アラブと私

イラク3千キロの旅(62)

 

                                松 本 文 郎 

 

 パーキンスが、自分のやっていることに最初に不安を抱きはじめたのは、私たちが「イラク3千キロの旅」をしていた1971年頃のようである。

 パナマ・ホテルでグレアム・グリーンに出会う6年前のことだ。

メイン社とインドネシア政府、アジア開発銀行、USAID(米国国際開発庁)の契約書にあった基本計画でカバーされる地域調査の任務をパーキンスが命じられ、各地を訪ね歩いたときである。

 地元企業の重役や政治家に会って、経済成長について意見に耳を傾けたが、まるで、彼の訪問を恐れているかのようで、積極的に情報を語ろうとせず、なにかすると上司や役所・ジャカルタの本社に確認しなければ回答できないと言われた。

彼に対して、裏で共同戦線をはっているようで、どことなく、ちぐはぐさを感じていた。

 地方への調査出張は二、三日の短いものだった。

その合間にバンドンのウイスマに戻ったが、そのオフィスを管理する女性の息子ラシーを知る。地元の大学で経済を専攻していた彼は、すぐに、パーキンスの仕事に興味をもち、インドネシア語を彼に教えはじめた。

 数多くの島々からなるインドネシアでは、350以上もの言語と各地域の方言が話されており、異なる文化をもつ人びとを統一するため、公用語は、マレー語をもとにしたインドネシア語が使われるようになっていた。

 ユーモア感覚を持つすばらしい教師ラシーは、「あなたが知らないインドネシアを見せてあげるよ」と、彼のスクーターで町に連れ出して、いろいろな人に会わせてくれた。

 ある夜のこと、小さな喫茶店に集まっている若者のグループに紹介される。

 ラシーと友人たちはパーキンスを仲間のように扱ってくれ、一緒に食事し、音楽を聴き、クローヴシガレットなど彼らの生活に染み込んだ香りのなかで、冗談をかわして笑いあい、そのころ味わったことのない幸せを感じた。

それは、彼の履歴書に書かれていないエクアドルの平和部隊の生活を再現しているようだった。

 パーキンスは自分がどうしてこんな人たちから離れて、世界中をわが物顔のファーストクラスで旅する人生を選んだのか、訝しく思えてきた。

 夜が更けるにつれてますます打ち解けた彼らに、インドネシアをどう思っているか、アメリカがベトナムで戦っているのをどう思うかと訊ねた。

 彼らは口々に「非合法な侵略」に恐怖を感じると訴え、パーキンスも同じ意見と知って、ホッとしたようだった。

 このラシーとの体験がメイン社のチームとは別行動をしたいという気持ちにさせた後日の晩、「ダラン(人形遣い)を見に行こうよ。インドネシア名物の人形芝居なんだ。今晩、町で盛大なのがあるから」

 ラシーは、いかにもインドネシア人らしい笑顔で誘った。

 スクーターの後部座席に乗り、オランダ植民地時代の堂々たる建物やオフィスビルは姿を消し、庶民が暮らす昔ながらの粗末な小屋が密集する「カンポン」とよばれる地区を抜けて進んだ。

 住民たちは貧しく見えたが、身に纏うろうけつ染めのサロン、色鮮やかなブラウス、ツバの広い麦わら帽子は着古されているが清潔で、行く先々で笑顔の歓迎を受けた。

スクーターを停めると子供たちが走り寄ってきて、パーキンスのジーンズの生地に触った。

 近くの街頭劇場へ行くと、数百人の人たちが集まっていた。立って居る者やポータブルの椅子に座っている者がいた。

 バンドンで最も古い地区中心部だが、街灯がないので澄みきった夜空に無数の星が輝いていた。

 少しの間いなくなったラシーが、すぐに、先日喫茶店で会った若者たちを連れて戻ってきて、 温かい紅茶とケーキや、一口大の肉の串焼きにピーナツオイルで味付けしたサティが差し出した。

