'前立腺がん'に該当される記事2件

  1. 2012/01/30 NTT関東病院と私 (1)
  2. 2012/01/25 前立腺がん検査   


「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―35)

  NTT
関東病院と私                            201216日(金)

 

 年の暮れ直前の病院でMR検査の結果を聞いた後、30日・31日は、12回連続参加の「IKSPIARI第九」のゲネプロ・本番だった。公募合唱団の160余人と市民オケとを合わせた約240人は過去最大。3階まで立ち見ギャラリーがあるセレブレーション

プラザで、東日本大震災の犠牲者と世界平和への祈りをこめて、「苦悩から歓喜へ」の歌を高らかに唱った。

 明けて正月2日は、子供らの2家族がやって来て、恒例の“鴨すき”パーティだった。私たちと同じ見明川住宅地内のテラスハウスに住む健夫婦は徒歩1分、海辺に近い高層マンションの16階に住む晶子たちは車で数分だから、合わせて153歳の私たちには、うれしく、心強い存在である。

 師走半ばころにピーコックへ予約しておいた合鴨をたらふく食べ、持ち込んでくれたビール・ワインをしこたま飲んで、例年と変わらない賑やかさだった。

 両夫婦には、年末のMRの検査結果と5日に控えている「骨シンチ」について手短に話をし、かりに、骨に転移があっても、がんの自覚症状が現れるまでは、なんの治療も

受けず、いまの充実した日常を享受しつづけたいと告げた。お千代は相槌を打っていた。

 5日、NTT関東病院の放射線科アイソトープ検査室の待合で、年配の方に出会った。

問わず語りに、一ヶ月前の生検で前立腺がんの診断を受け、骨シンチとCT検査を指示された81歳と分かる。顔色もよく、大きな声で闊達に話された。がん手術を望んだが、私と同じ担当医師から、高齢の方にはガンセンターでも手術することはないと言われて、女性ホルモンの薬冶療法を始めてもらったと云う。

 薬冶療法を受けている知人・友人も少なくない。副作用によるQOLの低下やがんの抑制効果に年限があると聞いていたが、その方に話すのは控えた。死生観は様ざまで、積極的に治療を受けようとされている気持ちを乱してはいけないと思ったからだ。

骨シンチ検査は、MRの騒々しい音もなく、頭から足の先までを約30分で終わった。

翌日の診断告知にはお千代もついてきた。彼女にとっては、がんで食道の全摘出手術を受けて4ヶ月入院した私の病室へ毎日のように通った病院である。19年ぶりの再訪。

 関東逓信病院の名称だったこの建物を設計した国方秀男は日比谷電電本社ビルと共に日本建築学会作品賞を受けた大先輩で、これら名建築を創出する建築局に憧れて、私は電電公社へ入社したのである。

 19年前のクリスマス・イブに退院したその前日、思いがけず、国方氏が入院されたと知らされ、すぐ病室を見舞った。東京都建築設計事務所健康保険組合の理事長だった79歳の先輩は、毎年楽しみにしている奈良探訪に行けなくなる、と突然のがん告知に悲憤慷慨された。

「手術されてお元気になれば、また行けますよ」と申し上げてお別れしたが、がんは、手術できないほどに進行していて、ほどなく亡くなられた。私は来年79歳を迎える。

 骨シンチの検査結果で全身の骨に異常はないと告げられ、お千代もホッとした。

担当医は、「検査で病気を見つけるのが使命ですから」と、MR画像で白く映った部位を狙う生検を勧めたが、2ヶ月後の血液検査のPSA数値で考えますと応え、辞した。

 お千代は、帰路の地下鉄乗場のベンチで、検査結果への安堵を子供らにメールした。


添付画像


2012/01/30 12:19 2012/01/30 12:19

「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―34) 

 

前立腺がん検査                           20111229()

 

 あわただしい年の瀬に、病院を2回往復することになった。

 7年前から右肩上がりで上昇してきた前立腺PSAの数値が、昨年10月の血液検査で30.36となり、担当医にMR検査を勧められたからである。

 7年間の数値上昇の途中で2回の生検、エコー・触診、CT検査などを受けたが“白”だったし、夜中に2度ほどトイレに行く外、なんの症状もなかったので、3回目の生検を勧められても、受けずにきたのである。

前立腺がんの診断は、生検で細胞を採取して確認するしかないとされるが、十数本の針を刺す採取方法では、がんに当たらないで“白”となる確率もあり、PSAの値が肥大とがんのいずれを示すものなのか、よくわからない面もある。

担当医は、MR検査はがんの広がりを見つけやすいのでよく採用していると説明した。

わが街浦安には、天皇陛下の前立腺がんを診断した、高校の後輩Tさんが住んでいて、

2年ほど前、セカンドオピニオンを求めたことがあるが、自分で検査・診断しなければなんとも言えないが、「松本先輩の日常生活の様子を聞くかぎり、歳相応の肥大と思われますがねエ・・・」だった。

 妻のお千代は、「お尻の穴から指を入れられるのが好きならともかく、生検はもうやらないで、初めてのMRを受けてみたら」と宣うた。

 1221日に、血液検査とMRを受け、27日に検査結果を聞きに行った。<唄う>趣味だけでも、特養老人ホーム「愛光園」訪問のクリスマスコンサート、端唄「千鶴会」の発表会、IKSPIARI第九の練習をこなした、あわただしい年の瀬だった。

 コンピューター画面にMR検査の画像を出して待っていた医師の前に座ると、

「まず、血液検査のPSAですが、10月の30.36から 24.15に下がっています。でも、 8月の 21.33よりは上です。ところでMR検査の方は、ご覧の画面に写っている白い

弧が前立腺の一部です。その右側にある2つの白い点は、近くのリンパ節と骨の一部にあり、それらから、前立腺の進行がんの疑いをもちます」

「・・・・・・」

「以前から申し上げているように3回目の生検を受けられ、早く治療を開始されるのがよろしいのではないでしょうか」

 検査結果の診断を聞いた私に、20年前に食道がんを告知されたときの“青天の霹靂”の驚きは全くなかった。前立腺がんの診断は生検によるほかないから、他の検査はあくまでも傍証に過ぎない。

「歳相応の機能低下はあっても、日夜、お千代と“仲良く”過ごしている実感を信じ、元気に楽しく<唄い><描き><詩文を書く>残日の生き甲斐とQOL(生活の質)を乱す懸念のある薬冶療法など、受けたくないのです」と、これまで繰り返してきた同じ言葉を医師に告げた。

 とはいえ、2ヶ月前に急逝した1歳年上の知人の夫人から、前立腺がんが頚椎に転移して首の神経を侵し、発声も不自由な末期だったと夫人から聞いていたので、3回目の生検ではなく、医師が勧める「骨シンチグラフィ」(放射線で全身の骨の異常を検査)を正月早々に受けることにした。 


添付画像


            

           

2012/01/25 10:32 2012/01/25 10:32