「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―33) 
  
  邦楽演奏会と私                            
2011年12月27日()

 

 年の瀬の迫るなか、500号記念「邦楽の友メールマガジン@コンサート」を紀尾井

小ホールで聴いた。第1部「日本舞踊と邦楽演奏」と第2部「清元浄瑠璃と唄物の共演」の4時間余の長い舞台鑑賞は、「若鶴会」主宰若宮千世鶴こと吉井優子さんのご招待。

 浦安・高洲の特別養護老人ホーム「愛光園」の訪問ボランティアの「江戸の華」に、黒一点で加ったご縁で始めた端唄の師匠である。

 第1部で端唄「薄墨」「文弥くずし」の三味線を若宮千世鶴の名で弾かれた。唄の若宮千世佳奈の「薄墨」の出だしにトップバッターの硬さを感じたが、「文弥くずし」では、伸びやかなよい歌唱となり、「江戸の華」の訪問演奏会で唄ってみたくなった。

 第2部では長唄「巽八景」の三味線を、タテ杵屋栄富次・ワキ吉井優子で弾かれたが、

よく息の合った演奏だった。唄の男性はかなりよくうたわれたが、どこか清元のような感じを受けた。持ち前の声のよさに芯(強靭さ)が加わればとは、所詮、素人の感想である。この方は、小唄二題の「宵の謎」「すっぽかし」を春日豊花遊の名で唄われたが、バイブレーションのある声もぴったしで、長年のお座敷“修行?”の費用も少なくなかろうと拝察した。

 端唄「紀伊の国」を達者に踊った若柳勒芳は、生田流筝曲「恋心三題 乱れ髪・また君に恋してる・夢一夜」でも、恋する女の情念の様ざまを、見事な振り付けで表現した。

 杵屋正邦作曲の現代邦楽「去来」の三味線を弾いた竹内恵子さん、山田流筝曲「四季の曲」(八橋検校 作曲)の山本七重さんは、それぞれの美しい三味線と唄の音色で見事な演奏をされ、たいへん魅力的だった。

 山田流筝曲といえば、原田東龍作曲の『早春浅間山』は、拙詩を気に入られて一気に曲を書き下ろされたという男声合唱付き14分の作品だが、筝・十六弦・尺八の合奏と浦安男声有志が共演した、「芝abcホール」での初演が懐かしい。

 そのほかの出演者には、いわゆる、“ダンナ芸”や“お嬢さん芸”と感じられるものもあったが、ご自身が楽しまれたり、一生懸命だったりする様子をほほ笑ましく拝見した。

 春日の「小唄」を2年ばかり、吉住の「長唄」を20年ほど稽古した20数年前に、

伝統芸能「邦楽」の世界に足を踏み入れる人の減少は著しかった。小唄好きの上司命令で始めたものの稽古が続かない会社員や、高齢女性のお弟子さんがお嬢さんやお孫さん

を引き込むなどの、あれこれを見てきた。

 第1部トリの清元「花がたみ」は、それなりの演奏でも鼓の響きがも一つだったが、

第2部トリの清元「申 酉」は、なかなかの演奏だった。三味線の清元紫葉は、両方の部の出ずっぱりで、邦楽界ナンバーワンと称せられる美貌と毅然とした弾き姿に見とれていた。そういえば、吉住家元の奥方も、たいへん魅力的な美人だった。

 この演奏会に先立ち、第3回端唄「若鶴会」が師匠宅に近い「舞浜ビースティーレ」

で開かれた。新入りの私はトップバッターで『京の四季』を、中ほどで、『えんかいな』

『潮来節』を師匠の三味線で唄った。いろいろなイベントも開かれるレストランが会場で、兄弟子の野口さんが設えた緋毛氈の舞台を、「愛好園」訪問の「歌の花束」の仲間や

知人、妻らに聴いてもらった。

 昼間の住宅地に鳴った邦楽の音は、近所住民の耳にどのように響いたのだろうか。


添付画像






2011/12/29 17:33 2011/12/29 17:33

「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―30)                  
                                                                                                               2011年10月ⅹ日()

 


“動天驚地”の
311東日本大地震でわが浦安市が液状化の被害を受け、親戚・仲間・知人から問い合わせが殺到したのをきっかけに書き始めた「残日録」も、三十回だ。

初めの数回は、わが家の被災状況をお知らせする手立てとしたが、長期連載『アラブと私』で、国内外に生じた事件のトピックスを頻繁に挿入した“道草”で、「イラク3千キロの旅」の進行を妨げていたことへの改善策でもあった。

平均寿命も間近くなった喜寿老人として、今の日常身辺や過ぎた日々の記述の場としてのカテゴリー新設を、編集担当のM女史にお願いして実現した。感謝!