 音楽がはじまると、さまざまな伝統的な打楽器で合奏するガムランの魅惑的な音色が寺院の鐘を連想させるのだった。

「ダランは、音楽も全部ひとりでやるんだ。何体もの人形を操って、セリフはいくつもの言葉を使い分けるから、ボクらが通訳するよ」と、ラシーが小声で説明した。

人形芝居は、古典的な物語と現代の出来事とを組み合わせたもので、実にすばらしい。

「ラーマーヤナ」から題材をとった古典の物語が終わると、リチャード・ニクソンの人形が登場。ひどく長い鼻とたるんだ頬のニクソンは、星条旗模様の山高帽にエンビ服というアンクル・サムの恰好だ。

 背後に中東と極東の地図が現れ、国名が、それぞれの位置に留め金でぶら下げられている。

 つかつかと地図に近づいたニクソンは、ベトナムを外して自分の口に押しこもうとした。

「おお苦い! ばかばかしい! こんなものは、もういらん」といったようなことを叫び、それを三つ揃いのスーツを着た従者人形がもつバケツに投げこみ、つぎつぎの国をつかんでは、同じ動作をくりかえした。

 だが、つぎに彼が選んだのは、ドミノ効果が懸念される東南アジア諸国ではなく、パレスチナ、クウエート、サアウジアラビア、イラク、シリア、そしてイランだった。

 それらの国名をバケツに放りこむ度、ニクソン人形は「イスラム教徒の犬」「ムハンマドの怪物」「イスラムの悪魔」と、罵りの言葉を叫んだ。

 バケツに投げこまれる国が増えるにつれ、群衆は激しく興奮し、辺りには、笑いと衝撃と怒りとが混然としているようだった。

 パーキンスは、怒りの矛先が自分に向けられはしないかと恐ろしくなり、ラシーが通訳してくれたニクソンのセリフに、いたたまれない気持ちになる。

「これも世界銀行にくれてやろう。さあて、インドネシアからは、どれくらいの金が搾り取れるだろう」 

 ニクソン人形が、インドネシアを地図から外してバケツに投げこもうとした瞬間、物陰から別の人形が飛び出した。その人形は、カーキ色のスラックス姿のインドネシア男性で、シャツには名前がはっきり書かれていた。

 バンドンの人気政治家だとラシーが教えた男は、ニクソンとバケツをもつ男の間に立ちはだかって、「やめろ! インドネシアは独立国家だ!」と、握り拳を高くかざして叫んだ。

 バケツ男が別の手にもっていた星条旗を槍のように使ってその政治家を刺した。

バンドンの政治家は大きくよろめき、倒れこんで死んでしまった。

 観客はてんでに不満や非難の声をはっしながら、拳を振りまわした。

「ぼくはここにいられない」とラシーに云うと、「大丈夫さ。誰もあなた個人を憎んでいるわけじゃないから」といいながら、パーキンスの肩を抱いた。

 それから行った喫茶店で、ラシーと友人たちは、今晩の芝居でニクソンと世界銀行を風刺する寸劇をやるとは知らなかったといった。

「インドネシア人は政治にすごく関心を持っているんだ。アメリカ人はああいう劇を見に行かないの?」隣に座っていた若者がきいた。

テーブルの向かい側にいた大学で英語を専攻しているという美人の学生が、

「あなたが関わっているアジア開発銀行や米国国際開発庁でも同じなんじゃないの?」

「今晩の劇と似たりよったりでしょ? アメリカ政府はインドネシアもどこもかしこも、みんな搾取しようとしているんだわ」

 別の女学生が付け加えた。

「石油を全部手に入れてから、放り出すんだわ」

 そこまで言われたパーキンスは、抗議したいと思ったものの、言葉にならなかった。

 欧米人が足を踏みこないこんな場所まできて、反米劇を最後まで見た事実は評価されてしかるべきとも思った。インドネシア語を習い、彼らの文化を知りたがっているのは、調査チームでは彼だけだと知ってほしかった。

