'第九'に該当される記事1件

  1. 2009/12/25 「第九」のLOVE & PEACE


「第九」のLOVE  &  PEACE        

                        松本文郎(建築家)

 
 私は昭和一桁最後の生まれで、75歳の男性(声)です。
 敗戦の前の年までヒロシマに住んでいましたが、学童疎開で原爆を逃れました。
 「第九」の合唱は、16年前のガンの手術で得た新しいいのちの歓びで、「浦安市民第九」と「イクスピアリ第九」に参加し、毎年唄ってきました。
 戦争があい次いだ20世紀を経たいまも、人類社会に戦火が絶えない状況は、ほんとうに残念でなりません。
 ベートーベンの「第九」作曲のきっかけは、争いと憎しみでバラバラになった人類に連帯を呼びかけたシラーの詩に、感動したからと言われています。
 アフガン・イラクでの戦火やCOP15の国際会議の難しさを目の当たりにしている私たちは、全世界に向けて、愛と平和への願いと祈りをこめて、「第九」のLOVE & PEACEを、声高らかに唄いたいと思います。
 平均寿命までの残日が短い私も、いのちの限り歌い続けます

 みなさんもご一緒に、こころと声を合わせてください。
 

         浦安市弁天3-2-43-2在住
         <所属合唱団>
         浦安男声合唱団々員 日本建築学会男声合唱団々友
         合唱団「洋(うみ)」元団員
         <作詞>
         浦安市合唱連盟20周年記念歌
         『みんなの歌』:鈴木憲夫作曲(2006年)
          NTT 社歌『日々新しく』:前田憲男作曲(1960年)ほか





添付画像


 

場所:2F セレブレーション・プラザ
※荒天時は、開催場所および内容が変更、中止となる場合があります
 

カウントダウン「第九」コンサート
毎年好評の「第九」のコンサートを今年も開催!近隣の
市民合唱団と浦安シティオーケストラの皆さまがお届けする、
荘厳なハーモニーをお楽しみください。
 

カウントダウン・ライブ 2010

出演:リチャード・ハートリー、THE SOULMATICS
実力派ゴスペルシンガー、リチャード・ハートリーと、
彼が率いるゴスペル・グループが登場。
新年の幕開けの瞬間を、熱気あふれるライブで盛り上げます。
※写真はイメージです

 
2009/12/25 11:52 2009/12/25 11:52