「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―18)               

                                                                                                                       2011
523()

 

早大卒建築家・絵画グループの春季「彩寿会展」・パーティに招かれ、楽しいひとときを過ごした。NTT建築部門OB仲間の一人倉橋潤吉さんの、いつものご好意のお陰だ。秋季の展覧会は、三田にある建築学会・建築会館ギャラリーだが、春は、銀座が会場。

添付画像
 多士済々の絵が架けられた会場中央の卓上に、ご馳走やワインの瓶がズラリと並ぶ。「彩寿会展」のパーティーの魅力の一つは、愛知万博のプロデューサー原田鎮郎さんが呼ばれる音楽家の演奏。いままでに、ピアノ・二胡・ギターなどの演奏をほろ酔い気分になってから聴かせてもらったが、今回は、オカリナの富蔵さん。原田さんが、万博で名古屋市に滞在中にみつけられた料理店のオーナーだったと紹介された。
 二回のステージの演奏はこころに沁みる音色がすばらしく、楽器の半ばは自作と聞く。

 東日本大震災犠牲者の冥福を祈る黙祷で始まったパーティに相応しくて、私の好きな 曲でもある[What A Wonderful World] の演奏の末尾に『ふるさと』が挿入されていたので、そのわけを伺うと、3年ばかり前のパーティーでギターを弾かれて間もなく故人となられた方(仙台在住だった)の編曲で、ご冥福を祈って選ばれた由。すばらしい。

 愛知高原の酪農家での住み込み経験をもつ富蔵さんは、自然に学ぶことを身につけて、山歩きや自然写真を始め、写真エッセイ集『Seed』を出版(1991)。オカリナの演奏家活動を1993年に開始して、初のCD『轟』を発売したのが1999年という。

 料理店オーナーからの見事な転進ぶりにいたく共感したので、ご持参のCD『富蔵』を求めて、サインをもらう。これをご縁に、お互いのメッセージを交歓し合いたいと、唄い・描き・詩文を書く活動を列記した手作り名刺を渡した。

 会
場で、日本建築学会男声合唱団の創立20周年記念演奏会で一緒に唄ったテノールの田嶋さんと5年ぶりに再会。来春の25周年記念演奏会に向けて、彩寿会メンバーの田畠さんとも唄っているから参加しませんかと誘ったが、どうやらコーラスは“ご卒業”の様子。各人の残日は、それぞれの気の向くままにが一番よかろうと思う。

 絵画展といえば、われらがNTT建築技術者OBの「みなづき会展」も来週だ。昨年同様、「松本文郎のブログ」への掲載をT新聞社のM女史にお願いしたばかりだ。

 今年の出品作品は、『被災地浦安の春』と題し、3・11の約一ヶ月後“花まつりの日”から3日間、「ふれあいの森公園」に通って描き上げた。

大地震のせいか、東京湾からの稚鮎の遡上が例年より早まった見明川沿いの桜並木は満開で、その背後に見える家並みのなかには、液状化で傾いたままの家も見えている。

芽吹きはじめた大芝生には枯芝が混じり、周囲には、芽吹きの兆しが現れたばかりの裸木もあるが、風薫る五月になれば、芝も木立も新緑に染め上げられ、ライフラインの寸断で不自由な暮らしを余儀なくされた公園周辺住民の憩いの場所になるだろう。

20余年来の日本語教師を辞したお千代は、「ふれあいの森公園を育む会」のメンバー

になったばかり。開園して数年の「花いっぱいクラブ」のベテラン女性から教えてもらいながら、苗の育成・雑草取り・花植えの土仕事にいそいそと出向いている。

 未曾有の大震災をたらした自然はいま、季節の花々と風に光る新緑で、傷つき疲れた私たちのこころを癒してくれている。

 自然の一部である人間は、もっと謙虚に生きなければと想う。



添付画像


2011/05/26 12:06 2011/05/26 12:06


「文ちゃんの浦安残日録」 (Ⅰ―7)                  

                                                        
2011年4月1日(金)

 

エイプリルフールの今日、ボランティア「歌の花束」の四月訪問コンサートが開けるとのうれしい知らせがあった。特別養護老人ホーム「愛光園」の建物が震災に遭って、高齢居住者の皆さんが避難生活を余儀なくされて三月は中止、四月の目途もたたないでいたところへの朗報だった。