 だが、それを口にするのは憚れたので、あの劇でベトナムのほかはイスラム教の国ばかり選んだのはなぜだろうか、と訊ねてみた。

 英語専攻の女学生が笑い声を立てた。「だって、そういう計画だもの」

「ベトナムは足がかりにすぎない。ナチスにとってのオランダみたいなもの、ただの踏み台だと男子学生が口を挟み、女子学生がつづけた。 

「ほんとうのターゲットは、イスラム世界なのよ」

                                   (続く)



 

添付画像






2012/05/14 18:45 2012/05/14 18:45

添付画像




アラブと私

イラク3千キロの旅(60)

 

                                                                              松 本 文 郎 

 

彼をEHMに仕立て上げた女性クローディンは、メイン社が差し出す仕事を引き受けたなら、どんな働きを期待されるかのあらましを、正直に教え、忠告もしていた。

 だが、パーキンスがその話の根底にある意味を納得したのは、インドネシアやイランやパナマやコロンビアなどの国々で、実際に働いて経験を得た後だったし、ポーラのような女性の忍耐と愛と個人的な体験談とが必要だったのである。

 彼は、アメリカ合衆国に忠誠心を抱いていたが、非常に巧妙な仕組みの新しい「帝国主義」を通じてしていることは、軍事力でベトナムを制圧したのと同じことを、経済力で成し遂げようとしているのに他ならなかった。

 東南アジアでの体験が軍事力に限界があるとの教訓をもたらしたのだとしたら、エコノミストたちは、より良い計画を工夫するようになり、彼らが働く対外援助機関や民間コントラクターは、そうした計画を効率よく実行するようになった。

 

因みに言えば、太平洋戦争で北東・東南アジアに多大な戦禍をもたらしたわが国は、戦争放棄の憲法下で、これらの地域の国々に対するODAによる経済援助政策を展開してきたが、その恩恵は、統治者と一族に厚く、庶民一般には薄かったのではなかろうか。

 敗戦後の灰燼から立ち上がり、高度経済成長下で力をつけた日本がこの地域へ進出できたのは、戦前からの財閥系の商社・大手銀行・民間諸企業の努力と関係省庁の官僚との合作である輸送船団方式と呼ばれるものだった。

 国の統治者や高級官僚をターゲットにしたことは、「世界帝国」の戦略と共通しているようでも、コーポレート・クラシー・システムと輸送船団の方式とは全く異なるもののように思われる。

 政財界の有力者たちが、結束して政府・官僚を動かすわが国と比べ、「世界帝国」の方は、時の政府権力者との関わりもさまざまで、政府・銀行・企業を動かす、明らかな司令塔の存在も定かではない。

 コーポレイト・クラシーがめざす「世界帝国」の謀略を知りながらEHMになったパーキンスが、サウジアラビア、イラン、パナマ、コロンビアで活動を展開するなかで感じたのは、コーポレイト・クラシーの活動が、時の大統領と議会に反映される共和・民主両党の世界戦略と国内政策によって大きく異なることだった。

 パーキンスは、あらゆる大陸の国々で米国企業のために働く人たち(正式なEHMではない)が、どんな陰謀説でも思いつかないほど邪悪な事柄に手を染めているのを見てきた。

 メイン社の多くのエンジニアと同じように、彼らは、自分の行為がもたらす結果についてまるで無知で、海外で靴や車両部品を生産する搾取労働工場や一般工場は、中世の荘園や米国南部の奴隷労働で貧乏人を使い捨てにしたようなことでなく、むしろ、貧困から這い上がるのを助けているのだと思いこんでいる。

 彼は、パートナーにまでなったメイン社を辞めるべきかを、真剣に悩むようになったという。

 良心に照らせば、辞めたい気持ちに疑問の余地はなかったが、「世界帝国」の版図が拡大するなか、数多くの国々で仕事をし、優秀な部下も増えて、金と優雅な暮らしと権力の誘惑に加えて、一旦入ったら絶対に抜けられない世界だと言ったクローディンの警告も耳について離れなかった。

 悩みを訴える彼に、ポーラは言った。

「クローディンに何が分かるの? 彼女やほかの誰かが、もっとひどいことをするっていうの?人生は変化するものよ。会社を辞めたからってどうだっていうの? いずれにしろ今のままじゃ、あなたは幸せじゃない」