ただ、日記を付けるのは(大学生時代は別として)まさに“三日坊主”だったから、タイトルは「日記」ではなく「残日録」とし、記述の頻度も週に二三回と考えていたが、諸事多忙のなかで、次第に間遠くなっていた。

また、毎回、読切りスタイルを旨としたのが、帰福した故郷への想いが募り、“続く”を連発したまま、今回を迎えた。

その福山紀行から五ヶ月近くが経ち、その間に思いついたトピックスは、時間の経過ともに鮮度が落ちてしまった。いずれは書くことになろうが、テーマの羅列にとどめ、次回からは、より時宜を得たトピックスを書き連ねてゆこう。

        浦安男声合唱団特別演奏会に向けて

        菅総理の功罪と日本政治の混迷

        債務超過のアメリカとオバマの苦悩

        長唄の姉弟子遠藤順子さんと「江戸の華」

        こう着状態が懸念される中東情勢

        NTT一八会」の仲間たち

        「三二会」恒例の暑気払い

        小松左京氏の逝去と大阪万博の思い出

        ヒロシマ原爆紀と脱原発への決意

        イギリスの暴動と世界の市民デモ

        渡辺 謙のアメリカ・ルポを観て

        小泉芳子さんの伝記『黄海道の涙』

        「日比谷彩友会展」でのあれこれ

        情報通信国際交流会と田代譲次氏逝去

        台風襲来に被災の「ふれあいの森公園」

        ロシア大使館での「日露親善コンサート」

        「秋の小さな音楽会」と建築学会合唱団

        「三二会」の東北・裏磐梯紅葉狩り旅行

        高山博教授の「ヨーロッパの成立」聴講

        特別演奏会(1015日)は盛況裡に開催

        カダフィー大佐の末路とアサド大統領



  ブログ掲載の「残日録」は「日記」とは異なり、ハダカの自分を書くわけではないが、肩に力を入れないで、残日の時代・社会と日常身辺への想いを、素直に記述しよう。





添付画像

歌川広重の名所江戸百景「堀江ねこざね」。
境川の左手が堀江、右手が猫実で森の描かれている辺りが豊受神社。


2011/11/04 10:28 2011/11/04 10:28


「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―11)             
 

201141X日(X



  T
さんから久しぶりの封書が届いた。Tさんは、日本建築学会樂友会男声合唱団の名代表幹事だ。団長名の文書で、創立25年記念演奏会への参加のお誘い。20周年でも誘われ、メインプログラムの『水のいのち』に惹かれて初参加した。そのときの勧誘は、元職場の先輩で団員のIさんからで、一年間、田町駅に近い学会本部の建築会館ホールに通い、初めて出会った先輩建築家のみなさんと楽しく練習し、知遇を得た。

特別参加を機に入団を勧められたが、古希を越えた身には、浦安男声合唱団で精一杯だったのでお断りした。

その後は、「東京都シルバー男声合唱コンクール」のための合宿や出場(「松本文郎のブログ」に紀行画文掲載)、毎年秋の学友会音楽会のご招待、わが合唱団の定期演奏会へのご来聴などで交流を深めてきた。

 今回は、“オールドボーイ”の合唱定番曲『沙羅』全曲と『月光とピエロ』から3曲

のほか、オペラ合唱2曲のプログラム。 好きな曲ばかりで参加しないわけにゆかない。

指揮者Fさんの提案だろうが、風景や情景が目に浮かぶ詩曲の選出。建築家がみんな絵が上手とは限らないが、ヨーロッパ画行展覧会の作品群はすばらしかった。

清水重道作詩、信時 潔作曲の名曲『沙羅』は、2000年の浦安男声合唱団第2回海外公演の国立台南師範学院雅音楼の第一ステージで唄い、満席の聴衆の喝采を浴びた。

8つの小曲からなる合唱組曲で、「丹澤」「沙羅」の卓越した自然描写、「あづまやの」「占ふと」の女心の情緒纏綿、終曲「ゆめ」の諦観を感じさせる静寂と孤独な安らぎの漂う詩曲のすばらしさは、筆舌に尽くしがたい。日々、描き/唄い/詩文を書いて多忙を極める喜寿の私に、「お歳を考えなさいネ!」といつも宣うお千代に、「30周年はムリだから、やりなさいヨ」と背中を押された。

