日本当局としては満州は抗日運動の源流で日本の朝鮮統治を脅かす危険地域だった。日本外務省は満州の韓人たちを監視するため1907年、在間島総領事館の管轄区域を吉林省の延吉、和龍、汪清、琿春の各県と決め、1909年には奉天省の撫松と安圖県を追加した。1925年吉林省の4県には領事館分館4つが設置されたが、撫松と安図県はその一つだった頭道溝分館が担当した。

 東邊道地域へ移住した韓人たちは、いろんな独立団体を組織して満州国境側に拠点を置いて上海臨時政府と連絡し抗日武装闘争を展開した。1920年から1926年頃までは民族主義系列団体の武装闘争が絶頂になる。彼らは日本の国境警備を潜り抜けて国内進攻作戦を開始して日帝の統治施設である警察署(あるいは交番)と村役場などを奇襲し、日本に忠誠した親日の金持ちたちを処断し、臨時政府や独立軍組織のため募金活動を行ったりした。

 洪範図司令官が指揮した独立軍は1919年8月、恵山鎮に進攻して日本軍守備隊を攻撃し、9月には咸鏡南道甲山郡の金井駐在所と日本官公署を襲撃した。10月には平安北道満浦鎮へ進入して日本軍と交戦して日本軍約70人を殺傷して国内進攻作戦で最大の戦果を記録した。

 独立軍が国境地域で展開した作戦の数を見ると1920年1,651件、1921年602件、1922年397件、1923年454件の戦闘を記録し、この戦闘に動員された独立軍は1920年4,643人、1921年3,148人、1922年2,127人、1923年2,797人で手ごわい勢力を形成していた。

 当時、国境地域で抗日独立軍の闘争を取り締まった日本警察の資料は“この頃、夜間に動き回る者は、警察と不逞輩と言われるほど物情騷然とした世の中だった”と記録している。日本側は、抗日武装部隊の有力な通過点でありながらも警備がずさんなところとして長白、臨江、集安の3県を挙げた。

 満州地域の韓人社会の独立意識が強化されるや朝鮮総督府警務局は、保民會と朝鮮人民会という韓人たちで構成された密偵ネットワークを組織した。彼らは日本官憲の力が及ばない地域の韓人社会の動向把握と独立運動家たちを弾圧する任務を遂行した。保民会の主要役員と幹部陣は全員が親日団体である一進会の幹部出身だった。

 延吉県と安図県の境界は白頭山から北へ伸びた老齢山脈(現在の英額嶺山脈)だが、頭道溝から西へ伸びたたった一つしかない道はこの山脈の窩集嶺という峠を越えて安圖に入る。撫松県は安圖県の西にある。撫松県は白頭山の北側裾である安圖県とともに中国での文化が最も遅れた地域で、交通が不便なところだ。さらに、一度も斧を入れたことがないと言われる原始の密林地帯がパノラマのように展開し、松花江とその支流の沿岸に若干の平野がある奥地だった。

 『滿蒙都邑全誌』には撫松県の人口が2,800人、安圖県は2,200人で、そのうちの韓人は撫松が30-40人、安圖が30人前後と記録されている。ここがわれわれが追跡する主人公の金聖柱(つまり金日成)のパルチザン活動の主な舞台になるところだ。

 満州の韓人社会に理念の竜巻が吹き荒らされ始まったのは1923年だ。この年にコミンテルン(国際共産党)傘下の組織であるコルビューロ(高麗局)内の韓人組織から派遣された朴允瑞と朱青松が延吉県にある東興中学校を中心として‘高麗共産青年同盟’の支部を組織しながら満州の韓人社会で共産主義運動の始動がかかった。

 1926年5月には、国内の朝鮮共産党の満州組織である‘朝鮮共産党満州総局’が北満州の寧古塔で発足した。朝鮮共産党満州総局と高麗共産青年会満州総局は東、南、北満州に区域局を設置して大衆運動を展開した。1927年、延辺地区の韓人たちは龍井と頭道溝一帯で5月1日メーデー(労働節)記念行進をし、10月2日には龍井で数百人の労働者と韓人たちがソウルで行われていた朝鮮共産党公判の公開を要求しながら示威をした。日本の警察は東満区域局の根拠地を襲撃した関係者29人を逮捕、ソウルへ押送して裁判にかけた。これが第1次間島共産党事件だ。

 中国共産党はこの事件より遅れて1927年10月、奉天に中国共産党満州省委員会を設立し、続いて中国共産党東邊道特別委員会、中国共産党の龍井村支部などを組織した。しかし、満州共産主義運動の中核は韓人たちだった。まさに満州に韓人たちを中心として赤い思潮が急流になって押し寄せていた。

 金聖柱の家系

 北韓指導者・金日成の本名は金聖柱で、中国ではジンジチェン、ソ連軍では‘タワリシチ(同志)キムイルセン’と呼ばれ、1945年9月18日、ソ連軍艦に乗って元山に到着した後は‘キム・ヨンファン’という仮名でしばらく活動した。彼は子供のとき親の背中に背負われて中国へ移住したため、韓国語より中国語がもっと堪能で満州の原野とソ連を転々した後、解放されてソ連軍大尉として故郷に帰還した。

 1945年以後、北韓では当局の主幹で金日成の公式伝記が何回も出版された。金日成に関する主要伝記および経歴に関連する出版物は以下の通りだ。

①朝鮮労働党中央委員会宣伝扇動部編『金日成将軍の略伝』、平壌、1952

②韓雪野、『金日成将軍』、平壌、1946

③白峯、『民族の太陽、金日成将軍』、平壌、1968

④李羅英、『朝鮮民族解放闘争史』、平壌、1958

⑤科学院歴史研究所、『朝鮮通史』(全3巻)、平壌、1958

⑥ソクダン、『金日成将軍闘争史』、ソウル、前進社、1946

⑦北朝鮮芸術連盟、『我々の太陽 - 解放1周年記念金日成将軍の賞賛特集』、平壌、1946

添付画像

 これらの伝記および各種資料と関係者の証言をもとに金聖柱の子供時代を追跡してみる。金聖柱は1912年4月15日、平安南道大同郡古平面南里(現在の万景台)で、金亨稷と康盤石の間で生まれた。その年は、日本が朝鮮を併合して2年目の年で、第1次世界大戦が勃発する2年前だった。金聖柱が生まれる1年前の1911年、中国で孫文が率いる民族主義者たちによって、ヌルハチが建てて中国大陸を支配した清朝が打倒された。

 彼は聖柱、哲柱、英柱の三兄弟の長男だった。幼い頃を万景台で過ごしたが、万景台は彼の母の康盤石の実家があるところだ。北韓の最高人民会議常任委員会の副委員長、朝鮮民主党党首、キリスト教連盟の委員長を務めた康良煜は金日成の母親系の祖父の従兄弟だ。(つづく)

2016/11/10 19:05 2016/11/10 19:05
この記事にはトラックバックの転送ができません。
YOUR COMMENT IS THE CRITICAL SUCCESS FACTOR FOR THE QUALITY OF BLOG POST