 ポーラは何度も繰り返し、しまいにパーキンスも納得した。EHMの仕事で得られる金や冒険の魅力は、もたらされる不安や罪の意識やストレスには決して引き合わないと、認めたのである。

「知っていることについては、黙っていればいいんじゃないかしら? 相手に追い回す口実を与えないようにね。波風を立てずに放っておくほうがいいと思わせるのよ」

 ポーラの提案は大いに納得できるやり方だった。
 本も書かないし、これまで見聞きしてきたことはいっさい口外しない。そして、ごく普通の人間になって、日々の生活を楽しみ、旅を楽しみ、できれば、ポーラのような女性と結婚して家庭を築くのだ、とパーキンスは目からうろこが落ちる想いだった。

「クローディンが教えたことはすべて嘘だった。あなたの生活も嘘だったのよ。最近の自分の履歴書を見たことある?」 

それは、メイン社の企業誌「メインラインズ」1978年11月号に掲載されたものだった。

以下に転記する。

職歴

ジョン・M・パーキンスは、メイン社のエネルギー・環境システム事業部の経済部門の責任者である。

メイン社に入社して以来、パーキンスは米国、アジア、ラテンアメリカ、そして中東  
 において、
大規模プロジェクトの責任者を務めた。

 その職務内容は、開発計画立案、経済予測、エネルギー需要予測、マーケティング研究、プラント建設地選定、燃料配分分析、経済採算性検討、環境および経済への影響の検討、投資計画、管理コンサルタントと幅広い。

 多くのプロジェクトにおいて、彼とスタッフが開発したトレーニング技術が使用されている。

 パーキンスが責任者で開発したコンピュータ・プログラム・パッケージの目的は、

①エネルギー需要を予測し、経済発展とエネルギー生産との関連を量的に示す。

②プロジェクトがもたらす環境的・社会経済的

 影響を評価する。

③国内および地域内の経済計画に、マルコフ・モデルや計量経済学モデルを適用する。

(後略)

学歴

 ボストン大学(経済学博士)

同大学院にて、モデル構築、経営工学、計量経済学、確立手法を学ぶ。

語学

英語、スペイン語

参加組織

アメリカ経済学会 国際開発学会

出版物

「電力需要予測へのマルコフ理論の応用」
「エネルギー予測のためのマクロ・アプローチ」

「経済と環境との直接的・間接的相互関係の図示モデル」

「相互連絡システムからの電気エネルギー」
「計画立案へのマルコフ・モデルの応用」

職務内容

 予測調査、マーケティング調査、計画実現可能 性調査、プロジェクト建設地選択調査、投資計画、燃料供給調査、経済発展予測、訓練プログラム、プロジェクト運営管理、プロジェクト立地選定調査、管理コンサルタント

取引先

 アラビア・アメリカ石油会社

 アジア開発銀行

 ボイジ・カスケード社

 シティ・サービス社

 デイトン・パワー&ライト社

 ゼネラル・エレクトリック社

 クウエート政府

 パナマ国営電力会社

 米州開発銀行

 国際復興開発銀行

 イラン エネルギー省

 ニューヨークタイムズ

 ニューヨーク州電力局

 インドネシア国営電力公社

 サウスカロライナ州電力・ガス公社

 製紙業技術協会

 ユニオンキャンプ社

 米財務省、サウジアラビア王国                                                                                                       (続く)


                    John Perkins "Revelations of an Economic Hitman" from Omega Institute on Vimeo.




2012/04/25 17:20 2012/04/25 17:20

アラブと私

イラク3千キロの旅(59)

 

                                松 本 文 郎 

 

 1977年、ホワイトハウスのカーター大統領とトリホス将軍の間でパナマ運河条約の真剣な交渉が行われていた頃、パーキンスが、「ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス」の『五つの国境を持つ国』を読んだパナマ・ホテルで、グレアム・グリーンに会ったのは、偶然とはいえない出来事だった。

読み終えたばかりの「ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス」をロビーの卓に置いたばかりの彼の目の前を、ゆっくり通り過ぎたのがグレアム・グリーンだったと気づいたからである。 

