。

「エデンの園」があったとされるバスラで、イラク人シーア派同士の内戦状況をみるにつけても、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教が神の掟とする殺戮や報復の禁止を、それぞれの信奉者がどのように受けとめているのかと問いたくなる。 
 知恵を得て「エデンの園」を追放されたとする人類は、しばしば混迷の極に直面してきたが、神の手を借りずに、その知恵で克服できるかどうか。
 いまも、人類に課せられている宿題であろう。

 私が子供や孫への遺言としたい『私的人間探求』の著述は、そんな想いから着手したばかりだ。 
 建築家の私は、人間居住環境としての都市と自然、古今東西の都市の興亡、産業革命に発する工業社会の自然環境の汚染・破壊などに関心をもちつづけてきた。
 バスラに近いウルは、古代文明のさきがけの都市国家があったところで、旧約聖書に「カルディアのウル」とあり、アブラハムの故郷とされる。

 ウル周辺は広大な湿原をふくむ水郷で、農業生産の豊かな恵みがウル王朝の繁栄を支えた。大学の西洋建築史の講義で学んだシュメル王朝のジグラットは、エジプトのピラミッドに劣らず壮大な建造物である。
 ところが、5千年にわたり人間と多くの生物種に恵みを与えてきたこの一帯の環境悪化が報じられている。
 旧約聖書の「ノアの洪水」と関係があるらしい。

                   (続く)




Noah's Ark from Wikimedia Commons




2008/10/14 14:41 2008/10/14 14:41