「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―23)   
                 
                                                         2011年6月1x日(x)

 安重根の『東洋平和論』の序の冒頭に、「人は結合すればうまくいき、離散すれば失敗するというのは古よりの定理である。現在、世界は東西に分かれており、人種もそれぞれに異なり、互いに競い合っている。利器の研究は農業や商業をしのいでをり、新しい発明である電気砲(機関砲)、飛行船、潜水艇などはみな人間に害を与え、物を壊す機械にすぎない」「青年たちを訓練し、戦場へ追いやり、多数の貴重な生命を生贄のように投げ捨て、血が小川のように流れ、肉片が地にちらばっている。そういう有様が、日々絶えることがない。(中略)このような文明世界というものはいかなる光景だというべきかこのように考えると、骨と身がずきずきと激しく痛み、心が冷えきるものだ」
 
 長い引用をあえてしたのは、講演者の一人小川晴久氏(東大名誉教授・近現代中韓史)が「東洋平和論の今日的意義」で述べたように、“テロリストのイメージが強烈だった”安重根が、国際連盟に10年、EU・APECに数10年も先立ち、東洋と人類社会の平和を志向していた人物と分かったからである。

「テロ」は、フランス革命最盛期の恐怖政治に端を発し、恐怖心を起こすことで特定の政治目的を達成しようとする組織的暴力の行使とされる。既成権力への抵抗手段の呼称「テロ」がおぞましい響きであるのに対して、権力が行使する組織的暴力は、“軍事作戦”“諜報活動”の表現で正当化されるので、その定義は、一筋縄では行かない。

 韓国総監を務めた伊藤博文を確信的に殺害した安重根を、テロリストとみるかどうかをためらう日本人もいたようだ。ただ、日露戦争の日本の大勝利を「天命」だったかのごとく絶賛したこと、博文暗殺から間もなく韓国併合が実施されたことを思うと、安重根の時局・人物判断のすべてが正しかったかには、微妙な面がありそうだ。明治憲法制定会議での伊藤博文が、「憲法の趣旨は、君権を制限し、臣民の権利を保全することにある」と述べているが、これは、国家権力は、専制的で侵略的であるから、憲法によって縛る必要があるとの認識をもっていたことになる。安重根が知っていたかは分からない。
 明治維新の夜明け前に縦横の活躍をして暗殺された坂本龍馬は、幕府権力からみれば、長州など幕府に楯突くテロリスト集団の一味と見られていたにちがいない。
 京都守護職の会津藩主松平容保の家臣で守護職公用人手代木直右衛門の子孫への伝言には、龍馬殺害は、新撰組でも土佐藩からの刺客でもなく、弟の佐々木只三郎によると書かれているが、長年、手代木家の子孫が秘匿した伝言で、寺田屋事件以来、諸説紛々の犯人探しに終止符が打たれるのであろうか。
 その最後が悲劇で終わるのがヒーローの条件とするなら、龍馬はもとより、安重根もオサマ・ビン・ラディンも、彼らを尊敬し、支持しする人びとにとってはヒーローなのであろう。
 ちなみに、京都祇園で遊興に耽っていたのは新撰組だけではなく、長州の志士たちも一晩に一千両を湯水のように使ったそうで、永田町住人の料亭政治は、与野党を問わずその流れを汲むものだったのか・・・。

 薩長を結びつけた龍馬は、西郷の暴力革命志向から無血革命に転向して殺されたが、安重根が示唆されたように、幕府も間違った人物を殺してしまったのではないか。

(続く)

添付画像

画像↑ 統一日報社編『図録・評伝 安重根』(日本評論社)より
2011/07/13 14:13 2011/07/13 14:13


「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―15)                
 
                                                          
2011年5月3日()

 

オバマ大統領が、「やった!ビンラディンを仕留めたぞ!」と叫んだとされるのは、米海軍特殊部隊とCIA軍事部門による急襲作戦の映像をモニタールームで見ていた最中だったという。リベラルで穏やかな人物のイメージをもつ彼も、やはりアメリカ人だナと感じた。9.11同時多発テロの首謀者で、米国の“対テロ戦争”の最大の標的を仕留めた瞬間である。

2001 のテロ発生の翌10月、国際テロ組織アルカイダのオサマ・ビンラディンを首謀者とみなした米国は、タリバーン政権のアフガニスタンを攻撃。同政権は二ヶ月で崩壊したが、テロの黒幕として世界に知られることになったビンラディンは、アフガン・パキスタン国境の山岳地帯を転々としているらしいと報じられるだけで、多額の懸賞金にもかかわらず、所在は杳としていた。

ブッシュ政権による膨大な戦費と米国兵士の生命をかけた掃討作戦も虚しく、10

近い年月が経過した。アフガンからの米軍撤退を公約に当選したオバマ大統領は、二期目の選挙を目前にして、ビンラディン容疑者の捕捉に懸命だったようだ。 「やった!」に、その強い想いを感じる。

 オバマ大統領の命を受けていたCIAが、パキスタン国内の隠れ家の情報を入手したのは昨年8月。今年初めには特定したとされる。掃討の急襲作戦がパキスタン政府に知らされずに実行されたとして、両国の間に不穏な空気があるが、オバマ大統領声明には、「パキスタン政府の協力の下に、作戦を遂行した」とある。(5/3朝日朝刊)武器を持たないビンラディンを捕捉せず殺害したこと、遺体を速やかに水葬に付したこと、遺体写真の未公開などについて、ブッシュ政権より透明性を約束したオバマ政権に対し、AP通信が情報公開を要求している。

 イラクのフセイン前大統領が、捕捉されて裁判にかけられ、死刑になったのに比べて

乱暴なやり口と思われるが、軍事評論家によると、テロリストは“違法戦闘員”だから、“武器を持たない者を殺してはならない” とするジュネーブ条約45条違反ではないし、9.11テロのような多数の犠牲を再び出さない予防戦争では、隠れ家のあるパキスタンに無断で侵入しても正当性があるという。なんとも物騒な論理を開陳していた。

“予防戦争”なる概念が、国際的に認められているかどうか知らないが、米国のように

世界最強の国家ならば、他国に対してなんでもできることになりはしないか。

この作戦は、パキスタン政府の暗黙の了解の下に行われたとみるのが妥当で、米国に対する抗議は、一枚岩でない軍部と折合いがよくないザルダリー大統領のゼスチャーと思われても仕方ないだろう。

 それよりなにより、オバマ大統領は、果たして心底、快哉を叫んだのだろうか。

 ビンランディン殺害で、9.11の屈辱への報復を誓った米国民の期待に応えたとしても、「憎悪は憎悪を生み、報復しても愛する人たちは生き返らない。軍事的な反撃は新たなテロを誘発するだけではないか」と語った遺族たちがいることを忘れてはならない。

 ときあたかも、中東にうねる民族革命の波は、アルカイダの暴力を是認しない若者ら

が推進力になっている。“テロへの報復”と“さらなるテロ”の悪循環を絶ってこそが、米国と世界の混迷に「チェンジ」を叫んだオバマ大統領の真骨頂ではなかろうか。



添付画像

2011/05/03 13:55 2011/05/03 13:55