思わず走りよって呼び止めたい気持ちに駆られたパーキンスは、雑誌を手にしてあとを追った。

喫茶店で朝食をとっていたグレアム・グリーンに彼の小説の愛読者だといいながら、メイン社での仕事やトリホスと知り合いであることなどを簡単に自己紹介した。

「ボストングローブ紙に、アメリカはパナマから去るべきだと書いたコンサルタントはあなたですか」と尋ねられて面食らったと、『エコノミック・ヒット・マン』の第17章「パナマ運河条約交渉とグレアム・グリーン」に書いている。

パーキンスと一緒に朝食をと誘ったグレアム・グリーンは、「トリホス将軍からパナマについての本を書くようにと招かれ、今書いている最中です。私としてはめずらしくノンフィクションのつもりですが。それにしても、あの新聞記事の勇気には感心しましたよ」いつもは、フィクションが多いのはなぜかとのパーキンスの質問には、「フィクションのほうが安全ですからね。物議を醸すような題材について書くことが多いもので、ベトナム、ハイチ、メキシコ革命、そういう題材のノンフィクションは出版社に敬遠されることが多いのです」

「将軍が北の巨人(米国)に刃向かうのは大変な試みで、彼の身の安全が心配です」

パーキンスには、社会から疎外された貧しい人々ばかりでなく、高名な小説家をも惹きつけるトリホスの人生に関心を寄せるグリーンの気持ちがよく分かった。

「フランス行きの飛行機の時間なので」と握手の手を差しのべたグリーンは、パーキンスの目を見て、「あの新聞記事のように価値のあることを本に書きなさい。きっと書けますよ」といって歩き出したが、きびすを返して、「心配しないで、将軍はきっと勝ちますよ。必ず運河を取り戻すでしょう」

この奇跡的とも思える出会いが、パーキンスに『エコノミック・ヒット・マン』〈2004年刊行〉を書かせることになった、と筆者は想像する。

パーキンスとグレアム・グリーンとの接点が、トリホス将軍のパナマ運河条約改定交渉にあったとは、たいへんな驚きだった。

筆者にとってのグレアム・グリーンは、学生時代に原文で読んだ短編集で、サマセット・モームと同列の作家くらいの印象しかもっていなかった。

映画音楽のチター演奏とオーソン・ウエルズの名演技に心酔したキャロルリード監督の『第三の男』の原作者と知っていたが、『静かなアメリカ人』は読んではいなかった。

ウイキペディアでいろいろなことが分かったので、その概略を記しておこう。

・1904年イギリスで生まれた彼は、1991年スイスで亡くなっている。

・オックスフォード在学中〈第一次世界大中の18歳〉にドイツ大使館に雇われ対仏諜報活動をし、第二次世界大戦勃発時に、M16の正式メンバーとなり、西アフリカ、イベリア半島でスパイ活動に携わる。

・1930年代に知識人の間で共産主義への期待感が高まった頃、27歳で入党。

・ジョージ・オウエルらがソ連共産党の実態を知って離党しても、晩年まで、マルクス主義への共感を持ちつづけた。

・1955年に書いた『静かなアメリカ人』は、CIAに属し、ラモン・マグサイサイやゴ・ディン・ジェムの師で、後に大統領叙勲を受けて アーリントン墓地に眠るエドワード・ランズデール空軍大佐がモデルとされるフィクション。ベトナムで自由の理想をかかげるアメリカ人と裏切りや殺人が横行する現実を対比的に描く。

・この小説を書いてアメリカ入国を拒否されたグリーンは、アメリカを憎んでいたという。

・カトリックの倫理をテーマに、多くの作品を発表したが、80歳のときのインタビューで、「確信をもった共産主義者と同様のカトリック信者の間には、ある種の共感が通っている」と述べている。〈先日、ローマ法王がキューバを訪れ、「共産主義はもう現実的ではない」と言ったが、グリーンの言を知っていたのか?〉