 百一歳の義母が入居されているS女史主宰の「歌の花束」は3年目で、ピアニストのEさんと男女数名のヴォーカルが、入居者に懐かしい歌の数々を十曲ほど唱和する。

毎回の訪問を待ち遠く想ってくださる高齢の皆さんが、大きな声を張り上げて唄われる笑顔に、歌を“出前する”私たちもうれしくなる。

 プログラムには二、三のリクエスト・ソロの歌もあり、今回は『帰れソレントへ』を唄わせていただく私は、知人女性からパヴァロッティの『Best of  Italian  Songs 』のCDを借りて猛練習中。本番までに一度、ピアノ教室を開いているEさん宅で伴奏してもらう予定だ。喜寿老人はパヴァロッティならぬ“ばばっち爺”だが、昨秋、『恋人よ』をリクエストしてくださった八十三歳の可愛らしい女性を泣かせればいいのだが・・・。

 S女史からは、さらにうれしいメールがきた。

 初めて聞く話で、「歌の花束」の名称が昭和十二年の国民歌謡『春の唄』の歌詞一番の出だし“ラララ赤い花束車に積んで・・・”に由来するという。この歌は、五十数年後の阪神淡路大震災の被災者への励ましとなり、震災から二年経って、作詞者喜志邦三の歌碑が詩人所縁の地西宮に建立されたそうだ。

 さらに、愛光園復興を励ます歌として四月の曲目に入れたいので、追加の五番の詞を書くようにとのこと。私の詩に曲がつけられた歌は、NTT社歌『日々新しく』や浦安市合唱連盟の創立二十周年記念歌『みんなの歌』、邦楽山田流歌曲(合唱付)『早春浅間山』等数曲あるが、うれしいリクエストなので、“歌の花束”“愛”“光”“園”などの言葉を入れた詞を即興で書き、返信メールで届けた。

 歌が、聴く人・唄う人の双方に力を与え、いのちを掻き立てるとは、古今東西に遍く

認められてき、近頃、私と同じ食道がん手術を受けて再生した小澤征爾さんや桑田佳祐さんも、人生の大きな節目に立って、歌がもつ力の偉大さ、不思議さを改めて深く感じたと述懐しいる。

 愛光園を訪問するグループに邦楽仲間の「江戸の華」がある。昨年秋、数団体が参加した懇親会で、邦楽に傾倒されているYさんとのうれしい出会で、二十年ほど親しみ、十年ばかり遠ざかっていた長唄への想いが一気に蘇った。

 Yさんは、若宮流端歌・小唄の師範名取で、長唄も大好きと仰る。メールを交換するうちに、「江戸の華」の訪問の折にご一緒しませんかとお誘いをいただいた。年金暮らしを機に吉住小桃次師匠にお暇を告げた後、うたう機会はないものと断念していた私は、“ヤッター”と、パソコンに向かって叫んだ。

“渡りに舟”と、『都鳥』『安宅の松』の音源と本のコピーを戴いて、久しぶりに自習を始めたばかりだ。Yさんは、北千住の富本節師匠のお宅で大地震の激しい揺れに遭われたが、師匠のご家族の心遣いで無事に帰宅した由。自宅は門扉が傾いただけで済んだ。11日に初めてお宅を訪ねて三味線と合せる。どんな出来になるか、今からドキドキ。



添付画像



2011/04/08 13:34 2011/04/08 13:34

  チリ大地震の津波警報発令で、愛犬トビーと散歩に行った高洲海浜公園の遊歩道に入れてもらえず、過剰な警備のように感じましたが、安全への行政措置と受けとめました。

東京湾最奥の“海辺の街”浦安で、津波騒ぎの余波を実感した一日でした。

さて、昨日は雛祭りでしたが、毎春の「浦安市合唱祭」も間もなくです。

 第23回の出演合唱団は15団体。3月7日(日)1時半開場・2時開演、浦安市文化会館大ホールで開催されます。

各団体の演奏の前に、全員で『みんなの歌』浦安市合唱連盟20周年記念歌

を唄いますが、公募された歌詞に拙詩が選ばれて、鈴木憲夫先生に作曲が委嘱された歌です。2008年春の合唱祭で初演されました。

同年開催の合唱団「洋(うみ)」、浦安男声合唱団の定期公演でも唄ったので、お聴きになった方々もあるでしょう。(歌詞:別紙)

 今春の合唱祭では、浦安男声合唱団の出番はトリ(最後の出場)ですから、4時半過ぎの出演になります。貴重な日曜日とは存じますが、ご来聴くださいますよう、ご案内させていただきます。

