ピアニスト洪恵貞さん            
  
                                                      2012年6月3日(日

 

前回、前立腺がん検査の顛末を書いてから、はやくも4か月がたってしまった。この

残日録の執筆遅滞は、体調ではなく諸事多忙のせいだが、まめに書くように努めたい。

MRI画像に白く写っていた前立腺・リンパ・骨盤のがん判定に、3回目の生検を勧めた担当医師に、「生検でがんと分かっても、享受している楽しい生活の質を落さずに生ききりたいので、薬治療法もなにもやるつもりはありません。PSAの変化だけは知りたいので、血液検査はつづけてください」と告げた私は、元気に日々を過ごしている。

2月半ばと5月末の2度の検査では、MRI検査を受けるきっかけとなった30.36から、26.70 26.34と減少している。こうした増減は、この7年間で2、3度はあったが、減ったり横ばいなのは、活性化した「がんキラーT細胞」たちがガンバッテくれているからだろうか。

 30.36の数値でMRIと骨シンチを勧めた医師にPSAの値の変化をどうみているかと尋ねると、「増減はありますからネ」だけで、「今度はCTをやってみましょうか」だ。

私はムッとして、「生検でがんと判定されても、なにもしてもらいたくないし、CTによる放射線内部被ばくを、受けたくないのです」と応え、実に検査熱心な医師は、「数値が上がってきたら、またご相談しましょうヨ」と言った。

喜寿老人は、絵画(描き)/音楽(唄い)/文芸(詩文を書く)で元気にしていれば、検査漬けや抗がん剤の副作用で体調を壊さずに、天寿をまっとうできると信じている。

今日も、すばらしいピアノ演奏を聴かせていただき、「がんキラー細胞」たちが活発になるのを実感したので、書きとめておきたい。

 このチャリティー・ピアノコンサートは、私のブログの編集者・森下女史である。

「脱北者を支援する会」主催、「統一日報の」後援で、猿楽町の在日本韓国YMCA

ホールで開催された。洪恵貞さんは、アメリカを中心に活躍しているピアニストで、

ミズーリ州立大教授で同州音楽教育者協会の副会長を務め、後進を指導している女性。

 演奏曲目はハイドン・ソナタ(変イ長調)/ シューマン・幻想小曲集12/ リスト・スペイン狂詩曲で、魅力的で親しみのあるピアノ曲ばかり。平土間の前方中央に据えたセミグランドピアノを囲むように椅子を並べたサロンコンサートは、森下さんの進行で始まった。

洪恵貞さんがおもむろにハイドンのソナタを弾きだしてまもなく、このピアニストがいかに優れた演奏家であるかが感じとれた。ピアニストにいちばん近い席に座った妻のお千代も、鍵盤をかろやかに往き来し跳躍する指先に熱いまなざしを注いでいる。

10日ほど前から気管支炎を患っていた私は、いつ咳きこむかを心配しながら席に着いたが、3人の作曲家それぞれの楽想を見事に弾き分けた熱演にすっかり心を奪われて、咳は一つも出さずにすみ、スペイン狂詩曲が終わった瞬間、「ヴラ ヴァ!」を叫んだ。

 控え目にみえるお人柄の内面には、豊かな音楽性と凛とした精神性が秘められていて、ほんとうに感動的なコンサートだった。惜しむらくは、かなり古びたピアノが、狂詩曲の激しい鍵盤の連打に耐えきれないような悲鳴をあげていたことだ。

 もっと多くの聴衆を集めた東京文化会館小ホールで、立派なグランドピアノだったら

どんなによかったかとの強い想いと共に、ホールをあとにした。    (続く)

添付画像


添付画像

2012/06/17 17:29 2012/06/17 17:29

「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―31)  
              
                                                                                                           2011年12月18日()

 

 久しぶりに、東 誠三のピアノ・リサイタルを聴いた。彼は、広大付属福山校第1期の同期仲間で、妻のお千代共々に親しい東 陽子さんの子息である。

 1962年生まれの彼が3歳のころ、絶対音感をもっているのに陽子さんは気づいた。

東京音楽大学付属校から東京音大に進み、1983年、第52回日本音楽コンクールで

第1位となる。フランス政府給付留学生としてパリ国立高等音楽院に留学し、日本国際、

モントリオール、カサドシュなど、多くの国際コンクールに入賞し、ヨーロッパ、北米

などでリサイタル・オーケストラ共演をして、真摯な演奏技術の鍛錬と豊かな音楽的感性から生まれる流麗洒脱な音色と生命力あふれるダイナミズムで、本格派ピアニストとしての国内外の高い評価を常に得ている。

 満席の紀尾井ホールでのプログラムは、“リスト・イヤー生誕200年”のリスト尽くしだった。アンコールの『ラ・カンパネッラ』『コンソレーション第3番』など三曲もだ。

 これまでのリサイタルではショパンの曲を中心に、流麗洒脱な演奏を多く聴いてきたが、芸大で教えるようになってからの彼が、自由奔放な演奏を抑制しているかのようなもどかしさを感じていた。ところが、久しぶりに聴いた演奏はまったく文句なしのすばらしさだった。リストの曲想を、彼になりきったかのように見事に弾いたのである。

 リストの人間性豊かでドラマティックな曲の数々を、繊細さと大胆さをない混ぜにしたタッチでかき鳴らし、私のこころの琴線を激しく共鳴させたのである。その音楽感性にリストとの親近性を強く感じたが、50歳を目前にした東 誠三は、いよいよ円熟の境地に入ったのであろう。

 プログラム収録の「円熟の時間(とき)を刻むリスト~東 誠三ピアノ・リサイタル2011に寄せて」を書いた池田卓夫は、福島県三春町で、ベートーベンのソナタ全曲演奏を進めている東 誠三が、東日本大震災被災地への強い想いを抱き、ブタベストの大洪水後のチャリティー演奏会を組織したり、ボンのベートーベン碑建立に多額の寄付をしたリストの“超絶技巧”の“技”よりも“精神”に目を向けていると述べている。

 閉幕後のロビーに、付属の同期と一年後輩のお千代の仲間など15人余の顔もあった。

誠三さんの指導を芸大大学院で受けている新進気鋭のピアニスト岸 美奈子さんの姿を見つけて、傍にいた陽子さんに紹介する。美奈子さんは、日本建築学会男声合唱団の伴奏ピアニストで、5年前の創立20周年記念演奏会の南伊豆の合宿練習で知己を得、来年3月の25周年記念コンサートもご一緒するが、リストの曲を独奏するステージもあり、団員一同・来聴者からおおいに期待されている。

 誠三さんは、精緻なピアノ演奏と対をなすようなエッセイの名手でもある。

 プログラムに記される彼の文章は、曲目の説明の域を超え、作曲者への想いや演奏への意気込みが伸びやかな筆致で書かれおり、いつも感心させられている。

 ピアニストのエッセイといえば、元職場・NTT建築総合研究所の仕事仲間の娘さんの

宮谷理香さんもすばらしい書き手。第13回ショパン国際コンクール第5位に入賞して以来、幅広い音楽活動で大活躍だが、自然体で知性があふれているのは、音楽性だけではなく、著書『理香りんのおじゃまします!』のウイットに富んだ文章でも目覚しい。

 こうしたピアニストとの親しい出会いに感謝している、浦安の残日である。



添付画像

2011/12/28 17:53 2011/12/28 17:53