 Fさんに電話すると喜んでくださり、間もなく、譜面と参考演奏音源のCDが届いた。

 翌朝、MDに移した音源と一緒に散歩に出た。久しぶりに聴く『沙羅』の一つひとつの歌を口づさみながら、見明川の遊歩道から「ふれあいの森公園」へゆっくり歩いた。

トップテナー・パートの高音部もまだ、それほどキツクはないようでホッとする。

遊歩道の並木はすっかり葉桜となり、伝平橋から稚鮎を釣り上げる人の数も増えた。

公園の木々の彩り豊かな新緑がさわやかな朝の風にゆれている。気持のいい季節だ。

「花まつり」の日から三日通い、公園の大芝生から満開の桜並木を描いた『被災地浦安の春』と題した20号の絵は、日比谷彩友会の春季絵画研究会での講師深澤孝哉先生に、過分のお言葉を戴いた。6月の「みなづき会展」に出そうかと思案している。

 ようやく平静に戻った浦安で美しい花々・新緑を愛でていながら、大震災の遺体捜索と被災者の苦渋に満ちた生活や、中東革命のうねりの中の強権的独裁者による民衆虐殺の報道に、胸がふさがる。

 菅政権が立ち上げた首相諮問機関「復興構想会議」は、建築家安藤忠雄を議長代理の一人にしたり、梅原 猛、玄侑宗久、内館牧子など親しみを感じる顔ぶれがまじるが、

官僚出身者がいないので、青写真の実行段階で中央省庁がどう出るかなどで、はやくも

場外では百家争鳴の態だ。安藤さんの阪神淡路大震災後の地道な活動に好感をもつ者として、リーマンショック後の経済復興構想と合わせた実効性のある提案を期待したい。



添付画像




 

2011/04/19 09:45 2011/04/19 09:45

「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―9)                   
                                                         
2011年4月X日(X)

 

 東日本大地震を機に「残日録」を書き始めて、ほんとうによかったと思う。

T新聞社のご好意で、「松本文郎のブログ」の新設カテゴリーとして連載されることになったが、ブログに長期連載中の『アラブと私』とうまく連携して書けそうだ。

あの震度6弱の最初の揺れを感じたのは、この“創作ノンフィクション”の原稿執筆中の書斎だが、これをを書くきっかけは、同じ住宅地に住む日本ジャーナリスト会議(JCJ)会員のYさんだった。月刊「JCJ広告支部ニュース」の編集委員で、「電通」の元労組委員長の彼とは、見明川住宅管理組合の長期修繕計画委員会で出会った。

いずれはと考えていた、一九七○年からの四年間、家族ぐるみで在住したアラブへの想いを書きとめる絶好のチャンスを与えられたのである。あれからもう三年経った。

思い起こせば、二○○八年三月十九日の朝日新聞「天声人語」で揶揄された引退目前の元ブッシュ大統領の替え歌「思い出のグリーングラス」の引用が、書き出しだった。 ♪古いホワイトハウスを出て、気ままな暮らしに戻る。平壌の心配をしなくていい、

もうすぐ、わが家の芝に帰る・・・と記者団との夕食会で調子はずれに唄ったそうだ。

大量破壊兵器を言いがかりにした、あの意図的で無謀なイラク侵攻から五年になろうとしていた。侵攻の理由が事実無根とはっきりした今だが、国内外に四百万人もの難民が生じたイラクにとって、この戦争はいったい何だったのか。

『アラブと私』の執筆の動機は、個人的体験の記録だけではなく、911が発端とされたアフガン・イラク戦争が世界平和を脅かしている危惧からだった。「イラク三千キロの旅」を序章とする本論は、この旅の後で三年過ごしたクウエートの仕事と生活を通じて経験したアラブと、今日の激動のアラブを往来しながら、西洋近代の基盤のキリスト教文明と人類社会の未来を左右するイスラム教文明との共存・融和を希求するものにしたいと考えている。

 大地震発生時に書いていた『アラブと私』では、イード(断食月)の休暇に、イラク人土木技術者ユーセフとバスラ・バグダッド・モースルを往復した「イラク三千キロの旅」のバグダッドで、とあるホームパーティに招かれている記述に、チュニジア政変に触発された“中東市民革命”の連鎖のうねりと、五十年前のイラク軍事革命のかかわりを道草的に書き加えていたところだった。

 エジプトとリビアの長期独裁政権を支配した元軍人二人のうち、エジプトのムバラク元大統領はギブアップしたが、リビアのカダフィ大佐はしぶとく抗戦しているところに未曾有の大地震が起こり、それまでの連日、NHK「おはよう世界」で報じられていた“中東市民革命”の推移が、福島第一原発事故の非常事態経過に取って代わったのだ。

