'能登半島ふたり旅'に該当される記事1件

  1. 2011/08/18 「日比谷彩友会展」開催間際のご案内

  立秋を過ぎても暑い日々がつづいています。お元気でお過ごしのことと拝察します。


 今年もまた、「日比谷彩友会展」開催間際のご案内となりましたが、ご容赦くださり、おついでの折にでもご高覧賜れば幸せに存じます。

なお、猛暑のさなかですので、決してご無理をなさらないようお願いいたします。

               

<ご案内>

 

日 時: 8月23日(火)~28日(日) 11時~18時

                      最終日は15時まで

  場 所: ギャラリーくぼた 4,5階 京橋2-7-11地下鉄京橋駅徒歩3分

                     Tel. 03-3563-0005

 

私の出品作品は下記2点です。

 

『夏の能登金剛』水彩・パステル 30号

 

今月初めの「能登半島ふたり旅」の折のスケッチから構想した作品です。

「巌門」付近を遊覧船で回り、夏の海に似合う力強い景観に魅惑されました。

荒々しい巌塊、樹木と山、美しい海の色のハーモニーを表現したかったの

 ですが、想いばかりが先行した拙い作品です。

  30号の水彩は久しぶりですが、時に、大きな作品にチャレンジするのも、

 絵を描く楽しみの一つと実感しました。

 

 『ミニスケッチ集』水彩・ハガキⅹ11枚(10号パネルにレイアウト)

   

バスツアーだったので、スケッチ時間は一箇所当たり10~15分でした。

   画仙ハガキ18枚綴じのスケッチブックを、3日間で使い切りました。

   限られた時間で対象を紙面に捉える“寸描”のスリルが好きで、ガイドさん

  や旅の道連れの方々が、“早描き”に驚いてくださるのが、また励みになります。

やはり、夢中で描いている至福の時間は、天恵というほかありません。

 

末筆ながら、ご健勝をお祈りいたします。

 

2011.8 吉日                       

                        松本文郎 拝


添付画像




2011/08/18 18:16 2011/08/18 18:16