二つの演奏曲目について、簡単にご紹介をします。

<この星に生まれて> 作詞: 瀬戸内寂聴 作曲: 千原英喜

 この歌は合唱組曲『ある真夜中に』の第2曲で、「寂聴流・愛の四つの階梯」の第二・愛する幸せと感謝の詩が唄われます。

 第1曲<愛から悩みが生まれ>-迷いと苦悩、第3曲<寂聴の祈り>-祈り

第4曲<ある真夜中に>-時空を超えた愛、と今回唄う第2曲からなる合唱曲です。

 作曲者の千原英喜は、日本音楽コンクール、笹川賞、イタリア・トリエステ市賞、ドレスデン・ウェーバー作曲賞、グイード・ダレッツオ作曲コンコルソ等に入賞し、日本・東洋の民俗・宗教性と西洋音楽(特にキリスト教の聖歌)を結びつけた合唱曲作品が特徴的とされています。

 コーラスとピアノが緊密に絡み合いながら進行するこの曲を、音楽表現豊かに、愛のコンチェルト・祈りの賛歌として唄いあげるようにと作曲者自身が楽譜の“はじめに”に書いています。

 2011年春の第10回定期演奏会では、この組曲の全4曲を唄いますので、

詩と曲のダイナミックな構成の魅力を、より感じていただけるかと存じます。

指揮者仁階堂孝先生は、平均年齢が60歳近い男らにしか出せない叙情性を、会場いっぱいに届けるように、と指導してこられました。

「(ご来場の)あなたに出逢えてよかった・・・」との想いを籠めて唄います。

 MUZU MUZOS BUS DZIESMA VALTERS  KAMINSKIS

   いつだって 歌がある)             口語訳詩: 松本文郎(英訳文より)

 この歌はラトビア(バルト三国の一つ)語が原詩で、この地方の民謡を採譜して曲作りされたそうです。

 縁がなかった国と言葉ですが、北欧の人たちが待っていた春の光の耀きを、

歌の祭典の情景のなかで、明るく、楽しく詠いあげている詩です。

 仁階堂先生は、ラトビアの隣国エストニアの合唱コンペティション2003の室内合唱部門第一位を受賞したり、レクチャーに招聘されたグァテマラ共和国のビクトリア合唱団の来日公演を成功させたりで、国際的にも活躍されている

気鋭の合唱指揮者です。

歌のタイトル「いつだって歌がある」の“ムジュ、ムジョス”は、“永遠に”の意で、真っ白い靴下の乙女にムズムズしている若者の感じがよく出ています。

 かなり年配の私たちオジサンにうまく唄えるかどうか? ご期待ください。

 敬愛するわれらがマドンナ若山圭以子先生は、浦安きってのピアノ伴奏者なので、無伴奏のこの曲をご一緒できなくて、残念至極です。

 なお、前にもイギリス古歌の文語訳に関わりましたが、今回は口語訳(別紙)を試みました。目を通されて、歌詞の内容を感じとってくだされば幸せです。

 

 ところで、今年は喜寿を迎えます。食道がんで再びのいのちを得た喜びで、

少年時代に好きだった音楽(唄う)絵画(描く)文芸(詩文を書く)を再開し、

いろいろなメッセージを発信しながら、終の棲処の残日を生きています。

 仕事人間の頃は地域の根無し草でしたが、第二の故郷と思えるようになったのは、浦安で出会った方々のお陰です。まさに、「人生は出会いですね。

 中高一貫校で出会った妻のお千代(外国の若者に日本語を教えて20余年)をサポートする私の主夫業も板についてきました。

新春一番の慶事は、バンコクから帰国3年目の孫遥大が中高一貫の志望校に合格したことです。ジジ・ババの私たちのように、伸びのびとした学校生活で、自分らしい生き方で成長をしてくれるのを楽しみにしています。

T新聞社開設の「松本文郎のブログ」の連載『アラブと私』24回目で、エッセイ、画文、コーラス、ポエム、雑記などの連載も充実してきましたので、

ご高覧くだされば幸せに存じます。(検索は、松本文郎の4文字)

 合唱祭当日のお天気が心配な週間予報ですが、春を呼ぶ合唱祭へのご来聴

団員一同、こころからお願い申しあげます。

末筆ながら、ご健勝をお祈りします。

 

 2010年 ひな祭りに               松本文郎 拝  


添付画像



2010/03/03 14:43 2010/03/03 14:43

添付画像
 

添付画像
添付画像
添付画像
添付画像
添付画像
添付画像
添付画像
添付画像
添付画像
添付画像
添付画像
2009/12/30 15:55 2009/12/30 15:55

文ちゃんと第9回浦安男声合唱団定期公演


添付画像
添付画像




2009/10/08 09:43 2009/10/08 09:43