 四十年前のバグダッド訪問の場面の途中で、現在のアラブ諸国に沸き起こった革命の様子を『アラブと私』に書くのは文脈的に限度があり、さらに、東日本大地震の状況の

記述を挿入するのはかなりムリなこと。かねてから温めていた『文ちゃんの浦安残日録』に着手するときが来たのだ。

 これからの『アラブと私』は、「イラク三千キロの旅」を順調に進めて序章を終え、

早く本論執筆の日を迎えたいと願う。激動のアラブと混迷の福島原発事故処理の状況は、当面、『文ちゃんの浦安残日録』で交互に取り上げることとしたい。




添付画像
ジャスミンの花


2011/04/13 10:29 2011/04/13 10:29


「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ- 3)  
                
 

                                                                                                                 2011
32X(X)

 

居住区域には排水規制の不自由があるが、日常生活は、徐々に平常に向かっている。

喜寿残日に、音楽(唄い)/絵画(描き)/文芸(詩文を書く)を楽しんでいる私の予定表は、さまざまな変更を余儀なくされた。

<音楽>では、練習会場の公民館が避難場所に、第10回「浦安男声合唱団定期演奏会」(四月半ば)を開催する市文化会館が防災本部の拠点になったりで、演奏会どころか、これから毎週の練習さえ目途が立たない。今年中の開催は難しいと思われる。昨年暮れの第11回「IKSPIARI第九」がきっかけの「合唱団 LICHIT」の結団式と初回の練習会場も閉鎖され、五月まではムリのようだ。

鑑賞を楽しみにしていたコンサートでは、敬愛する山陽地方出身のソプラノ歌手・

横山恵子さんがプリマの『アイーダ』と、「浦男」常任指揮者の仁階堂 孝先生指揮の

「アンサンブルSZIA 15周年記念コンサート」の中止連絡があった。残念だろうが、被災地の惨状と不自由な避難生活に想いを馳せた苦渋の決断であろう。

 ボランティア仲間と月に一回出前する、高洲地区の特別養護老人ホーム・愛光園への三月十七日の訪問コンサートも、停電と施設の一部損壊で仮移住の破目となって中止。最高百歳の高齢入居者の不安な気持ちとヘルパーさんたちのご苦労を想い、みなさんが好きな懐かしい歌を一緒に唄い、リクエスト曲を聴いてくださる日が、一日も早く来るようにと祈る。

<絵画>では、「日比谷彩友会展」の作品講評と春秋の絵画研究会の講師をお願いしている白日会副会長の深澤孝哉先生に、「白日会展」(新国立美術館・三月十八日)をご案内いただく予定だった。余震を危ぶみ中止に踏み切ったが、案の定、当日は休館となる。

代替に二十日の案内を受けたが、連載『アラブと私』の原稿締切日で参加できなかった。

 また、NHK「新日曜美術館」で中川一政展(日本橋高島屋・最終日三月二十一日)見て出掛けたくなったが、編集長に送信した原稿の訂正が生じて断念する。

 うれしい出会いもあった。銀座教会ギャラリーで一見した個展がすばらしくて記帳してから五年ぶりに、「野島朱美透明水彩展」の案内状が届き、池袋の小さなギャラリーへ最終日の午後、出向いた。国内外の風景が多い水彩作品の数々を久しぶりに拝見すると、四季折々の色彩のみならず空気までも見事に捉えた透明感溢れる画面に感銘した。

 自己紹介のよすがに持参した『文ちゃんの旅と暮らしの絵・ポストカード集』を見てもらい親しくお話しすると、自然の感じ方や描くときの心得えなどが驚くほど似ていて意気投合した。うれしい出会いを互いに歓び合った、大震災後初の至福の時間だった。

<文芸>では、地震勃発で執筆が遅れた今回の『アラブと私』は締切りに間に合った。

 前々回は、約五十年前のイラク軍事革命と共和国成立の執筆中チュニジア政変が勃発。前回、それに触発されて中東・北アフリカ諸国に波及しはじめた反体制勢力の市民民主革命をめざす巨きなうねりを書き、今回は、さらに道草的な記述をつづけている最中の東北関東大地震だった。40年前の体験に基づく創作ノンフィクションだが、歴史的ともいえる事件や災害をリアルタイムで記述しておきたい衝動は、抑えきれないものだ。

 ふと思い立ち、この『文ちゃんの浦安残日録』を書き始めた。高校時代に文芸部や

新聞部を創設したときの“初心”が、喜寿老人に蘇ってきたのかもしれない。



 

添付画像

泥に沈んで傾いてしまった浦安市富岡交番






2011/03/30 14:14 2011/03/30 14:14