・ノーベル文学賞候補といわれ、1950年にはノミネートされたが受賞は叶わず、死去の際、そのことが話題になった。

・1976年、アメリカ探偵作家クラブ「巨匠賞」。(その翌年に、パナマ・ホテルでパーキンスとの出会いがあった。筆者注)

 

グリーンがM16のメンバーだったとは初耳だが、サマセット・モームもまた、第一次世界大戦時に軍医・諜報部員であり、1917年のロシア革命のときは、イギリス情報局秘密情報の情報工作員だったそうで、いかにも、「007」の家元イギリスらしい。

グレアム・グリーンに多いフィクションのような『誰がために鐘は鳴る』や『武器よさらば』を書いたヘミングウエイは、『老人と海』でノーベル文学賞を受賞したが、アメリカでのスパイ経歴はないようだ。

 

パーキンスがグリーンと出会った1977年、コロンビアでインフラプロジェクトを多く手がけていたメイン社から、海に面したバランキア市にオフィスを与えられたパーキンスは、再び、偶然といえない出会いをする。それはポーラだった。

彼の人生を大きく変えることになる美しい人は、長いブロンドの髪とグリーンの瞳を持ち、思いやりのある女性だった。

ポーラは、それまでの彼の女性に対する接し方が与えていた彼自身への悪影響を改めるきっかけをつくってくれた。

それまでの彼は、自分はなにをしているんだと疑問を感じたり、時には罪の意識さえ感じていたが、そのつど、それらを正当化する方法をみつけながらやってきた。 

サウジアラビアやイランやパナマでの体験に突き動かされて、思い切って自分の生き方を変えようとしていた時期に、ポーラが現れたようだ。

パーキンスは、自分を変えるきっかけとして、ポーラを必要としていたと言い、彼女のお陰で、自分の心の奥底をじっくりのぞきこみ、EHMの仕事を続けているかぎり自分の幸福はないと確信した、と述懐している。

彼は、ポーラの兄がゲリラの一員だったことを聞かされる。

「石油会社のオフィスの外で、絶滅に瀕した先住民の土地で石油採掘のボーリングをすることに、20人の仲間と抗議していたら、軍隊に襲われ、殴られて、刑務所に入れられたのよ。ビルの外でプラカードを持って歌っていただけでなにも法律違反はしていないのにね」

結局、6ヶ月近く刑務所に入れられ、家へ戻ってきたときにはまるで別人のようになっていたという。

それを手始めに、その後何度も同じような会話を交わしたのが、パーキンスがつぎの段階へ進むための準備期間だったようだ。

彼の魂は分裂していたが、それでもまだ、裕福な生活や十年前にNSAが性格分析をして発見した己の弱点に支配されていたと省みている。

パーキンスが救済への道をたどる手助けをしてくれたポーラと過ごしたコロンビアでの時間は、個人の懊悩だけでなく、かつてのアメリカ共和国(合衆国)と新しい「世界帝国」との違いを理解するのを助けた。

アメリカ共和国は世界に希望を提供した。

その基礎となったのはモラルと哲学で物質主義ではなかった。すべての人の平等と正義の概念が根底にあった。それは人々を鼓舞し、両腕を広げて虐げられた人々を守ることができ、必要とあれば、第二次世界大戦中のように、主義主張を守るために行動を起こすこともできた。

国境のない「世界帝国」の構築をめざす大企業・銀行・政府官庁などの共和国を脅かす組織は、感染症や飢餓、そして戦争を終わらせるのに必要な通信網や輸送システムを所有しているので、彼らをその気にさせられるなら、世界を根本的に変えるために利用することも可能なのだ。

「世界帝国」は共和国の強敵だ。

利己的で、己の利益を追求し、どん欲で、物質万能主義の商業主義にもとづくシステムだ。

かつてのさまざまな帝国と同じく、その両腕は、富を蓄積し、手当たり次第になんでも掴みとり、食らいつくすことに対してのみ広げられている。

より大きな権力や富を得るために必要ならば、帝国の支配者は手段を選ばない。

こうした違いを理解するにつれて、パーキンスは、彼自身の役割についてもはっきりと自覚するようになった。


添付画像

2012/04/17 11:18 2012/04/17 11:18