添付画像




「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―27)
                                                                     2011年6月2ⅹ日()

 

 朝、目覚めると雨の音がしていた。

昨日の予報は雨だったが、結婚式場の祭壇に注いだステンドグラスからの光や屋外の記念撮影も日差しに恵まれてよかったと、義兄の家に戻る車中での話を反芻した。

 シャワーを浴びて、ダイニングキッチンに顔を出す。

来るたびに思うのだが、私たちより年上の二人の朝食はとてもリッチで、北海道から取り寄せたイクラ・鱈子だけでなく、ハムエッグまで付いている。具沢山の味噌汁は、体調を崩していた義兄が復調してから自分で作り始めたという。地場の味噌も美味しく、ふたり共に、お代わりをお願いする。

かって泊めてもらった両親の実家それぞれでも、激しい農作業へのエネルギー確保の生活習慣からか、かなり高カロリーの朝食を出されたものだ。

その日は、付属同期の有志が安部本家の元屋敷・福寿会館に集まってくれることになっていた。昨年五月の喜寿同期会をきっかけにスタートした「沖野上青春句会」の諸兄姉の好意である。50余人が参加した同期会の寄せ書きのメッセージを、575で書いていた7人を見つけた私が、会の一ヵ月後に、喜寿残日の“遠隔こころの交流”を趣旨に提案し、賛同を得たものだ。句会と句集『つれづれ』の名称も私案だった。

 句会の同人Y君とは、同期会で割り当てられた席が隣り合っていて、卒業から58

ぶりの再会だった。そのときの彼からは俳句の話など全く出なかったが、地元の句会で

は名を知られた存在と分ったのは、隔月刊『つれづれ』の編集・作成を快く引き受けて

くれたあとである。

 有志の一人K君は、東京在住T君と同じ読者会員で投句はしないが、一級下のお千代

と私の中学時代のことや市が管理する福寿会館と安部一族との由来をよく知っていて、

お千代にとって懐かしい場所を、ミニ同期会の会場に選ぶ心遣いをもらった。

“遠距離通信句会”の句集は、昨年8月創刊号から5月号まで、はや5冊を数えている。

通信投句集の編集長Y君としては、初めての句会が開けるチャンスとばかり喜んでいた。

 正午に集まり、洋館部分の軽食・喫茶の地元料理“うずみ”を食べるといわれていた

ので、その前に、安部一族の菩提寺である安楽寺の墓参りをすることにした。お彼岸や 

お盆の墓参りのためだけには帰郷しないので、機会があれば、先祖の墓参りをしている。

 朝食後も雨音は激しかった。花嫁の母親Kちゃんが福山まで車で送ってくれるという。

 大きな仏壇の岳父・義母の仏前で般若心経を上げてから、義兄・義姉に別れの挨拶を

した。この年では、またいつ会えるか分からない。くれぐれも元気でいて欲しいと告げ

るお千代の言葉には、真情が込められていた。

 暮れのときと同じ郊外型量販店で仏花を買って安楽寺へ向かった。フロントガラスに

当たる雨は弱まっていない。30分余りのドライブでお千代と姪の話を聞いているうちに

お寺さんに着く。

 土砂降りに近い雨の墓地の供花に、水のバケツは不要だった。ここでも、般若心経を

唱えたが、足元に跳ね返った雨脚で、ズボンの裾がかなり濡れた。寺を辞して福山城に

向かう途上で、雨は小降りとなった。

 福寿会館への坂道の下で降ろしてもらい、井原に戻るKちゃんに手をふった。


                                (続く) 





2011/08/17 17:39 2011/08/17 17:39


「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―26)    

                                                                         
2011年6月2ⅹ日()

 

 披露宴のあと、新幹線で福岡へ帰る新郎の両親・親族と別れ、お千代の姪・甥が運転する車2台に分乗して、義兄一家が住む井原市へと向かった。「中国地方の子守唄」で知られるところで、数年前、全国民謡大会が開かれた。

 余談だが、東北や九州などに比べて「民謡」がきわめて少ない地方のわが故郷が誇る

この子守唄は、浦安男声合唱団が東日本大震災復興への想いを届けようと10月に開催する特別演奏会の曲目にもあり、古里への想いをこめて唄いたい。

 義兄たちが住む家は、義姉の実家の土地に建っている。戦死した父親の跡取りの義兄が敗戦直後に興した会社が十数年で倒産したので、城のすぐそばの土地家屋を手放して清算し、井原市へ移ったのである。

私とお千代が、昭和23年に広大付属福山中学の1期・2期生で出会い、大学生活を共に京都で過ごし、昭和33年に結婚した間の経営は順調にみえていたが、いつのまにか、高度経済成長に伴う時代・ニーズの変化に追従できなくなったのであろう。

義兄の父は、“削り鰹”の問屋を創業して軍の御用商人になった安部家の七男だった。一族で営んだ会社事業は富国強兵の国策に乗って隆盛を極め、長男の創業者は、福山城の一廓に天守閣を望む広大な庭園と屋敷を持ち、兄弟たちにも、城の周辺に邸宅を構えさせた。鞆の浦にあった鉄筋コンクリート造の避暑別荘が、お千代のご自慢だった。

敗戦間際の大空襲で、市中央部の大半と福山城の天守閣は焼失したが、安部家当主の屋敷はなぜか無傷で残り、進駐軍司令官の住まいとして接収された。その後、市に寄贈されたのも、御用商人でなくなった安部家一族に、戦後の暮らしは厳しかったのだ。

温厚だが芯の強い義兄は、井原周辺で盛んな縫製加工の仕事で生計を立ててき、長男も、その業界の中国現地会社へ長期派遣されてがんばっている。新婚時代は夫婦で在勤したが娘が生まれてからは単身赴任で、今度の従妹の結婚式に一時帰国していた。

お千代の母親文子は、この家の離れ座敷に住んで83歳で亡くなったが、NTT社長真藤恒の花輪が並んだのを義兄・義姉はとても喜んでくれた。社員の妻の亡母への異例ともいえる花輪は、民営化の折に頑張り、新社歌『日々新しく』の作詞者となった私への真藤のジイサンらしい労わりの心遣いと思われた。

 戦死した岳父は文七で、文郎は、二人共に「文」が付く両親の次女と結婚したのだ。

 義兄の長男一家は、離れ座敷跡に新築した二階建てに住み、義姉の実家の母屋では、ダイニングキッチンと浴室が増改築されている。

 半年前の本家の葬儀で泊めてもらった時も、安部一族の歴史を克明に憶えている義兄の記憶力に感心したが、披露宴の余韻のなか、また、夜遅くまで昔話に花が咲いた。

 お千代の姉と次兄は鬼籍に入っており、肉親は義兄ひとりとなった。結婚式へ、敗戦直後に関西へ嫁いだ亡姉の息子一家も宇治市からやってきたが、2歳で母をなくした彼が、数年前、顔の記憶もない母親の五十回忌を営み、招かれて参列して、お千代共々、

その律儀さにいたく感心した。9年後の私の母の五十回忌を、父の骨を納めた高野山・総持寺で開くことを思いつかせてくれた彼である。

冠婚葬祭は、封建的な「家」ではない「家族」にとって、互いの絆を確かめあう大切な儀式だと改めて思う一夜であった。   

                                                     (続く)





添付画像


添付画像





 

2011/08/16 15:41 2011/08/16 15:41